Tagged: OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

機材

久しぶりに東京港野鳥公園。渡り鳥のシーズンということで。

P5110003

キンクロハジロがまだいる。もう渡るの面倒になったんだろうか。

P5110006

アオサギ。

P5110031

チュウサギだと思う。

P5110007

いつものように、杭にはカワウ。

P5110033

チュウシャクシギとキアシシギ。

P5110067
コチドリ。

P5110070

首が伸びた瞬間。

P5110073

番というか、メスをオスが追いかけていた感じ。

P5110058

チュウシャクシギ。

P5110079

チュウシャクシギ。

P5110095

チュウシャクシギ。

P5110085

カニを捕まえたチュウシャクシギ。

動画も撮ってみた。

P5110096

スズガモが陸にあがっていた。こいつも渡らないのだろうか。

P5110104

亀。

小鳥はシジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、コゲラがいたけれど、姿はほとんど見られなかった。

写真ブログ 東京風景写真

秋ヶ瀬公園に行ってきた。
秋ヶ瀬公園と言っても広大で、前に行ったのとは別のポイント。「野鳥の森」があるのだけれど、他の場所の方が情報が多かったりもする。
kiwi氏が前にヒレンジャクを見た場所に行ったら、ヒレンジャクはいないけれどフクロウがいた。
kiwi氏のCANON PowerShot SX50 HSによる写真。

photo-01

あまりこういう情報は載せない方が良いのかな、と思ったけれど、秋ヶ瀬公園はかなり広大だし、このフクロウについては探鳥地ガイドなどにもピンポイントで情報があるので、書いても大丈夫かと思う。ローカルの鳥おじさんたちが色々気を使っている。
普通、フクロウは昼間は出てこないのだけれど、雛がいるので昼も見張り的に外に出ている、とのことだった。
多分フクロウの赤ちゃんがいるのだと思う。

その他はあまり目ぼしい野鳥がいなくて、シジュウカラくらいだった。以下はわたしがOLYMPUS OM-D E-M10で撮ったもの。

P5050018

カルガモが一羽だけいて、ガァガァ鳴いていた。パートナーとはぐれてしまったのだろうか。

P5050036

オオヨシキリ。付近の農耕地にかなりオオヨシキリがいるのだけれど、姿が見えることはなかなかない。

P5050048

カワラヒワ。

P5050039

カワラヒワ。

写真ブログ 東京風景写真

日光二日目。
日光東照宮裏山の野鳥を見に行った。
東照宮の裏から二荒山神社、滝尾神社、白糸の滝あたりが野鳥スポットらしい。
東照宮は観光客がいっぱいだけれど、裏はあまり人気もなく、とても良い雰囲気だった。
その後、中禅寺湖温泉、華厳の滝付近もぶらついたので、一緒に載せておく。
この日もわたしがOLYMPUS OM-D E-M10、kiwi氏がCANON PowerShot SX50 HSを使用するも、技量的にkiwi氏の写真の方がずっと良いので、最初にそちらを紹介する。ただどちらもトリミングしているものが多い。
鳥の種類は例によっておぼつかないので、間違っていたらゴメンナサイ。

photo-01

東武日光駅前のバス停にあったツバメの巣。まだ作っている途中。

photo-02

ここから東照宮裏山。キバシリ。

photo-03

オオルリ!

photo-04

オオルリのメス? キビタキのメス?

photo-05

キビタキ!

photo-06

コサメビタキ。

photo-07

ヒガラ。

ここからはわたしの写真。

P5020315

お堂のてっぺんにとまるキセキレイ。セキレイの仲間は目立ちたがりやなので助かる。

P5020335

ヤマガラ。

P5020338

ヤマガラ。

P5020354

キセキレイ。

P5020412

ヤマガラ。

P5020467

キセキレイ。

P5020480

キビタキ。

P5020484

キビタキ。

P5020495

キビタキ。

P5020500

キビタキ。

P5020535

コサメビタキ?

P5020553

コサメビタキ?

P5020595

ヒガラ。

他にカワガラスがいるらしく、ローカルの鳥おじさんが写真を見せてくれた。
また、ミソサザイが沢山いて声が聞こえるのだけれど、姿を見られたのは一瞬だけで、写真も撮れなかった。小さくて虫みたいだ。
ミソサザイの歌が聞けたのが一番良かった。いつまででも聞いていたくなる。素晴らしい。
また、華厳の滝にはアマツバメ(たぶん)が大量にいた。

写真ブログ 東京風景写真