Tagged: 猫

機材

江戸川橋駅から椿山荘、護国寺、大塚へと歩く。
基本的に小奇麗なエリアで、ハイソすぎてちっとも風景的に面白くなかった。
金持ちの暮らしているところには物語がない。
大塚に近くなるとちょっと面白くなる。







写真ブログ 東京風景写真

銚子に到着した前日から一夜明け、銚子電鉄で外川港を目指す。

IMG_0633

銚子電鉄は江ノ電のような可愛い電車。
単線でこの車両一つが行ったり来たりしている
この電車目当てにやって来た鉄道ファンが写真を撮ったりしている。
車で来るより断然銚子電鉄をエンジョイした方が良いと思う。

IMG_0628

銚子電鉄の車掌さんがすごい可愛かった!

IMG_0636

終点の外川駅に到着。

IMG_0637

古い車両が展示してある。

IMG_0638

この車両も観光客に人気。

IMG_0644

ここから少し下ると外川港。
この下り坂がすごく素敵。

IMG_0648

IMG_0658

漁協の建物がシブい。
核戦争後みたいだ。

IMG_0651

いかにも漁港ライクなお家とおっちゃん。
この後、この家の犬にすごい吠えられた。

IMG_0669

IMG_0671

海沿いに散歩していく。
9月の連休だけれど、日差しが強くて暑い。

IMG_0675

千騎ヶ岩・・だったと思う。
こういうゴツゴツした岩が古い地層から出ている。

IMG_0677

IMG_0682

この左手に見えるのが犬岩。
立ち入り禁止の桟橋だけれど、釣り人や観光客が余裕で入っている。

IMG_0696

さて、しばらく散歩して外川港に戻ってきた。
目的はこのイルカウォッチング。
遠目にはクリーニング店か何かに見えた。イルカのマークも然り、「ウォッチング」が「クリーニング」に見える。

IMG_0702

そう、目的はこのイルカ・クジラウオッチングだったのだ。
このフリッパー号に乗って、イルカやクジラを見に行けるのだ。
今の時期は沿岸ウォッチングで1時間半、3500円、スナメリが見られるという。

IMG_0704

沖に出るまで中の座席に座っているけれど、ここの手作り冊子が凄く可愛い。
所長兼船長さんのおっちゃんの他は若い娘さんたちがスタッフで、皆一様にすごい日焼けしていて健康的。
当たり前といえば当たり前かもだけれど、揺れる舟の上でもすごく安定して立っていられる。プロだ。

IMG_0712

沖の方に東電が実験的に建設しているという海上風力発電所がある。

IMG_0705

沿岸の方にも多くの風力発電用の風車が見える。どこか未来的だ。

で、肝心のスナメリだけれど、一応見られることは見られた。
ただ海面に姿を現すのは一瞬で、とても写真など撮れない。スナメリは特に最大にジャンプしてもやっと体全体が見える程度らしく、息継ぎにひょいと背中を見せた時しか見られない。
また、この日は餌の魚が沖合に出ているとかで、あまり「アタリ」の日ではなかったようだ。
全く見られなかった回では次回割引のチケットがもらえるらしい。
また別の時期の沖合ウォッチングなどに参加してみたいと思った。

海上で寒いかと思っていたけれど、日差しも強く寒くはなかった。
ただ、この手の「素人でもパッと乗れる」系の船、遊覧船などと比べるとちょっと揺れる。
波もなく海の人々からしたら全く揺れているうちには入らないのだけれど、素人で船酔いし易い人などは酔い止めなどを用意していった方が良いと思う。
一時間半の短い船旅だけれど、エンジンかけっぱなしで結構ぐるぐる回るし、エンジン音の振動も気持ち良いものではなく、またほとんどみんな船べりに立ちっぱなしなので、ちょっとくたびれる。

IMG_0723

港に戻ると、ここで飼われている「カイ」という犬が車の下で涼んでいた。
ヒモも繋がれておらず、のびのび過ごしている。
こんな犬世界が素晴らしい。田舎に住みたくなる。

IMG_0726

外川港近くにあった廃墟。蔵の跡らしい。

IMG_0732

わんわん。

IMG_0734

坂の郵便局。いいなぁ。

IMG_0740

ここからまた銚子電鉄で犬吠埼駅に行くと、駅前でパフォーマンスの人たちがいた。

IMG_0744

マンドリンで演奏している。

IMG_0758

犬吠埼の灯台に向かって歩く。

IMG_0764

この海の感じ。いいなぁ。

IMG_0774

犬吠埼灯台。
恐ろしいことに、灯台の写真がこの一枚しかなかった。
道端の変なものばかり撮っていないで、普通の観光写真を撮らないといけない。

IMG_0775

灯台には確か200円で登れる。絶景!

IMG_0776

灯台の中はとても狭く、螺旋階段が渋滞している。
子供やお年寄りがすごくトロトロしているので大変だ。
体力のない人はやめておいた方がいい。

灯台の後、近くにあった回転寿司でご飯を食べた。
回転寿司とはいえ銚子のお店で、チェーンではない。
寿司は回ってはいるものの、おばちゃんやその家の子らしい中学生くらいの子供が注文を聞いていて、全然人件費の節約にはなっていない。回転しないで手で持ってきてくれたりする。あまり回転寿司ではない。
ネタは美味しいけどシャリがちょっとベタッとしていた。
アブラボウズなる深海魚を食べた。銚子であがったものは高級魚らしいけれど、名前の通り油っこくて少し重かった。
でもこの物凄いローカル感を味わえただけで満足。

IMG_0791

また銚子電鉄で笠上黒生駅まで行き、ここから更に散歩。

IMG_0801

港町らしい倉庫がかっこいい。

IMG_0806

ドラム缶。

IMG_0809

この神社っぽいもの、神社と民家が一体になっているようで、無数の鉢植えに囲まれている。
神社は緑が多いものだけれど、鉢植えだらけの神社は初めて見た。
おばちゃんの手作り神社感がすごい。

IMG_0813

遂にだどりついた、銚子ポートタワー。

IMG_0820

中は昭和の観光地感が凄い。
同じタワーでもスカイツリーとは雲泥の差だ。
でもそこがイイ。

IMG_0819

景色は流石に美しい。

IMG_0823

あぁ、今日もまたすぐ日が暮れてしまう。

IMG_0825

地平線に風車が並ぶ。

IMG_0827

ポートタワーを後にし、限界まで散歩する。

IMG_0836

無防備なにゃんこ。

IMG_0839

よく分からないコンクリートの何か。
こういうものが沢山あった。

IMG_0843

タイの食材屋さん。
地元で働いているらしいタイ人の姿を結構目にしたけれど、何つながりなのだろう。
多分漁業関係で働いている人たちではないかと思うけれど。

IMG_0845

港の八百屋さん。

IMG_0850

コーギーが怒られている。

全体として、銚子はとても良いところだった!
気候も穏やかで住みやすいところではないかと思う。ローカルな世界に入ると、なかなか荒っぽそうではあったけれど。
水揚げ日本一の港を擁するだけあって、地方都市としては活気がある。若者や子供の姿も多い。外川のそばには大学もある。
観光名所が沢山あるわけでもないので、車で回るとあっという間に終わってしまいそうだけれど、銚子電鉄と徒歩で散歩するには遊びに行ってもとても楽しい。
素晴らしい場所だった。

写真ブログ 東京風景写真

館山二日目。鋸山日本寺、赤山地下壕、ひたすら歩くの続き。

IMG_0007

ファミリーオ館山で一泊して、朝にそばの海岸を散歩する。

IMG_0013

またカワラヒワがいる。アオバトのように海の水を飲むのだろうか??

IMG_0019

電線にもカワラヒワ。

IMG_0024

太陽電池パネルの上にトビが。

IMG_0030

ホテル全景。
で、ホテルの人が洲崎灯台まで送ってくれる。ありがとうございます。

IMG_0050

洲崎灯台。ここは観光地だと思う。

IMG_0038

絶景。富士山が見える。

IMG_0040

本当に景色がいい。天気も最高だった。

IMG_0042

何か海上に円筒形のものがあるのだけれど、なんだろう。

IMG_0049

ムクドリ。

IMG_0051

洲崎灯台の先まで行くと、「お台場海浜公園」なるものがある。
なんか怪しげな手書きの看板で、しかも有料。
入口では思い切りユンボのおじさんが工事している。
ちょっと迷ったけれど、ここまで来たので入ってみる。

IMG_0053

なんかオブジェっぽいものが並んでいる。

IMG_0055

凄い手作り感。

IMG_0057

「心は丸く」。なんか色を塗った石やら木がゴロゴロしている。

IMG_0058

アート的な何かなのか、良くわからない。まだ作っている途中っぽい感じがする。

IMG_0061

でも眺めは素晴らしい。

IMG_0062

白いアートひろば。やはりアートなのか。

IMG_0065

キャンプ場としては機能しているらしいけれど、散歩で入る人はあまりいなさそう。
入口の奥さんも何だか申し訳無さそうな雰囲気だった。

IMG_0068

「丸く生きる」。丸いのが好きらしい。

IMG_0069

完全に出来上がったら、地中海っぽい雰囲気になって良いのかもしれないけれど。

IMG_0073

庭園風呂なるものもある。

IMG_0076

磯釣りをしている人がいる。

IMG_0079

富士山も見える。

ここから洲崎神社の方にとりあえずブラブラ歩いて行くことにする。

IMG_0090

途中で発見した廃車。

IMG_0092

民宿跡のようなところに、乗用車を乗せたトラックがまるごと廃車になっている。

IMG_0093

結構カッコイイ。

IMG_0111

洲崎漁港。すごく小さな港。おばあちゃんが可愛い。

IMG_0112

猫がいた。

IMG_0113

小さなお社。

IMG_0115

洲崎神社に着いた。

IMG_0116

凄い階段。

IMG_0117

老夫婦が一組登っていたけれど、わたしたちは諦めた。

IMG_0119

ここも海の眺めが素晴らしい。

IMG_0121

旅の間中ウグイスの声が聞こえていたけれど、ここでやっと本体を見られた。
ウグイスはだれでも知っている割に見るのは大変だ。

ここからバスで移動。
この辺りを通っている路線バスは、そのまま東京まで行く高速バスになっている。だから乗り心地がとても良い。

IMG_0131

館山海軍航空隊の掩体壕にやって来た。昨日行った赤山地下壕のすぐそばだったのに、昨日は気づかなかった。

IMG_0134

周りはすっかり畑になっている。掩体壕はいくつもあったのだけれど、今はこの一つしか残っていないそうだ。
写真では見たことがあったけれど、実際に見ると結構感動する。

この近くで、トビとカラスの喧嘩を見た。

一対一だとトビの方が強い。でもカラスはチームプレーでトビをいじめることもある。

IMG_0141

一応看板は立っていたけれど、見に来る人もほとんどいないだろうし、全然目立ったない。
こういう風に生活の中に気も使われずに残っている遺構というのは良いものだと思う。

IMG_0146

そこから歩いて海上自衛隊の館山基地の方へ。

IMG_0149

守衛のおじさんは会釈もしてくれてフレンドリーだった。

IMG_0158

自衛隊の基地沿いの道を通って、高島実験場へ。廃墟ファンには知られた物件らしい。

IMG_0166

水産関係の試験場だったらしい。

IMG_0170

落書きされている。

IMG_0176

なかなかカッコイイ建築。

IMG_0187

これも顧みられてない感じの廃墟で、美しい。
ちなみに立入禁止なので、これは外から撮っています。

その先にある沖ノ島まで行こうと思っていたけれど、炎天下に徒歩、まだ距離があって諦める。
こんなところに歩いてくる人はいない。
修行みたいな旅だ。

IMG_0191

戻る途中の造船所。船の修理をしているところみたい。

IMG_0193

ここにも廃車が。

IMG_0198

道の駅たてやまのそばにある水中観光船まで来た。
道の駅はとても立派なのだけれど、水中観光船はその隣で、チケット売り場が小さな掘っ立て小屋みたいで少し不安がよぎる。
チケットを買うと、「何か割引になるもの、持ってない?」と聞かれる。チラシが割引になるらしいので、それを渡すと、おじさんが「更に割引するから、アルバイトしませんか?」と言ってくる。
何かと思ったら、船まで新品の日章旗を持って行って欲しいという。船につけているのがボロボロで交換したいのだけれど、一人しかいないので持ち場を離れられないとのこと。
お安い御用なので引き受けたけれど、フレンドリーで面白いおじさんだった。
後で考えたら、日章旗なんて急いで替えないといけないものでもないし、営業終了後でも翌日でも良い筈だ。だから、割引してあげるためにわざわざ口実を作ってくれたのかもしれない。
チケット売り場は小さいけれど、おじさんは素敵な人だった。
そしてこのナスのあるところが、遊覧船の乗り場。

IMG_0200

遊覧船がやって来た。小さい。
賢島で乗ったエスペランサ号とは比較にならないほどしょぼい船で、少し不安になる。

IMG_0208

でも出発したら、小さいだけにちょっと揺れる感じとかも含めてとても楽しかった。
これは魚を生きたまま入れておく生簀とのこと。

IMG_0210

アオサギなどのサギ類とウが大量にいる。
歩いている時、上空をアオサギが飛んでいるのを何度か見たのだけれど、地上にはいない。どこにいるのかと思ったら、ここに食餌に来ていたのだ。

IMG_0213

館山城が見える。

IMG_0215

ガット船。砂利を運ぶ船とのこと。

IMG_0216

さっき見た造船所まであっという間に来てしまった。速い速い。

IMG_0221

このおじさんが、色々と説明してくれる。
ただ、別に案内口上が定式化しているわけではない。
遊覧船の類は、船内でアナウンスが流れたりするものがよくあるけれど、船の規模的にもそんな放送はない。
おじさんも、特に説明がミッションとして決まっている訳ではなさそう。
ただ単に、気が向いたからそばにいる人に話しているのだ。
それが異様にフレンドリーで楽しい。
この水中観光船のおじさんたちはみんなイイ人だ。

IMG_0225

さっきの高島実験場も見える。

IMG_0241

水中観光船だから、中はグラスボートになっている。

IMG_0266

上から餌を吊って魚を集めている。

さて、水中観光船が終わって一旦館山駅に戻り、残りの時間で手頃なところを見ようとする。
時間がなかったので、タクシーで舎那院山の磨崖仏に。
観光地図に載っていたので試しに行ってみたのだけれど、タクシーの運転手さんも道がよく分からないマイナー物件。
地元の人に尋ねながらエライ細い山道を入っていったところにあった。

IMG_0275

磨崖仏と言っても、めちゃスケール小さい。

IMG_0276

でも穴場物件っぽくて味わいがあった。

IMG_0279

お墓が倒れている。

IMG_0299

ついでなので、すぐそばにある大巌院というお寺に寄ってみる。タクシーの運転手が檀家さんとのこと。

IMG_0292

このお寺には四面石塔というのがある。
1624年に建立された石塔で、東西南北の各面に、朝鮮ハングル・中国篆字・和風漢字・印度梵字で「南無阿弥陀仏」と刻まれている。
このうちハングルが、現代ハングルのご先祖様的な草創期のもので、とても貴重らしい。

IMG_0293

確かにハングルっぽいものが書かれている。面白い。

IMG_0294

これが日本の漢字。

IMG_0295

中国篆字。

IMG_0296

梵字。

IMG_0301

向こうにタクシーが待っていてくれている。

ここから駅に戻り、また駅周辺を一時間ほど散歩。

IMG_0305

諏訪神社。

IMG_0317

六軒町のサイカチの木。
1703年の元禄地震で津波に襲われた時、この木に登って助かった人がいることから「人助けの木」と呼ばれているという。
でもこの木、せいぜい二階建ての建物程度しかないし、300年も前ならもっと小さかったんじゃないか。捕まって津波から助かるほどの木には見えない。言い伝えということなのかなぁ。

写真ブログ 東京風景写真