機材

台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

台湾二日目。中山のホテルから台北駅に向かう。


さてここから台北捷運(MRT、地下鉄)に乗って三峡(サンシア)に向かう。
清朝末期より淡水河の水運を利用した物質の集散地として栄、日本統治時代に立てられたレンガ造りの老街が残っているという。


いきなり小ネタだけれど、板橋の次が府中、という台北鉄板ネタ。

やって来ました三峡。


これは駅から老街に向かう途中にある市場?のエリアなのだけれど、正直ここのごちゃごちゃした感じの方が面白かった。


さて老街なのだけれど、たしかに煉瓦建築が美しいものの、完全に観光化されている。例によって人多すぎ。


ご当地グルメの金牛角。堅焼きクロワッサンのようなコーンにソフトクリームが乗っているもので、牛の角に似ていることからこの名前があるらしい。確かにコーン部分は美味しかったけれど、まぁ要するにソフトクリームであって、何という程のものではない。観光地グルメ。


三峡祖師廟。


豚?がトラックに乗せられてやってくる。無残なお姿。


どこかに子猫がいます。探してみよう。


長福橋。


ここからバス停に向かう。普通の町並みだけれど、とにかく猛烈に暑くてキツい。





バスで移動して鶯歌(インゴー)へ。
清代から陶磁器産業で栄え、多くの窯元が集まる台湾最大の陶器の街。
鴬歌老街(陶瓷老街、タオツーラオジエ)というエリアでは遊歩道が整備されている。


ここは車が入ってこないので歩きやすいのだけれど、良くも悪くも観光化されていてテーマパークのようである。そしてとにかく暑い。歩きたくない……。
陶瓷老街内の食堂でご飯を食べるも、正直おいしくなかった。ごめんなさい。

ここから台北市内に戻り、観光名所の龍山寺(ロンシャンスー)へ。
1738年創建。台湾で最も有名な寺院の一つで、「パワースポット」として日本に紹介されたりしていた。

でもその手前の艋舺公園の方がある意味パワーがある。おっちゃんが台湾将棋?を指していて、浅草感というか、下町っぽさが凄い。




さていよいよ龍山寺。例によって人、人、人。




お腹の中にもう一人入っている人。

観光名所そのものより、その周りにいる人を眺めている方が面白い。
そういえば台湾は飲食店の禁煙がなかなか厳しく、滞在中入ったレストランは総べて全面禁煙だった。飲み屋さんだとこの限りではない。
一方、路上喫煙はかなりフリーダムで、その辺で吸っている人が沢山いる。

台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

写真ブログ 東京風景写真

台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

台湾初日後半、金瓜石鉱山からバスで九份へ。ノスタルジックな風景で知られる観光名所である。

かつては金山町として栄えるも、金鉱脈が尽きると急速に寂れる。ところが台湾映画「非情城市」のロケ地となったことから一気に観光名所に。
バス通りから飲食店などが並ぶ路地(基山街、ジーシャンジエ)に入ると、もう物凄い人、人、人。そしてこの路地がどこまでもどこまでも続いている。スケールが尋常ではない。
山の斜面に町があって、うねうねする車の道と人の歩く階段、という意味では伊香保温泉にも構造が似ているけれど、活気が全く違う。比較にならない。





そして『千と千尋の神隠し』の湯屋?のモデルになったとも言われる茶店に(公式では否定されているらしい)。



ここ、一応名所ということで入ったものの、お茶セットだけで物凄いボッタクリ価格だった。さすが観光地。


1927年に台湾北部で初めてオープンした映画館、昇平新楽園(ションピンシンルーユエン)。1986年閉館。




とにかく人いきれに参ってしまうけれど、遠くに臨む海は素晴らしい。



ホース。


大衆食堂で魚のすり身のスープと味噌の麺を食べる。正直、まずかった。ごめんなさい。

メインの路地、バス通り以外にもうねうね道があり、そこは人も少なくて時々かわいいカフェもあって雰囲気が良い。ただ全体として、とにかく人多すぎで疲れる。



バス停と犬。

ここでバスに乗って基隆(キールン、ジーロン)へ。台湾北東部に市する港町で、17世紀にスペイン人が上陸して城を築いたという。現在は台湾を代表する国際貿易港。


いきなりびっくりするくらい巨大な客船が停泊していて「おおおおっ!」と声をあげてしまう。写真だとピンと来ないかもしれないけれど、ビル五階分以上、下手すると十階分くらいあり、間近で見ると度肝を抜かれる。


この港に面したウッドデッキが正に「憩いの場所」という感じで、夕暮れ時の雰囲気が大変良かった。演歌をサックスで吹いているお兄さんなんかがいて、なかなか沁みる風景だ。



日も暮れてから基隆廟口夜市(ジーロンミアオコウイエシー)へ。台湾随一の美食夜市とのこと。ここもまた人、人、人で活気がありすぎる。






以上で台湾初日終了。とにかくどこに行ってもパワーに溢れていて、良くも悪くも人多すぎ。どこぞの寂れた日本の地方観光地とはエライ違いである。
もう少しひなびたところに行きたいなぁ、とも思った。

この日はガイドブックを頼りにホテル近くのレストランへ。ガイドブック頼みなのだから当然だけれど、めちゃくちゃ日本受けなお店でしかも10時閉店でギリギリだった。なんとなく雰囲気が気に食わずにプリプリしていたけれど、後から考えるとこのお店が一番美味しかった(日本人向けアレンジなのかもしれないけれど)。
その後で沖縄を意識したカフェバー的なところに行くも、内容が内容なのだから当然ながら現地日本人向け的な飲み屋さんで、すぐに退散した。

台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

写真ブログ 東京風景写真

台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

台湾に初めて行ってきた。
機内泊含む「三泊五日」の旅程だけれど、極力旅費を削った結果、深夜着の深夜発となり、実質三日。これが色々大変だった。
まず、桃園国際空港から台北市内へは台北捷運(MRT)で行けるのだけれど、深夜着の便だった為これが使えず、バス待ちの長蛇の列に並んだ挙句、結局タクシーに。市内まで五千円くらいかかり、時間労力のロスを考えるともうちょっとマシな便にすべきだったかもしれない。深夜のせいか入国審査もやたら時間がかかり、1時間くらいかかった。
その為、ほとんど徹夜状態で初日の観光をスタート。

中山地区にとったホテル周辺から台北駅に向けて歩く。周辺は飲食店やマッサージ店の多い繁華街。


雰囲気としては、ちょっと前の日本と沖縄を足してニで割ったような感じ。先進国なので交通も便利で何も不安なく、しかも結構日本語が通じて、看板も漢字なので割合直観的にわかる。非常に楽ちんなのだけれど、犬が全然つながれていなかったり、おっちゃんがその辺でグダグダしていたり、程よい緩さがある。



レンジャーの人?が壁で訓練していた。これ、専用の施設ではなく普通のビルだと思うのだけど、こういうくらいの緩さが丁度良い。


というわけで台北駅から台鉄(TRA)に乗って瑞芳(ルイフォン)駅へ。
ちなみに台湾の地名は漢字音読みと比較的音に忠実なものと二通り読めてしまうけれど、音読みは勿論、カタカナ読みでも大概通じないので、漢字文化圏の伝統に則って日本語式音読みで良いのではないかと思う。けれどもその日本語式の読みも思いつかない無教養なワタクシたち、瑞芳のことは最後まで覚えられず「あの、瑞穂みたいなヤツ」と呼んでいた。




ごちゃごちゃとした町並みを抜けてバスターミナルへ。ここで金瓜石行きのバスに。
金瓜石はジングアーシーみたいな音らしいけれど、当然わたしたちにはわからず、日本語音読みでは「きんかせき」。しかしそもそもずっと瓜を爪だと思っていて「きんつめいし」と、もうさっぱり意味のわからない読み方をしていた。台湾の人、ごめんなさい。きんつめいし。

さて、バスにごとごと揺られていくと、金瓜石黄金博物館のところで何故かマイクロバスに乗り換えさせられる。よく飲み込めないまま言われるがままに乗っていくと、めちゃくちゃカッコイイ廃墟の横を通り過ぎる。「うおおおおっ!」と窓にかじりついている間に、バスは山を下って海の前まで来た。そこが終点で折り返すらしいけれど、わたしたちとしては廃墟が見たい。そこで運転手さんに「あの山の上まで行く方法はないのか」と英語日本語混ぜて尋ねると、どうせ帰り道なのでそのまま乗せていってやる、という。素晴らしい。中華民国万歳!
そしてめでたく一番山の上の「天空之城 十三層遺址」辺りまで戻り、そこから海までぐねぐねと歩いて下りてくることができた。

金瓜石鉱山はかつて東北アジア随一と言われた金鉱山。1890年(明治23年)に発見され、1895年(明治28年)からの日本統治時代に開発が進められた。金瓜石の住民は最盛期の1930年代半ばには15,000人にまでなり、1936年の採掘量は金5t、銀15t、銅11,000t。 1938年(昭和13年)頃の産金量は7万両を突破し、1939年の従業員数は9,448人(日本人747人、台湾人6298人、大陸の温州、福州などから来た出稼ぎ労働者2443人)に膨れ上がった。太平洋戦争も末期に近付くと業績も下降、1943年(昭和18年)に金の生産が中止、翌1944年には銅の生産も中止となり、やがて終戦を迎えると鉱山は一時閉山となった。終戦後、中華民国統治下で一時的に活気を取り戻すが、鉱脈は次第に尽き、1985年に廃鉱となった。(Wikipedia要約)

ここから下に見えるのは十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)







途中、聞きなれない野鳥の声が気になっていたのだけれど、多少なりとも写真に収められたのはこれだけ。どうもシロガシラのようだ。ヒヨドリの仲間だけれどもっと複雑な囀りをして、日本では南西諸島にのみ生息するらしい。確かにギョーギョーと喧しい声ながら、ヒヨドリと違って歌らしい歌になっていた。











ここは黄金瀑布という観光名所になっている。



バス停に猫。





このアングルの写真がよく紹介されているが、壮観である。



これは普通のムクドリだと思うけれど。


この調子で海のところまで戻ってきた。最高である。

ちなみにこの海がなかなか荒々しくてカッコよかった。

それは良いのだけれど、海際まで戻ってきてからの交通手段がよくわからない。金瓜石鉱山博物館の方に向かって見学しても良かったのだけれど、お腹が減っていたのでもう少し何か食べられそうなところに移動しよう、ということで、九份行きのバスに乗ることにした。
これがなかなか来ないため、炎天下で随分待った。
駐車場をウロウロしている三本足の野良犬がいて、わたしたちと犬で日陰を求めてただひたすらボーッとしていた。


台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

写真ブログ 東京風景写真