Tagged: AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED

機材

大阪・天王寺から通天閣辺りを歩く。ちょっと怖めなエリア。

DSC_0014

ハンガーで出来てる。

DSC_0019

マルヒロ。

DSC_0031

おっちゃん。

DSC_0061

ギター弾きのおっちゃん。

DSC_0105

通天閣。低い。

DSC_0111

うどん・そば。

DSC_0118

おっちゃん。とにかくおっちゃんしかいない

DSC_0121

新世界国際劇場。国際化ってこういうことだと思う。

DSC_0124

国際。

DSC_0126

洋画とポルノ映画をやっている。ポルノ映画館には国際が多いらしい。国際的だなぁ

DSC_0129

見られていっちゃう。

DSC_0143

ソフトクリームを食べる女の子たち。背後ではおっちゃんが地べたで談笑している。

DSC_0144

おっちゃん。手前のおっちゃんは何だか苦渋の表情だけれど、背後で地面に座ってるおっちゃんは異様に陽気で話しかけてきた。

DSC_0178

オマケ。京都タワー。

写真ブログ 東京風景写真

日暮里駅から西の谷中エリア、グルっと回って上野、そこから北上して鶯谷まで散歩。その前半戦。
谷中は谷中銀座が有名だが、谷中霊園を突っ切って行くこのルートも非常に良かった。やや観光地化しているけれど、少し外れれば人が多すぎるというほどでもなく、雰囲気として川越のような感じがある。

DSC_0004

普通の家に変な像がある。腕のポージングがイイ。

DSC_0010

スズメたちと戯れるワンカップのおっちゃん。

DSC_0018

このタヌキも一般家庭にあった。目が虚ろ。

DSC_0046

路地の向こうに巨大なヒマラヤ杉が見える。これが今回の目標点の一つだった。場所はここ

DSC_0051

「みかどパン」という昭和レトロなパン屋さんにあるヒマラヤ杉。三叉路にあるので「みかどパン」らしい。戦前から残っている木だという。実に立派。

DSC_0060

坂道。

DSC_0078

消えかけた文字。

DSC_0080

マルミ自動車。

猫アニメ

角を曲がる猫。

写真ブログ 東京風景写真

浦和くらしの博物館民家園に行ってきた。

DSC_0008

浦和駅からバスで30分くらい。
ここを訪れたのは、伝統的な民家に興味があるからではなく、野鳥がいそうだったから。早朝に野鳥の観察会などが行われているらしい。
でもわたしの行ったのは昼ごろで、期待していたほど野鳥もいなかった。

DSC_0005

カルガモやツグミはいる。その他は目立った野鳥は見つけられなかったけれど、見る人が見れば、この近くには多分色々いるんだと思う。
この辺りはクリーンセンターや大きな調整池がある。要するに都市のマージナルな地域で、元々沼みたいなところだったのだと思う。だから鳥も多い。

DSC_0011

ついでに以前にも行った大崎公園こども動物園に寄ってきた。浦和くらしの博物館民家園から歩いて行ける距離だ。

DSC_0017

この大崎公園こども動物園は、色々な水鳥が伸び伸びと暮らしていてとてもオススメなのだけれど、アクセスが悪い。浦和からのバスも一時間に3本くらいで、首都圏としては不便だ。来場者のほとんどは近郊から車で来ている家族連れ。バスで来るような物好きはわたしたちくらいだ。

DSC_0023

大崎公園こども動物園で一番のオススメはツクシガモ。
今では数が少なくなってしまった鴨の一種なのだけれど、ここには沢山いて、ゆったり暮らしている(人口密度は高いけれど)。この日は天気が良く、バサバサとアクティヴな動きをしていた。

DSC_0052_2

オシドリもいる。
オシドリは見かけは派手だけれど日陰が好き。イケメンのハーフだけど趣味は鉄道模型、みたいなキャラなのだ。
その他、定番のテンジクネズミを抱っこできるコーナー(ニワトリやアヒルもいる)もあり、家族連れには素晴らしい場所。一人で行ってぼんやり水鳥を眺めるのも良いと思う。

この辺りをウロウロ歩いていたら、でっかいレンズを抱えた往年のバードウォッチャー三人組から声をかけられた。
近くにいる野鳥のことを教えてくれた。フクロウの仲間が来ているらしく、撮った写真を見せてくれた。鳥博士って感じでカッコイイ。
標準ズームレンズのカメラなんかぶら下げていて「鳥見に来ました」とか言うのは恥ずかしい。最近我が家は鳥で盛り上がっているので、バードウォッチング装備を整えて鳥を攻めに行きたい。

写真ブログ 東京風景写真