Tagged: 鳩

機材

王子駅から京浜東北線の西側を線路沿いに南下した。
王子から上中里のこの道は「飛鳥の小径」という散策路になっていて、とても気持ちの良い道だ。崖線沿いの道で、多分かなり古いルートではないかと思う。府中崖線もそうだが、こういう道は歩いていて不思議と身体が軽くなってくる。
京浜東北線は、上野駅から王子駅まで、武蔵野台地の東端にあたる上野台地の崖線に沿って走っているそうだ。
崖にそって水が染み出しているのだろう。植物が多いのも特徴だ。
蔦や苔も多く、紫陽花などの花も楽しめる。

DSC_0101

飛鳥の小径、王子駅付近。

DSC_0119

アゲハチョウ。

DSC_0137

猫。

DSC_0152

崖線の苔。

DSC_0161

タクシーと京浜東北線。

DSC_0171

腸にミヤリザン。

DSC_0176

道沿いに不動さんがあった。

DSC_0177

住宅と住宅の間の細い隙間で、注意して見ないと気づかない。細い階段を登ると、狭い狭い敷地に不動さんと巨木がある。
多分、この木が古い御神木か何かで、それを祀っているのだろう。

DSC_0187

上中里から少し南に行った辺り、地図でいうとこのあたりに、東北本線(京浜東北線)のラインから、山手線の駒込駅の方に向かう線路の跡のような地形がある。山手貨物線という路線で、湘南新宿ラインなどもこのルートのようだ。地下を線路が走っているが、その上が丁度線路の形に区画が残っている。
これは、昔は地上を線路が走っていたということなのだろうか。
現在もJRの土地らしく、JRの古い団地のような建物が残っているが、すっかり廃墟になっている。二階建てのかなり古い形式の団地で、一面草に覆われている。

DSC_0201

屋根の上にスズメと鳩が並んでいた。
小さい鳥が沢山いて、大きいヤツが混ざっている。
スズメ的には、鳩のことをどう思っているのだろう。何か違うと思っているのだろうか。「お前なんかデカイな」くらいの感じなのだろうか。

写真ブログ 東京風景写真

東武東上線の上板橋。

DSC_0035

駅前で傘ゴルフしているお姉さんがいる。

DSC_0056

上板橋駅から南に少し行ったところに、城北中央公園というかなり広い公園があるので、そちらに向かう。鳩もラブラブ。

DSC_0060

唐突な看板。

DSC_0082

この城北中央公園が素晴らしい公園だった。
非常に広い上、木々も豊富で鳥も多い。またペット連れ込みが禁止されていないので、動物が多い。
何故か猫を乗せて寝ている人がいる。
他にも猫を連れてきている人がいて、動物密度がやたら高い。

DSC_0083

栗原遺跡という遺跡があるが、周りはフェンスで囲まれている。復元したものだと思うのだけれど・・。

DSC_0123

城北中央公園にはドッグランがある。わんこ大集合。

DSC_0138

後で気づいたのだが、ドッグランは登録が必要らしい。
登録証どころか犬もいないのに入って遊んでもらってしまった。

DSC_0154

城北中央公園近くのわんにゃん屋。ポメ。

写真ブログ 東京風景写真

王子はとても良いところだ。石神井川が流れているのが大きい。
都心に近い割に緑があって川が流れている、ということでは、吉祥寺や井の頭線沿線があるが、コジャレていて家賃も高い。王子だって安くはないだろうけれど、オシャレ感は確実にない。かといって荒んでいたり汚かったりするわけでもなく、調度良いくらいに落ち着く。

DSC_0034

駅前からこんなに綺麗な道が続いているのが凄い。ちなみにこの王子駅西口のところは、いつ行っても沢山猫がいる。

DSC_0052

石神井川沿いに西の方に上っていくと、音無緑地という場所に出る。洞窟があっただか、弘法大師空海がどうだとか、何か案内が書いてあった。
散歩しているとしょっちゅう空海に会う。あっちこっちの寺やら山やら岬やらで、いつも空海が仏さんを掘ったり杖を投げたり、奇跡を起こしまくりだ。日本の寺の空海伝承を全部カバーしようとしたら、二百人くらいは弘法大師が必要なんじゃないかと思う。

DSC_0086

鳩。おじさん。犬。

DSC_0088

くるくる回るもの。空。

DSC_0094

谷津大観音。突然川べりに観音がある。

DSC_0119

緑の家。

DSC_0127

「あいさつするとハッピー」。
それは結構だけれど、何なのこの生き物。ネッシー?

DSC_0156

遊具の上で携帯を使う女の子。

写真ブログ 東京風景写真