Tagged: 田んぼ

機材

 ちょっと前になるけれど、東川口駅から東に進み、綾瀬川を渡り県民健康福祉村公園、そこから浦和美園駅に向かう、というコースを歩いた。

IMG_1985

 武蔵野線の東浦和、東川口、南越谷あたりのエリアには何度も来ているけれど、なかなか最果て感があってイイ。
 と言うと住んでる人に怒られそうだけれど、鳥を見に来るには良いところで、かつこういう住宅地と農耕地が入り混じっているようなエリアがとても好きなのだ。
 のどかな田園風景というほど田舎ではなく、都会でもない。
 田んぼがあるけれど、その向こうにすぐ住宅や工場が見えるくらいなのがイイ。

IMG_1987

 鉄塔、工場、田んぼ、なんだかよくわからない草っぱら。
 このクサッパラが素敵。埼玉郊外原風景という感じだ。
 これがほんとの農村地帯とかだと山がちな風景になって、それはそれで別のもっと収まりの良い風景になってしまう。

IMG_1993

 金網と消費者金融のブリキ看板。郊外だなぁ。

IMG_2003

 美しい三叉路。

IMG_2004

 ドラム缶を激写しているおじさん。

IMG_2005

 kiwi氏。傍から見たらかなり怪しい人だ。

IMG_2019

 ポンプで水を組み上げていた。

IMG_2027

 進む埼玉。

IMG_2026

 工業と農業が入り交じる感じ。

IMG_2028

 埼玉県民にはお馴染みのウラチュ~のうららちゃんはドットが荒い。

 県民健康福祉村公園を経由したはずなのに、ほとんど写真を撮っていなかった。
 ランニングコースが一方通行になっていて、歩くときに気を使った。
 二人乗り自転車などでも遊べるし、ジム施設などもあって結構本格的。

IMG_2032

 そして埼玉県のマスコット「コバトン」はシラコバトがモデルだけれど、本物のシラコバトは動物園でしか見たことがない。

IMG_2037

 そして浦和美園駅の近くのこの場所。
 調整池のような場所なのだけれど、天国のような草っぱらが広がっている。地図で言うとここ。かなり広い。

IMG_2038

 カメラをいじっていたら変なモードで写真が撮れた。

IMG_2051

 オオヨシキリが鳴いていた。トリミングなのでかなり画像が荒い。

写真ブログ 東京風景写真

安曇野・松本・諏訪湖を旅してきた。
まず安曇野。大糸線の穂高駅で降りて、レンタサイクルを借りる。ガイドブックなどで知られたレンタサイクル屋さんの他に、駅前で客引きをしているところがあって、実際そこが安かったので、つられてしまった。特に問題はなかった。

DSC_0103

駅からすぐ近くに穂高神社がある。川端康成が絶賛したというケヤキの木がある。

DSC_0107

うま。なんか造形が緩い。その前髪今ひとつだよ。

DSC_0115

うさぎ。バトル中なのか。後ろのお姉さんが面白い。

DSC_0116

穂高神社を過ぎて、東を目指す。目標は大王わさび農場。ここが見たくて安曇野まで来た。
駅からは2キロくらいだが、自転車ならすぐだ。
途中の田舎道も面白い。

DSC_0132

田んぼの真中をひたすら真っ直ぐな道が走っている。

DSC_0142

ここが大王わさび農場の農場。
名前の通り広大なわさび農場で、他にも安曇野には沢山わさび農場がある。
ここは観光地としてもちょっと知られているのだけれど、正直、予想とは少し違っていた。
確かにわさび畑の風景自体は珍しく、スケールも凄いのだけれど、ファミリー牧場的にすっかり観光地化している。客層もほぼ一緒。
当たり前ながらわさび畑に降りられるわけではないので、実はそれほど見るところもなかった。

DSC_0144

わさびソフトもある。別に辛くない。
せっかくなので蕎麦を食べたけれど、特別に旨い!というほどではなかった。

DSC_0161

道端の道祖神。
大王わさび農場より、その行き帰りの道の方が面白かった。

DSC_0165

渓流釣りをする人。
水は本当にびっくりするくらい綺麗だ。
道路脇の側溝を流れている水すら、飲めるんじゃないかというくらい透明。

DSC_0170

かっこいい床屋さん跡。

写真ブログ 東京風景写真

東武野田線七里。大宮から四駅。七里から一度南下してから、次の岩槻駅に向かって歩いた。
いきなり駅前からススキののどかな光景があり、駅から少し歩くと農地が広がっている。多少都心からは遠いが、住環境としては良いところだと思う。

DSC_0015

サッカーボールを持った少年。

DSC_0020

なんか寂しそうな犬。

DSC_0055

骨董品屋さん。

DSC_0114

駅から1キロ程度の距離で、もうこんな景色になっている。向こうの方に埼玉スタジアムが見える。「秋田です」と言われても信じそうな風景。
のどかで良いところだけれど、起伏がなく平坦で、ひたすらまっすぐ道が続いているので、散歩としてはあまり面白くない。武蔵野線沿線の東浦和や東川口などに見られる「ジャンクな広大さ」ではなく、素直に田舎だからだ。
武蔵野線沿線の場合、都市化と工業エリア・農業エリアがせめぎ合っていて、結果としてゴチャゴチャとした見所のある風景になる。薄汚いとも言えるのだけれど、密度が高く空気の圧力がある。
それに対し、野田線沿線のこの辺りは、矛盾なくまっ平らなので、平和だけれど今ひとつ面白くはない。

DSC_0122

トマソンフェンス。

DSC_0131

農作業をする家族。「マイファーム埼玉大宮」と看板があり、家族の雰囲気も農家ではないので、貸し農園のようだ。
浦和美園のエントリの時も書いたけれど、この埼玉スタジアムの唐突さは、実に『第九地区』っぽい。宇宙人来たけどとりあえずブロッコリー作ってます的な何か。

DSC_0137

埼玉スタジアムと田んぼと猫。

DSC_0149

偶然翼を閉じた瞬間が撮れた。不思議な生き物みたい。

散歩コース。

写真ブログ 東京風景写真