Tagged: 男の子

機材

南浦和。京浜東北線と武蔵野線が交わる点。東浦和から東の東川口にかけては、かなりサイバーパンク郊外化し、最果て感が素敵なのだが(あくまで「最果て感」で、本当の最果てでは全然ない。本当の最果てはひたすら何も無いのでつまらないが、都市化と郊外の拮抗点では、小奇麗な住宅地や農地、空き地が混ざっていて面白い)、南浦和はさすがになかなか綺麗で、駅から少し歩いたくらいだと、コレという程すごい世界には出会えない。
南浦和から東浦和に向けて歩き、両駅の中間くらいになると、農地や広い空き地が目に付くようになる。
両駅間で面白いのは、中間地点くらいの武蔵野線線路沿い。ここは起伏がかなりあり、道路が狭く、圧力の高い風景が見られる。

DSC_0039

たこ焼き準備中。

DSC_0102

高架と自転車とトタン。

DSC_0125

細い坂。セクシー。小さな信号機で片側ずつ通らないといけない。歩行者もキツい。

DSC_0137

南浦和と東浦和の中間くらいだと、結構空き地が広い。

DSC_0169

南浦和ボーイズ。

DSC_0182

ルパンっぽい坂。

DSC_0212

スモールブッダ。

DSC_0237

ぶら下がってるボーイ。かけっこしてるガールズ。

DSC_0239

妙な貫禄のある少年。

DSC_0251

おっちゃん。

写真ブログ 東京風景写真

東武野田線七里。大宮から四駅。七里から一度南下してから、次の岩槻駅に向かって歩いた。
いきなり駅前からススキののどかな光景があり、駅から少し歩くと農地が広がっている。多少都心からは遠いが、住環境としては良いところだと思う。

DSC_0015

サッカーボールを持った少年。

DSC_0020

なんか寂しそうな犬。

DSC_0055

骨董品屋さん。

DSC_0114

駅から1キロ程度の距離で、もうこんな景色になっている。向こうの方に埼玉スタジアムが見える。「秋田です」と言われても信じそうな風景。
のどかで良いところだけれど、起伏がなく平坦で、ひたすらまっすぐ道が続いているので、散歩としてはあまり面白くない。武蔵野線沿線の東浦和や東川口などに見られる「ジャンクな広大さ」ではなく、素直に田舎だからだ。
武蔵野線沿線の場合、都市化と工業エリア・農業エリアがせめぎ合っていて、結果としてゴチャゴチャとした見所のある風景になる。薄汚いとも言えるのだけれど、密度が高く空気の圧力がある。
それに対し、野田線沿線のこの辺りは、矛盾なくまっ平らなので、平和だけれど今ひとつ面白くはない。

DSC_0122

トマソンフェンス。

DSC_0131

農作業をする家族。「マイファーム埼玉大宮」と看板があり、家族の雰囲気も農家ではないので、貸し農園のようだ。
浦和美園のエントリの時も書いたけれど、この埼玉スタジアムの唐突さは、実に『第九地区』っぽい。宇宙人来たけどとりあえずブロッコリー作ってます的な何か。

DSC_0137

埼玉スタジアムと田んぼと猫。

DSC_0149

偶然翼を閉じた瞬間が撮れた。不思議な生き物みたい。

散歩コース。

写真ブログ 東京風景写真

北朝霞。武蔵野線と東武東上線が交わっていて、東武東上線だと朝霞台という駅になる。朝霞市は荒川の南側にあるけれど、埼玉県。この辺りは行政的には朝霞市と志木市と新座市が入り組んでいる。
駅間の長いことの多い武蔵野線の中でも、北朝霞と西浦和の間は、荒川を挟むだけ距離があるように思う。それにしても武蔵野線の駅には南浦和とか東川口とか、「方角+地名」型が多い。元々僻地だったところをつないでいる電車なのだろう。それだけに、散歩すると面白い風景に出会うことが多い。

DSC_0262

女子高生。

DSC_0284

朝霞浄水場。埼玉県なのに東京都水道局の施設。

DSC_0306

自動販売機とお兄さん。ちょっと睨まれた。

DSC_0329

工事中のお兄さん。

DSC_0339

少し駅から離れると農地や空き地がかなりある。工場はそれほどない。アグリカルチュラル埼玉。

DSC_0344

新河岸川(しんがしがわ)。川なのに河岸とはこれいかに、と思ったら、昔は江戸と川越をつなぐ舟運ルートで、河岸場が沢山作られたから新河岸川らしい。江戸時代に大改造されたサイボーグ河川。
東京の「自然」には、こういうサイボーグ河川がとても多い。わたしたちが「自然」だと思っているもののほとんどは、手付かずの自然ではない。むしろ手が加わっているからこそ安心できる「自然」になっているのだろう。江戸時代の人は凄い。

DSC_0349

新河岸川の河原付近に、ホームレスらしき人々が結構住み着いている。新宿なんかより圧倒的に良い環境だけれど、働かないと食べ物をゲットするのは難しいのだろう。こういう人たちもホームレスなのだろうか。多分労働しているけどアパートに住むお金がない、という階層の人々で、自力で「家」は作っているのだから、立派なものではないかと思う。人類の基本的な姿じゃないか。

DSC_0356

放し飼いのニワトリがいた。多分ホームレスの人が河原で飼ってるんだと思う。素晴らしい。

DSC_0362

同じ形の家々。

DSC_0364

鳥居と埋まった電線。
こういう「ゴミ捨てるな、用足すな」プレッシャーをかけるための鳥居というのは、日本中どこにでもあると思うが、浦和近辺では特に多く見かける。何か文化的な要素があるのだろうか。

DSC_0377

自転車高校生と変なポーズの幼女。

DSC_0396

墓。
一般に墓というのは、寺院などの所有地に「墓地」として集合的にまとめられている場合が多いが、何故か北朝霞近辺では、こうした「独立系」の墓をいくつも見かけた。駐車場くらいのノリで、ポツンと数件だけ墓がある。畑の隅に一つだけ墓があるところもあった。こういう墓の方が素敵だと思う。

DSC_0412

雀。
この近辺は、農地と河原のせいか、雀がかなり多い。対してカラスはそれほどでもない。他の野鳥は思ったほど多くなかった。

散歩コース。

写真ブログ 東京風景写真