Tagged: 犬

機材

ハノイ、人は基本的にぶらぶらして生きている、オッサン解放の続き。
ハロン湾で一夜を過ごし翌朝。

IMG_2644

ホテルの窓から、洋上に浮かぶものすごいリゾート感のあるホテルが見える。

IMG_2645

周囲はまだ工事中。
「ハノイで一番のお金持ち」がこの辺りの土地を買い占めて、大規模リゾート開発しているらしい。遊園地のようなものも建設中だった。
ビーチはほとんど私有地で、勝手に立ち入ることもできない。

IMG_2647

ホテルにあった、なんかポケモンのウツドンっぽいやつら。

IMG_2653

バイクタクシーのおっちゃんらがたむろしている。
挨拶して写真を撮らせてもらうと「乗らないか?」と営業していたけれど、そう言われれるまで気づかなかったほど大人しい。
しつこい客引きは存在はするけど、ベトナムは全般に大したことがないように感じる。まぁあんまり深いとこ行ってないからなんともだけど。

ホテル近くの工事現場っぽいところで廃墟化した取り壊し施設を眺める。

IMG_2657

IMG_2658

IMG_2660

IMG_2661

IMG_2662

IMG_2664

でもやっぱり立入禁止だったらしく、おっちゃんに睨まれて退散する。ごめんなさい。

そしてさらにぶらぶらと散歩していると、売店の前に犬発見! なんかしょぼんとした顔で可愛い!

IMG_2680

遊ぼうとすると、このしょぼん犬が小さく吠えて、中から犬が更に二匹とお兄さんが出てきた。
犬は全部つながれてないけど、「待て」みたいな動作をしたら止まってくれた。
その一匹がフレンドリーで触らせてくれる。

IMG_2684

IMG_2685

IMG_2687

IMG_2690

IMG_2693

お兄さんもイイ人だった。
ひとしきりふれあいさせてもらって、お礼を言って去る。

ホテルに戻ると、クルーズ船が出られることになった、と聞く。
初日に予定していたハロン湾ないの遊覧船観光が台風で二日目にずれ、二日目も出られるかどうかわからない、ということになっていたのだ。
ラッキーなことに、船が出せるようになったとのこと。
ついにメインイベントのハロン湾観光。

IMG_2703

湾内には似たようなクルーズ船が大量に航行していて、船団のようだ。

IMG_2706

ローカルの働くおじさんの船もある。かっこいい。

IMG_2707

なかなか絶景だ。
石灰岩の土地が沈降して侵食され、こういう形になったという。鍾乳洞もたくさんある。

IMG_2715

IMG_2725

IMG_2729

観光用に解放された鍾乳洞に入る。
日本の観光地と一緒で、「あの岩は猿に見えるでしょ」みたいな取ってつけた説明とか逸話がある。

IMG_2743

でもローカルの船が一番かっこいい。

IMG_2745

見えづらいけど、上の写真の左の方、犬が二匹乗っている。楽しい!

IMG_2749

さて、ここからハノイに帰還。バスで3時間くらいかかる。
やっとお天気の昼間に移動になったので、車窓の風景を楽しむ。

IMG_2761

IMG_2762

牛が歩いている。

IMG_2770

こういう共産党っぽい看板が時々あってすごくカッコいい。

IMG_2774

IMG_2779

台風で道が冠水している。

IMG_2787

IMG_2794

ベトナムの地方と言ったら延々と田んぼだけが続いているイメージがあったのだけれど、田んぼはあるものの、道沿いはかなり家が建っている。
民家や自動車修理工場のような店舗、商店が並んでいて、長距離移動のバスから軒先の風景がよく見える。
日本の地方国道の方がよほど「田んぼばっかり」な風景なので、不思議に思っていたのだけれど、kiwi氏に言われて気がついた。
要するにこれは、「旧国道」と国道が分離されていない風景なのだ。
日本の旧国道はかつての街道から発展したものが多いけれど、今では生活道路になっていて、人はそういう道路の周りに済んでいる。一方、国道は問答無用で田んぼの中を突っ切って行く。
しかしベトナムでは、インフラがそこまで発達していなくて、生活道路もトラックがガンガン走る道路も、これ一つなのだ。
そのため、長距離バスからも人の営みがよく見える。
住んでる人はバスとかトラックとか通りまくってたまらんかもしれない。

IMG_2807

歩きスマホどころかバイクに乗りながらスマホをいじっている人が時々いる。

IMG_2810

IMG_2814

ハノイ市内に戻り、自由時間にぶらつく。旧市街中心部。一番ごちゃごちゃしていて面白い。

IMG_2820

すごくカッコいいおじさん。

IMG_2822

IMG_2829

IMG_2848

ホアンキエム湖の祠に行ってみる。ものすごい人。
このホアンキエム湖は、日本で言えば日本橋のような起点となるポジションで、都市間の距離などはこの湖を基準にいしているらしい。
町の真ん中に小さな池がある感じといい、水上の祠といい、すごく不忍池っぽい。

IMG_2857

IMG_2858

IMG_2869

この後、水上人形劇を見る。

IMG_2878

この水上人形劇、ベトナムの地方に伝わる人形劇を収集してハノイ市内の劇場で観光用に上演しているものなのだけれど、すごく面白かった。
全部ベトナム語だけれど、五分くらいの短いストーリーを次々上演していく形式で、内容もコミカルでわかりやすく、全然退屈しない。
個人旅行だったらスルーしていそうなスポットで、この辺はツアーに参加して正解だった。
どこの国でも伝統と言われているものは意外と近代になって整備されたものが多いもので、この水上人形劇もどこまで古いのか怪しいものだけれど、とりあえず外国人が見ても普通に面白いので値打ちがある。

IMG_2880

それから夕暮れのハノイでバイクの写真を撮る。

IMG_2899

IMG_2905

IMG_2908

IMG_2909

IMG_2932

IMG_2946

あっという間だったけれど、短いベトナム観光が終了。

IMG_2985

いつになくお上品でちゃんとしたところだけを巡った観光旅行だったので、ホテルに戻った後に二人で近所のローカルな世界をぶらつく。
物凄い豪雨の中を歩いていると、この写真のような感じのローカルの食堂のお兄ちゃんが声をかけてくれた。
こういうのが楽しい。
そこでメニューもわからず、英語もまったく通じない中、ちょっとご飯を食べる。
ベトナムドンを使いきってしまってUSDしかなく、値段もテキトーに払う。レートもいい加減なので多少ボッているらだろうけれど、それでも十分安いし、こんなに楽しいので全然構わない。わけのわからない言葉の通じない外人にご飯を出してくれてありがたい。
いわゆる第三世界によくあることで、はたらいているのは皆まだ十代っぽい少年少女だ。一人も英語が通じない。中学英語レベルの数字とか「これなに?」すら通じない。
こういうのが一番楽しいので、今度はまた個人旅行でぶらぶらしようかと思う。
日本基準だと極めて不衛生だけれど、まぁ現地の人が食べてるものは大体食べても死にはしない。
ベトナム語を勉強したくなったけれど、声調のある言語は大変だし、敷居が高いなぁ。

写真ブログ 東京風景写真

 狭山市にある智光山公園こども動物園に行ってきた。

IMG_2146

 入り口の時点ですでに正直ちょっとしょぼい。まぁ市立なので、スケールは期待してはいけない。
 キレイ度や飼育環境的には大宮公園小動物園クラスだと思った方が良い。
 この間行った埼玉県こども動物自然公園の素晴らしさとは比べるべくもない。

IMG_2150

 とりあえず触れるコーナーへ。
 おおお、ヤツらがスタンバってますぜ。

IMG_2151

 しかしこの日は連休中でちびっ子も多く、暑すぎてヘバッていたのもあってふれあいは断念した。

IMG_2157

 ミーアキャット。

IMG_2162

 ホンドタヌキ。

IMG_2170

 ワオキツネザル。

IMG_2173

 イイ顔が撮れた。

IMG_2176

 暑さでワラビーもまったくやる気がない。

IMG_2181

 カピバラ親子が水につかっている。

IMG_2185

 この人たちのつかっている水風呂には自らのうんちが沢山浮かんでいた。
 銭湯だったら出禁やで。

IMG_2189

 うま。

IMG_2195

 この日一番インパクトがあったのがこのブラジルバク。

IMG_2198

 もんすげー顔してまんな。

IMG_2201

 夢を食べてこの顔とは、世の中ロクな夢がないんやろな。

IMG_2223

 お魚。

IMG_2227

 コバトンが何を訴えたいのかわからない。「不正軽油の ・ ・ ・ は です」。

IMG_2229

 で、これは乗り換え駅の秋津付近。秋津はすごくフロンティア感があって面白い場所で、ここにはまた写真だけ撮りに行きたい。
 シブい看板だけれど、

IMG_2240

 上にはツバメの巣が。
 ツバメは民家の軒下に巣を作るものだけれど、それにしても近い。
 なぜか秋津駅周辺にはとてもツバメの巣が多く、それもこのように手の届くような位置に見られた。

IMG_2247

 だんご・和菓子。

IMG_2252

 うなぎ。

IMG_2257

 お留守番。

写真ブログ 東京風景写真

銚子に到着した前日から一夜明け、銚子電鉄で外川港を目指す。

IMG_0633

銚子電鉄は江ノ電のような可愛い電車。
単線でこの車両一つが行ったり来たりしている
この電車目当てにやって来た鉄道ファンが写真を撮ったりしている。
車で来るより断然銚子電鉄をエンジョイした方が良いと思う。

IMG_0628

銚子電鉄の車掌さんがすごい可愛かった!

IMG_0636

終点の外川駅に到着。

IMG_0637

古い車両が展示してある。

IMG_0638

この車両も観光客に人気。

IMG_0644

ここから少し下ると外川港。
この下り坂がすごく素敵。

IMG_0648

IMG_0658

漁協の建物がシブい。
核戦争後みたいだ。

IMG_0651

いかにも漁港ライクなお家とおっちゃん。
この後、この家の犬にすごい吠えられた。

IMG_0669

IMG_0671

海沿いに散歩していく。
9月の連休だけれど、日差しが強くて暑い。

IMG_0675

千騎ヶ岩・・だったと思う。
こういうゴツゴツした岩が古い地層から出ている。

IMG_0677

IMG_0682

この左手に見えるのが犬岩。
立ち入り禁止の桟橋だけれど、釣り人や観光客が余裕で入っている。

IMG_0696

さて、しばらく散歩して外川港に戻ってきた。
目的はこのイルカウォッチング。
遠目にはクリーニング店か何かに見えた。イルカのマークも然り、「ウォッチング」が「クリーニング」に見える。

IMG_0702

そう、目的はこのイルカ・クジラウオッチングだったのだ。
このフリッパー号に乗って、イルカやクジラを見に行けるのだ。
今の時期は沿岸ウォッチングで1時間半、3500円、スナメリが見られるという。

IMG_0704

沖に出るまで中の座席に座っているけれど、ここの手作り冊子が凄く可愛い。
所長兼船長さんのおっちゃんの他は若い娘さんたちがスタッフで、皆一様にすごい日焼けしていて健康的。
当たり前といえば当たり前かもだけれど、揺れる舟の上でもすごく安定して立っていられる。プロだ。

IMG_0712

沖の方に東電が実験的に建設しているという海上風力発電所がある。

IMG_0705

沿岸の方にも多くの風力発電用の風車が見える。どこか未来的だ。

で、肝心のスナメリだけれど、一応見られることは見られた。
ただ海面に姿を現すのは一瞬で、とても写真など撮れない。スナメリは特に最大にジャンプしてもやっと体全体が見える程度らしく、息継ぎにひょいと背中を見せた時しか見られない。
また、この日は餌の魚が沖合に出ているとかで、あまり「アタリ」の日ではなかったようだ。
全く見られなかった回では次回割引のチケットがもらえるらしい。
また別の時期の沖合ウォッチングなどに参加してみたいと思った。

海上で寒いかと思っていたけれど、日差しも強く寒くはなかった。
ただ、この手の「素人でもパッと乗れる」系の船、遊覧船などと比べるとちょっと揺れる。
波もなく海の人々からしたら全く揺れているうちには入らないのだけれど、素人で船酔いし易い人などは酔い止めなどを用意していった方が良いと思う。
一時間半の短い船旅だけれど、エンジンかけっぱなしで結構ぐるぐる回るし、エンジン音の振動も気持ち良いものではなく、またほとんどみんな船べりに立ちっぱなしなので、ちょっとくたびれる。

IMG_0723

港に戻ると、ここで飼われている「カイ」という犬が車の下で涼んでいた。
ヒモも繋がれておらず、のびのび過ごしている。
こんな犬世界が素晴らしい。田舎に住みたくなる。

IMG_0726

外川港近くにあった廃墟。蔵の跡らしい。

IMG_0732

わんわん。

IMG_0734

坂の郵便局。いいなぁ。

IMG_0740

ここからまた銚子電鉄で犬吠埼駅に行くと、駅前でパフォーマンスの人たちがいた。

IMG_0744

マンドリンで演奏している。

IMG_0758

犬吠埼の灯台に向かって歩く。

IMG_0764

この海の感じ。いいなぁ。

IMG_0774

犬吠埼灯台。
恐ろしいことに、灯台の写真がこの一枚しかなかった。
道端の変なものばかり撮っていないで、普通の観光写真を撮らないといけない。

IMG_0775

灯台には確か200円で登れる。絶景!

IMG_0776

灯台の中はとても狭く、螺旋階段が渋滞している。
子供やお年寄りがすごくトロトロしているので大変だ。
体力のない人はやめておいた方がいい。

灯台の後、近くにあった回転寿司でご飯を食べた。
回転寿司とはいえ銚子のお店で、チェーンではない。
寿司は回ってはいるものの、おばちゃんやその家の子らしい中学生くらいの子供が注文を聞いていて、全然人件費の節約にはなっていない。回転しないで手で持ってきてくれたりする。あまり回転寿司ではない。
ネタは美味しいけどシャリがちょっとベタッとしていた。
アブラボウズなる深海魚を食べた。銚子であがったものは高級魚らしいけれど、名前の通り油っこくて少し重かった。
でもこの物凄いローカル感を味わえただけで満足。

IMG_0791

また銚子電鉄で笠上黒生駅まで行き、ここから更に散歩。

IMG_0801

港町らしい倉庫がかっこいい。

IMG_0806

ドラム缶。

IMG_0809

この神社っぽいもの、神社と民家が一体になっているようで、無数の鉢植えに囲まれている。
神社は緑が多いものだけれど、鉢植えだらけの神社は初めて見た。
おばちゃんの手作り神社感がすごい。

IMG_0813

遂にだどりついた、銚子ポートタワー。

IMG_0820

中は昭和の観光地感が凄い。
同じタワーでもスカイツリーとは雲泥の差だ。
でもそこがイイ。

IMG_0819

景色は流石に美しい。

IMG_0823

あぁ、今日もまたすぐ日が暮れてしまう。

IMG_0825

地平線に風車が並ぶ。

IMG_0827

ポートタワーを後にし、限界まで散歩する。

IMG_0836

無防備なにゃんこ。

IMG_0839

よく分からないコンクリートの何か。
こういうものが沢山あった。

IMG_0843

タイの食材屋さん。
地元で働いているらしいタイ人の姿を結構目にしたけれど、何つながりなのだろう。
多分漁業関係で働いている人たちではないかと思うけれど。

IMG_0845

港の八百屋さん。

IMG_0850

コーギーが怒られている。

全体として、銚子はとても良いところだった!
気候も穏やかで住みやすいところではないかと思う。ローカルな世界に入ると、なかなか荒っぽそうではあったけれど。
水揚げ日本一の港を擁するだけあって、地方都市としては活気がある。若者や子供の姿も多い。外川のそばには大学もある。
観光名所が沢山あるわけでもないので、車で回るとあっという間に終わってしまいそうだけれど、銚子電鉄と徒歩で散歩するには遊びに行ってもとても楽しい。
素晴らしい場所だった。

写真ブログ 東京風景写真