Tagged: 野鳥

機材

 ちょっと前になるけれど、東川口駅から東に進み、綾瀬川を渡り県民健康福祉村公園、そこから浦和美園駅に向かう、というコースを歩いた。

IMG_1985

 武蔵野線の東浦和、東川口、南越谷あたりのエリアには何度も来ているけれど、なかなか最果て感があってイイ。
 と言うと住んでる人に怒られそうだけれど、鳥を見に来るには良いところで、かつこういう住宅地と農耕地が入り混じっているようなエリアがとても好きなのだ。
 のどかな田園風景というほど田舎ではなく、都会でもない。
 田んぼがあるけれど、その向こうにすぐ住宅や工場が見えるくらいなのがイイ。

IMG_1987

 鉄塔、工場、田んぼ、なんだかよくわからない草っぱら。
 このクサッパラが素敵。埼玉郊外原風景という感じだ。
 これがほんとの農村地帯とかだと山がちな風景になって、それはそれで別のもっと収まりの良い風景になってしまう。

IMG_1993

 金網と消費者金融のブリキ看板。郊外だなぁ。

IMG_2003

 美しい三叉路。

IMG_2004

 ドラム缶を激写しているおじさん。

IMG_2005

 kiwi氏。傍から見たらかなり怪しい人だ。

IMG_2019

 ポンプで水を組み上げていた。

IMG_2027

 進む埼玉。

IMG_2026

 工業と農業が入り交じる感じ。

IMG_2028

 埼玉県民にはお馴染みのウラチュ~のうららちゃんはドットが荒い。

 県民健康福祉村公園を経由したはずなのに、ほとんど写真を撮っていなかった。
 ランニングコースが一方通行になっていて、歩くときに気を使った。
 二人乗り自転車などでも遊べるし、ジム施設などもあって結構本格的。

IMG_2032

 そして埼玉県のマスコット「コバトン」はシラコバトがモデルだけれど、本物のシラコバトは動物園でしか見たことがない。

IMG_2037

 そして浦和美園駅の近くのこの場所。
 調整池のような場所なのだけれど、天国のような草っぱらが広がっている。地図で言うとここ。かなり広い。

IMG_2038

 カメラをいじっていたら変なモードで写真が撮れた。

IMG_2051

 オオヨシキリが鳴いていた。トリミングなのでかなり画像が荒い。

写真ブログ 東京風景写真

 武蔵丘陵森林公園に行ってきた。

DSCF4037

 と、森林公園駅にいきなりツバメが沢山いる。

DSCF4042

 駅のあちこちにツバメが巣を作っていて、糞が落ちないように下に板が設置されている。

DSCF4045

 さすが森林公園駅。嬉しい心遣いや。

DSCF4044

 ちなみに、森林公園関係の掲示などに使われいているイラストが皆「いらすと屋」さんのものだった。

 駅から武蔵丘陵森林公園までは3kmくらい、バスが走っているのだけれど、5分前に出たばかり。
 「もうタクシーで行こうか」と話していたら、同じくバスを待っていた初老の夫婦が話しかけてくれて、四人でタクシーに乗り合わせて行くことになった。
 こういうのがすごい楽しい。
 あの奥さんには感謝したい。ありがとうございます。

IMG_1961

 武蔵丘陵森林公園。
 連休中の平日だったけれど、お天気が今ひとつだったせいか、それほど混んでいない。
 武蔵丘陵森林公園は北口と南口で5kmくらいとだだっ広く、結構アップダウンがあるので、徒歩だけで回るのはちょっとキツイ。
 園内バスが走っているのでそれを利用することもできる。
 わたしたちは自転車を借りた。

DSCF4073

 ホオジロ。
 野鳥の声は色々聞こえるのだけれど、自転車で走っているとそんなに見られない。

DSCF4075

 というか、かなり木が鬱蒼と茂っているので、そうそう目撃はできない。
 キビタキらしい声がするのだけれど、見ることはできなかった。
 他にもいかにも珍しそうな知らない野鳥の声がするものの、正体が分からない。

DSCF4091

 ガビチョウ。

IMG_1968

 と、色々歩きまわっていてドッグランの近くあたりで雨が降り出し、この小屋で雨宿りしようとしたのだけれど、中に入るとバサバサと羽音がする。
 スズメがいるのだ。

DSCF4054

 中に巣を作っているのならいいのだけれど、雰囲気的に間違って入ってしまって出られないっぽい。

DSCF4056

 ドアを開けて外に逃がすようにしたのだけれど、なかなか出て行ってくれない。

DSCF4060

 窓も開けて誘導しようとするものの、うまくいかない。

IMG_1962

 そうこうするうちに、スズメがこの換気扇の中に入ってしまった。
 このまま換気扇を回したら大変なことになってしまうので、なんとか追いだそうとするものの、微動だにせずに身を潜めている。

IMG_1965

 もう目と鼻の先にいて、目が合っているのだけれど「ここで動いたらやられる!」みたいなモードに入ってしまって、ピクリともしない。
 そっとファンを手で動かしてみると、うまいことファンに当たらないところに入ってはいるものの、ちょっとだけファンがくちばしに触れる。
 それなのに知らんぷりな感じでくちばしをそっと動かして忍者のようになっている。
 結局そのまま諦めて帰ったのだけれど、うまいこと脱出してくれたのだろうか。

写真ブログ 東京風景写真

 成増から光が丘公園に行ってきた。
 直線距離ではそんなに遠くないのに、光が丘公園は来たことがなかった。
 成増の町はなんか妙な雰囲気。埼玉っぽいのだけれど、なんか人工的というか、ごちゃごちゃしているのは良いけれど統一感みたいのがない。板橋のごちゃーっとした町とか、雑然としながらも統一感とか地元臭みたいのがあるのだけれど、この辺りにはそういう感じがなく、妙に古い建物とこざっぱりした建物が入り混じっている。
 元々なんだったんだろう、と後で見たら、戦前は成増飛行場、その後米軍に接収されていたらしい。
 公園自体も運動公園的な雰囲気が強く、自然っぽいエリアは限られている。
 一箇所バード・サンクチュアリがあるのだけれど、ここも実に雑然としていて、「静かに」と張り紙があるのにおっちゃんたちがかなりダベっている。
 というわけで、第一印象はあんまりだったのだけれど、この鳥おじさん・鳥おばさんたちおよびレンジャーのお兄さん・お姉さんがすごくフレンドリーで、実はとても良いところだと分かった。
 鳥見スポットが非常に限られているだけに、常連地元民が仲良しっぽくて、ウチらみたいなよそ者にも親切にしてくれる。聞いてもいないのに、向こうから望遠鏡を合わせて「ほら、今カワセミ見えますよ!」とか勧めてくれる。イイ人たちだった。
 
photo20160117-01

 カワセミ。

photo20160117-02

 カワセミ。

photo20160117-03

 ここが水浴びスポット。

photo20160117-04

 ツグミ。

photo20160117-05

 観察小屋にあったヤマセミの置物。

photo20160117-06

 シメとツグミ。

photo20160117-07

 カワセミ。

 そして観察小屋を離れ、別のスポットで・・

photo20160117-08

 アオゲラ!

photo20160117-09

 すごい、アオゲラだ!

photo20160117-10

 観察していたら、通りがかりの奥さんに「何がいるの?」と話しかけられた。場所を説明したけれど、見つけられない。
 双眼鏡を持っててもなかなかわからないしなぁ。

photo20160117-11

 カラス。

 それから一つ、面白い動画を。

 これはバード・サンクチュアリではない、光が丘公園内の池なのだけど、ハシビロガモのメスが一羽、他のカモのお尻を追い掛け回している。
 他のカモと同様に水面採餌しているのだろうけれど、なぜか他人のお尻にぴったりくっついて移動している。
 相手は誰でもいいようで、時々ターゲットを変えている。オスでもメスでもいいようだ。
 特定の個体についているわけではないので、お尻についている虫か何かを狙っているわけではなく、スリップストリーム的に楽をしようとしているのだろうか。あるいは、他の個体が水をかくことで水面の昆虫やプランクトンを食べやすくなっているのだろうか。
 面白い。

写真ブログ 東京風景写真