Tagged: 象

機材

 弘文洞跡、養老館、ホテル岩風呂、上総大久保駅のつづき。
 時間があったので、突然思いつきで市原ぞうの国に行くことにした。
 市原ぞうの国の存在は知っていて、前日もパンフレットを見ていたのだけれど、駅から遠く、送迎が「要前日予約」とあったので、また次の機会に、と思っていたのだ。
 でもダメ元で当日「これから行く!」と電話してみると、まったく問題ない感じで迎えに来てくれた。さすがぞうの国、太っ腹!
 送迎と言っても、小湊鉄道の高滝駅か高速バスターミナルとの間を往復しているもので、どちらも本数が少なく、時間が決まっている。だから決まった時間に希望者がいれば車を出す、という方式らしく、休日だったのでどのみち車は走っていたのかもしれない。

IMG_1105

 ぞうだ、ぞうだ、ぞうさんだ!
 ただぞうが檻の中に入っているのではない。ぞうがショーをしたり、ぞうに乗せてもらったりできるのだ。ただ、時間が遅かったので「ぞうライド」は既に売り切れ、残念ながらぞうに乗ることはできなかった。
 でもぞうに餌をあげたり、ものすごく近くで触れ合って鼻をナデナデしたりすることもできる。
 ぞうに乗っているぞう使いの人たちは皆んなタイ人らしく、かなり本格的にぞう使いをスカウトしてきて設立されたっぽい。奥の方では、まだショーなどに出ていない子供のぞうを、タイ人のぞう使いの人が訓練している裏舞台も見られた。ぞう使い同士がぞうの上で何やら話しているのだけれど、タイ語なのでサッパリわからない。ぞうの言葉もぞう使いの言葉もわからない。
 ちなみにぞうの鼻はかなりゴワゴワしていて、すごい力と正確さだった。

IMG_1093

 「ぞうの国」ではあるけれど、ぞう以外の動物も沢山いる。普通の動物園なみには色んな動物が楽しめ、しかも触れ合えるコーナーが充実している。
 もちろん、定番のてんじくねずみ抱っこもできる。

IMG_1101

 ビーバーがいた。ビーバーは思ったより大きい。

 かわうそもいて、喧嘩したり遊んだり、かなりアクティヴに行動していて面白い。

 かわうそやラッコはイタチの仲間だけれど、ビーバーはネズミの仲間で、カピバラに次いで大きい、と知った。

IMG_1103

 お馬さん。

IMG_1117

 カピバラ。

 カピバラがアヒルに混ざって餌を食べているのが楽しい。「食えればなんでもいいよ」感がすごい。
 ちなみにこのカピバラ、後ですぐそばを象たちが通っても全然関係ない感じでもぐもぐ食べていた。肚がすわっている。

IMG_1127

 アルパカさん。

 そしてこの後、らくだに乗せてもらった!

 このらくだ、ふたこぶらくだなのだけれど、かなり大きい!
 ひとこぶらくだには何度も乗ったことがあるのだけれど、明らかにそれよりデカい。乗ると脇腹?的な部分が暖かい。
 それにしても本当に立派で、こんな生き物に出会ったら「こりゃーどえれーもんだわー」と感服してしまいそうだ。

IMG_1165

 イイ顔してる!

IMG_1168

 隅っこに写ってるのは全然関係ないお子様。

 ついでにくじゃく。

 そして閉園時間近く、なんとぞうさんたちが、ショーやぞうライドをする場所から自分の檻まで、皆んな外を歩いて帰っていくのだ!

 この時、一応アナウンスで「赤い線まで下がってください」という指示があるのだけれど、目の前を特に囲いもなくぞうさんたちが並んで歩いて行くのを見ることができる。なかなかの迫力だ。
 上野動物園でも馬が外を歩いてく時があるけれど、やっぱぞうさんはド迫力!
 しかも歩いてる途中で、その辺にあった草をバリバリ勝手に食べて、上に乗っているぞう使いの人に怒られていた。
 ちょっと葉っぱをむしっちゃう、というレベルではなく、茂みまるごとバリバリバリ!と鼻で引っ張っていて、「こりゃーものすげー力だわー、えれーもんじゃー」と、また感服してしまった。

 市原ぞうの国、素晴らしかった!
 地方の動物王国系の施設は、大体都会の動物園などに比べると雰囲気がゆるく、簡単に動物に触れたりする。
 同じ動物が複数箇所に展示されていたり、なぜか犬とかハシブトガラスまでいたりして、全体的にゆるい。
 タイ人のぞう使いさんが活躍してるのもイイ。
 このぞうの国を思いついた人は、元々タイとつながりか何かがあって、こんなビジネスを思いついたのだろうか。多分、タイには伝統的なぞう使いの人が沢山いるのだけれど、今は市場が縮小傾向だろうし、丁度良い出稼ぎビジネスになっているようにも思う。この調子で日本各地にぞうビジネスを拡大してもらいたいものだ。
 ぞうは思った以上に賢くて、一気に好きになってしまった。いや、ほんとにアイツは大きくて頭が良いよ。すごい生き物じゃ。
 小湊鉄道は本数が非常に少ないので注意が必要だけれど、車があるなら都心からも近い。市原ぞうの国はめちゃくちゃオススメ!

写真ブログ 東京風景写真

東武動物公園に行ってきた。
いきなりだけれど、コスプレの人が沢山いた。
DSC_0023
東武動物公園はコスプレイヤーを歓迎しているようで、この日も何かイベントがあったようだ。
DSC_0038
係の人もコスプレみたいな衣装を着ていることがあるので、素人と迷う時がある。
DSC_0039
何のコスプレだかサッパリ分からないけれど、なんかイガイガの付いた人もいた。
DSC_0198

動物公園というくらいだから、動物園の大きいところかと思っていたら、遊園地との複合施設で、かなり大規模だった。
入場料が1500円で、「動物園なのにそんなに取るのか!」と思ったけれど、これだけのスケールなら妥当な価格だと思う。
かなり広くて、遊園地を通りぬけ動物エリアにたどり着くだけで結構歩く。

バクは食べる時に鼻が伸び縮みするのが分かった。すごい。
DSC_0041
怒るとハリが逆立つ人。だと思う。名前が思い出せない。とにかくこの時は全然お怒りでなく、グタっとしていて可愛かった。
DSC_0047
フタコブラクダ。
DSC_0049
ガチョウ。
DSC_0056
ガチョウコーナーはすごく沢山のガチョウがいて、触れ合える。でも触れようとすると逃げるし、追いかけたらダメなので、あんまり触れない。
DSC_0057
ほとんどのガチョウは日陰に集まる中、水浴びをできるのはエリートなのだろうか。
DSC_0063
ガチョウはアヒルに似ているけれど、おでこの出っ張りが違う。アヒルは鴨の家畜化してもの、ガチョウはガンの家畜化したもの。
DSC_0068
おでこの出っ張りにはアクティブソナーが入っている(嘘)。
DSC_0074
日陰に集まるガチョウの人たち。
DSC_0087
ガチョウは舌にトゲトゲみたいのがある。勉強になった。
DSC_0089
カピバラさん。
DSC_0103
りすざる。
DSC_0106
りすざるとカピバラさん。特に関心はない。
りすざるのいるコーナーは、エリア全体に扉を開けて入るようになっていて、かなり近くまで寄って見ることができる。
他にもこういうタイプの「檻の中に入る」形式の展示があり、とてもサービスが良かった。
DSC_0109
なんか色とりどりの人。
DSC_0112
檻の外の葉っぱを取ろうとするお猿。
DSC_0124
ペンギンが泳いでいるところを横からも見られる。これもとても良かった。
DSC_0128
オットセイのショーもある。輪投げをひょいひょい取っていて、犬のようだった。ほんとにあいつらは賢い。あと、お姉さんも輪投げが上手い。
DSC_0136
ハゲワシ(だと思う)がポーズを取ってくれた。
DSC_0148
この鴨っぽい人はとても綺麗。
DSC_0158
シャア専用サギ?
DSC_0160
狐。
DSC_0161
無防備なカンガルー。
カンガルーのコーナーも扉を抜けてエリアに入る方式で、エリア内で人と動物を遮っているのは簡単な柵だけ。
なぜか柵の外、つまり人が歩くところに一匹だけカンガルーがいて、あまりに自然にいるので最初は気づかなかった。あれは脱走したのだろうか。
初めてカンガルーに触った。結構ぽわぽわのさわり心地の良い毛並みだった。
カンガルーはわたしに無関心だった。
DSC_0171
カバの赤ちゃん。赤ちゃんだけどデカい。
DSC_0180
象に餌をあげることもできる。
DSC_0187

東武動物公園はとにかく広かった。全部見ようとするとかなり歩くことになり、結構疲れる。あんなに大規模だとは思わなかった。
1981年開園とのことで、遊遊園地部分は昭和チックで遊具も古いものが多く、動物園も一部の展示方式はクラシックなのだけれど、少なくとも動物園エリアについては随時新しい方式を取り入れ、触れ合い要素を増やしていっているのが分かる。「触れるコーナー」も恒例のうさぎ・てんじくねずみに加えてひよこもあり、しかも開園中はずっと触れ合えるようだ(普通は時間限定)。
コスプレイヤーを歓迎しているのも、首都圏近郊遊園地の生き残り競争のためだろう。良い考えだと思う。
想像以上に頑張っている施設で、大いに満喫できた。遊園地は観覧車しか乗らなかったけれど、動物だけで大満足。

写真ブログ 東京風景写真

有楽町線・副都心線の千川駅。たぶん仙川駅とは関係ない。

DSC_0255

床屋さんと空き地。

DSC_0271

意味のわからない模様。

DSC_0297

目がぱっちりした象。

DSC_0306

何文字か取れかけてる酒店。

写真ブログ 東京風景写真