Tagged: 羊

機材

伊香保グリーン牧場に行ってきた。
伊香保グリーン牧場は渋川駅からバスで約20分。北関東エリアにはファミリー牧場や動物系施設がいくつもあり、わたしも相当行っているけれど、その中でもかなりアクセスが良い。
バスの本数も一時間に3本くらいあるので、新幹線を使えば東京圏からでも2時間ちょっとで着ける。

DSC_0006

動物系施設にも色々なタイプがあり、珍しい動物を展示している動物園系、サファリパーク系、普通の動物と触れ合える小動物園系、ファミリー牧場系、動物ショーを見せるところ、等々がある。
伊香保グリーン牧場はだだっ広い一方、特別変わった動物がいるわけではない。小岩井農場まきば園に似ている。

DSC_0021

山羊さん。

DSC_0022

この山羊が柵を食べていた。

DSC_0027

内側のペンキを塗っていないところが美味しいらしい。なぜペンキを塗るのか釈然としていないだろう。

DSC_0034

牛さん。

DSC_0043

羊は懐いていて、有料で餌を買ってあげられる。

DSC_0047

羊さん。

DSC_0054

この被り物をしている羊は、かなり賢く、後でショーの中で活躍していた。

DSC_0062

さて、伊香保グリーン牧場の最大の目玉はシープドッグショー。これも小岩井農場まきば園と一緒だ。
牧羊犬にも色々なタイプがいるそうだが、伊香保グリーン牧場で主に活躍するのはニュージーランド・ハンタウェイという、吠えて追い立てるタイプ。ストロング・アイ・ヘディングドッグという、睨みで囲い込むタイプもいる。小岩井農場まきば園は吠えないタイプだったと思う。

DSC_0077

凄く広いエリアから、巧みに羊を誘導してくる。凄い。
実際の牧場はもっと広いのだろうけれど、牧羊犬がいなかったら到底羊なんて管理できない。向こうの方に行っちゃったら、絶対諦めると思う。

DSC_0081

羊は「どっこいしょ」と座る姿勢にすると、大人しくなってしまう習性がある。このポーズで毛刈りなどをする。
最初にコレに気づいた人は凄い。
「おい見ろよ、こうやって座らせると動かないぜ!」とか、めっちゃ盛り上がったに違いない。

DSC_0094

この羊はちょっと芸も覚えていて、人気者だった。

DSC_0099

犬は羊を追うのは得意でも、接客はあまり得意そうではなかった。

DSC_0113

大勢の人のところに来ると、毎日やっている筈なのにちょっと居心地が悪そう。

DSC_0118

レンタル羊を散歩できるサービスもある。

DSC_0126

牧場横にはハラ・ミュージアム・アークがあり、両方入ると割引になる。
波がザバザバ来るインスタレーションが良かったけれど、公式サイトがflashで使いにくくて、アーティスト名が分からない。
とにかく、アート系のサイトはやたらflashでイライラする。美術館そのものもあまり好きではないけれど。

伊香保グリーン牧場には、うさぎを抱っこできるコーナーもあったけれど、入場料にプラスして利用料がかかり、しかもうさぎがなんだか落ち着かなくて、あまり良くなかった。区立動物園の方がいい。
うさぎがまだ二ヶ月くらいの赤ちゃんだったせいかと思う。
わたし自身うさぎを飼っていたことがあるけれど、あれはちょっとせわしなさすぎるし、服を噛まれるので、大人は気をつけた方がいい。

写真ブログ 東京風景写真

都内にある小規模動物園の中でも特に素晴らしい江戸川区自然動物園。前回に続いて二度目の訪問。
ここは規模は小さいながらも綺麗で、動物の飼育環境も良いように感じる。
触れるコーナーにはうさぎ、てんじくねずみ、羊、山羊などの定番動物以外に、ニワトリやアヒルがいる。
しかも順番にだっこさせて貰うのではなく、コーナーの中でかなりフリーダムにだっこしまくれる。
ちなみに、公式サイトの「ふれあいコーナー」紹介ページを見ると、羊や山羊は「あかね」とか「さくら」とか個人名なのに、モルモットやうさぎは単に「モルモット」とか書かれている。自他融合の境地に達しているということだろう。

DSC_0002

もちろん、最大の目的はこの触れるコーナー。
大人としては遠慮してできれば子供の少ない時に行くべきだが、アホなので日曜日に行った。
しかし負けない。

DSC_0006

江戸川区自然動物園の触れるコーナーにはコールダックがいる。小さめのアヒルだ。
こいつが可愛い。
触ろうとしたら、手を伸ばしたところでプルプルし始めたので、「これは怒ってるな」と思ったら案の定噛まれた。
良い子は無理に触ろうとしてはいけません。

DSC_0011

羊と戯れるお子様。

DSC_0033

この子がニワトリを実に愛おしそうにずっと抱いていて、とても可愛らしかった。うさぎではなくニワトリをこんなに愛せる子は、立派な大人になるに違いない。
こいつはシャモだと思うけれど、見た目に似合わず大人しく抱かれていた。
すごく毛並みが良い。

DSC_0049

この子のてんじくねずみ(モルモット)愛も素晴らしかった。分かるぞ、その気持ち!

DSC_0050

しかしてんじくねずみ本人は解脱しているので何も分かっていない。

DSC_0079

立派なニワトリ様。

DSC_0096

ペンギン。こんにちは。

DSC_0100

サイチョウという鳥。
こいつは頭の上に巨大なリーゼントのようなパーツがついていて、さっぱり意味が分からない。くちばしが折れた時にスペアに使えそうだ。
でもよく考えると、人間のリーゼントだって意味が分からないから、要するに世の中意味の分からないものばっかりだ。青春だ。

江戸川区自然動物園の注目アニマルとしては、アリクイがいる。
アリクイは本当に訳の分からない形をしている。柄もおかしい。見れば見るほど変だ。前後逆でも別にいいような気がする。
見たことがない人は、是非写真を色々探してみて欲しい。10分くらい見つめていると、どんなことだって可能だと思えてくる。あいつは不思議だ。
そのアリクイの写真を撮って載せたいのだけれど、江戸川区自然動物園のアリクイはすごくシャイで、すぐに中の小屋に入ってしまう。
最初に行った時は全然見られなかった。
今回はふと見た時に外に出て餌を食べていたのだけれど、わたしたちが行った途端にまた戻ってしまった。
餌がお皿に入っているので、人生の目的を失ってションボリしているのだろうか。
せっかくあんなクリップみたいに鼻を伸ばしたのに、お皿で餌なんか出されたらやる気なくなると思う。
是非蟻塚を作ってあげて欲しい。

写真ブログ 東京風景写真

このブログで取り上げるのも三回目の板橋区立こども動物園(前回前々回)。どんだけ動物園好きなんだ(動物園タグ)。

DSC_0010

いつものロバ以外に、馬車が来ていた。子供連れが行列していた。

DSC_0016

いつものロバ、待機中。

DSC_0017

羊。羊は目の前で素早い動きをするとビビって逃げる。良い子は真似してはいけません。

DSC_0019

メンチを切る山羊。山羊は顎を横に動かして餌をすりつぶすので、ものすごい顔の歪んだ瞬間が撮れる。

DSC_0020

気の短い爺さん風。

DSC_0022

山羊は高いところが好きだ。羊に比べると大分アクティヴ。

DSC_0026

またちびっ子に混じっててんじくねずみを抱っこさせてもらった。
寒くてお客さんが少ないのでチャンスだった。流石に混んでいる時は言い出しにくい。

DSC_0035

てんじくねずみは何故か向きが揃う。いつでも菓子折りにできる。

DSC_0038

板橋区立こども動物園、正確には動物園の外の池にはフラミンゴがいるのだけれど、全然注目されていない。

DSC_0041

板橋で見かけた看板シリーズ。おいしさの担い手。お前、危ないぞ。

DSC_0042

板橋宿。

DSC_0002

このインディアンというかレゲエというかなオッサンの絵がすごくイイ。

DSC_0004

カエル。

写真ブログ 東京風景写真