Tagged: 鉄塔

機材

武蔵野線新座駅。駅の南に平林寺境内林という天然記念物の雑木林があり、どんなところかと散歩してみた。
でも正直言って、よそ者が散歩してに行って面白い風景ではなかった。自然が豊かで住んだら落ち着きそうな土地で、家の周りとして犬でも連れて散歩したらとても気持ちが良さそうなのだが、小奇麗に出来上がってしまった郊外で、やたらまっすぐな道ばかりが続いて、今ひとつ面白くない。
バランスの悪い郊外、農地が開発に侵食されていっている街や、古い街並と工業エリアが入り交じっている雑然とした郊外なら面白いのけれど、新座は郊外としてまとまっている。住宅はどれも綺麗で、残すべき自然は管理の元に残され、人間は自動車で移動する。そういう街として既に出来上がってしまっている。
しかも平林寺境内林、入場は16:30までで、参拝は有料。その脇の道はひたすらまっすぐで風景が変わらず、歩いていてつまらない。

DSC_0041

黄色。

DSC_0073

並ぶ人々。
駅から大して歩かないでも、まとまった農地が見られる。

DSC_0074

交差点。

DSC_0093

これは何を植えているのだろう。ピラミッド型のビニールで守られた人たちが育っている。

DSC_0102

カラス離陸。

写真ブログ 東京風景写真

見沼代親水公園駅は日暮里舎人ライナーの終点。「みぬましろしんすいこうえん」だと思っていたら「みぬまだいしんすいこうえん」だった。ちなみに、日暮里舎人ライナーは、ダメな路線が多い新交通システム系の中で、かなり成功した例として取り上げられていることがある。実際使いやすい。
実際のところは、日暮里舎人ライナーではなくバスで行った。舎人団地という、これまたこの辺の路線バスでよく終着駅になっているポイントが、見沼代親水公園駅に割と近い。
舎人団地はその名の通り団地で、周辺は工業地帯。メカメカしい工場が多く、インダストリアル魂をくすぐる。ヤンキー率も異常に高い。

DSC_0250

工場。セメント工場?

DSC_0286

交通事故犠牲者慰霊碑。

DSC_0298

一見ただの看板だが、よく見ると実は元はトラック。おそらく廃車のトラックをそのまま看板の土台にしてしまったのだろう。風にはためくのぼりもヤンキーエリア好きにはそそる風景だ。

DSC_0312

右見て左見て。金属製だけれど一枚ものの看板らしい。

DSC_0322

空き地のススキ。
舎人団地も見沼代親水公園駅も足立区だが、ちょっと北に進むと埼玉県川口市になる。川口市に入ると、工業エリアから小さな農地を残した住宅エリアへと変わってくる(舎人団地だって団地なのだから住宅地だが)。空き地や緑がちらほらと混ざる、全体的に穏やかな雰囲気になる。

DSC_0345

都市菜園の菜の花。

DSC_0362

峯ヶ岡八幡神社の大銀杏。
この辺りの、国道34号線より北のエリアは、緑が多くてなごむ一帯だ。

DSC_0367

一見ただの木の根だが、靴の裏が巻き込まれている。落ちている靴の上に根が伸びて、そのまま固定されてしまったようだ。植物恐るべし。峯ヶ岡八幡神社の境内で見つけた。

DSC_0397

密蔵院。川口市安行のお寺だが、この安行という地域は植木が名産らしく、やたら植木屋が沢山ある。
安行は結構起伏があり、散歩していて楽しい地形だ。

DSC_0403

九重神社。

DSC_0404

墓地。小奇麗な墓地はあまり雰囲気がないが、これはこれでインダストリアルな空気があってちょっとサイバーパンクっぽい。サイバーブッダ。

DSC_0429

枝。ちゃんと根のはった木の枝を曲げて入り口のアーチにしていたらしいが、店が潰れてただアーチ状の枝(幹?)だけが残っている。

DSC_0465

縄跳び。

DSC_0491

鉄塔と少年たち。

この日の歩行ルート。

写真ブログ 東京風景写真

浦和美園。運賃の高いことで有名な埼玉高速鉄道の終点。
びっくりするくらい何もない。正に都市化の最前線で、造成中の更地とショベルカーばかりが目立つ。いくつかの真新しい高層マンションとガランとしたバスターミナル。農地と、これから道路やマンションになるであろう荒れ果てた元農地。藁葺き屋根の家すらあるのどかな田舎の風景と、拡大東京圏の最前線がせめぎ合っている。

DSC_0271

駅前の風景。正に造成中だ。
埼玉スタジアム以外に目立った施設もない。浦和美園駅から埼玉スタジアムまで1.2kmほどあるのだが、その間をほとんど専用のような道路がまっすぐに伸び、実際より近くに見える。
古い農家の向こうにそびえる埼玉スタジアムは、『第九地区』のエイリアンの宇宙船のようだ。

DSC_0258

ニュータウンガールズ。

DSC_0303

何か物凄いもくもくしてる。

DSC_0310

おじさんが焚き火している。こういう風景も余り見なくなった。

DSC_0318

元井戸。今洗濯機。

DSC_0334

帝国主義者の鼠は悪いことをして石にされました。そして貼ってる。

DSC_0347

「たいへんなことになりますよ」。
というか、もう大変なことになってる気がする。
鳥居と邪視信仰のミックスというか、とにかく思いつくものを色々組み合わせて聖なる領域にしようとして、かえってジャンクで怖い風景になってしまった感じ。

DSC_0354

うららです。うらチュ~っておぼえてね。
浦和中央自動車学校の「看板娘」らしい。浦和中央だから浦中。中学か。
うららちゃんの輪郭がギザギザしちゃっているのも何か切ない。

DSC_0365

枝とカラス。

DSC_0375

ススキと鉄塔と自転車。映画的。

DSC_0387

さぎ山記念公園
埼玉スタジアムからそのまま西に1kmほど行ったところにある公園だが、思ったよりずっと良かった。
周囲の人口が多くないせいか、休日にも関わらずそれほど混んでいないし、沼に色々な鳥がいてとても素敵。犬を連れた人々が集まっている。ジョギングしている人は少ない。

DSC_0401

さぎ山記念公園で。

DSC_0415

この黒くて赤いクチバシの水鳥はバンという鳥だろうか。自信がない。可愛い声で鳴きながら泳いでいた。

DSC_0417

かも。

写真ブログ 東京風景写真