Tagged: 牧場

機材

伊香保グリーン牧場に行ってきた。
伊香保グリーン牧場は渋川駅からバスで約20分。北関東エリアにはファミリー牧場や動物系施設がいくつもあり、わたしも相当行っているけれど、その中でもかなりアクセスが良い。
バスの本数も一時間に3本くらいあるので、新幹線を使えば東京圏からでも2時間ちょっとで着ける。

DSC_0006

動物系施設にも色々なタイプがあり、珍しい動物を展示している動物園系、サファリパーク系、普通の動物と触れ合える小動物園系、ファミリー牧場系、動物ショーを見せるところ、等々がある。
伊香保グリーン牧場はだだっ広い一方、特別変わった動物がいるわけではない。小岩井農場まきば園に似ている。

DSC_0021

山羊さん。

DSC_0022

この山羊が柵を食べていた。

DSC_0027

内側のペンキを塗っていないところが美味しいらしい。なぜペンキを塗るのか釈然としていないだろう。

DSC_0034

牛さん。

DSC_0043

羊は懐いていて、有料で餌を買ってあげられる。

DSC_0047

羊さん。

DSC_0054

この被り物をしている羊は、かなり賢く、後でショーの中で活躍していた。

DSC_0062

さて、伊香保グリーン牧場の最大の目玉はシープドッグショー。これも小岩井農場まきば園と一緒だ。
牧羊犬にも色々なタイプがいるそうだが、伊香保グリーン牧場で主に活躍するのはニュージーランド・ハンタウェイという、吠えて追い立てるタイプ。ストロング・アイ・ヘディングドッグという、睨みで囲い込むタイプもいる。小岩井農場まきば園は吠えないタイプだったと思う。

DSC_0077

凄く広いエリアから、巧みに羊を誘導してくる。凄い。
実際の牧場はもっと広いのだろうけれど、牧羊犬がいなかったら到底羊なんて管理できない。向こうの方に行っちゃったら、絶対諦めると思う。

DSC_0081

羊は「どっこいしょ」と座る姿勢にすると、大人しくなってしまう習性がある。このポーズで毛刈りなどをする。
最初にコレに気づいた人は凄い。
「おい見ろよ、こうやって座らせると動かないぜ!」とか、めっちゃ盛り上がったに違いない。

DSC_0094

この羊はちょっと芸も覚えていて、人気者だった。

DSC_0099

犬は羊を追うのは得意でも、接客はあまり得意そうではなかった。

DSC_0113

大勢の人のところに来ると、毎日やっている筈なのにちょっと居心地が悪そう。

DSC_0118

レンタル羊を散歩できるサービスもある。

DSC_0126

牧場横にはハラ・ミュージアム・アークがあり、両方入ると割引になる。
波がザバザバ来るインスタレーションが良かったけれど、公式サイトがflashで使いにくくて、アーティスト名が分からない。
とにかく、アート系のサイトはやたらflashでイライラする。美術館そのものもあまり好きではないけれど。

伊香保グリーン牧場には、うさぎを抱っこできるコーナーもあったけれど、入場料にプラスして利用料がかかり、しかもうさぎがなんだか落ち着かなくて、あまり良くなかった。区立動物園の方がいい。
うさぎがまだ二ヶ月くらいの赤ちゃんだったせいかと思う。
わたし自身うさぎを飼っていたことがあるけれど、あれはちょっとせわしなさすぎるし、服を噛まれるので、大人は気をつけた方がいい。

写真ブログ 東京風景写真

岩手県にある小岩井農場まきば園に行ってきた。あまり写真を撮らなかったけれど、ご報告。

DSC_0101

盛岡駅から路線バスで30分くらい。一時間に1、2本ある。小岩井駅というJRの駅が最寄りで、そこからもバスがあるのだけれど、乗り継ぎを考えると盛岡からバスで行った方が楽だと思う。
一面に菜の花が広がり絵本の中のよう。

DSC_0114

岩手でとても印象的だったのが、遠くにいつも大きな山が見えること。5月なのに積雪が残っている。すごく壮大でジーンと来る。

DSC_0115

小岩井農場まきば園は、小岩井のリアル農場の脇にある公園施設のような感じで、とにかくだだっ広いが、牧場のイメージに反して動物はそれほどいない。
考えてみれば、リアル牧場なら牛や羊などの限られた動物がいるだけで、動物園の触れ合いコーナーのようなものではない。
でも、少し触れ合い用の動物もいる。ミニチュアホース?が羊のようなホワホワの毛並みで可愛かった。

DSC_0118

園内には小川が流れていて、おたまじゃくしがアホほどいる。

DSC_0150

小岩井農場まきば園の見ものは、なんといっても羊ショー。牧羊犬が羊をうまく操ってゲートをくぐらせたりする。

DSC_0163

このワンコが本当に賢くて、柵もぴょーんとジャンプして乗り越えてしまうので驚いた。予想以上の凄さだった。
どうも犬は三種類から八種類の号令を覚えていて、羊飼いの犬笛や杖の動作、掛け声などに合わせて動いているようだ。「時計回りに羊の周りを走る」「反時計回り」「止まって羊を睨む」などの動作があり、これを組み合わせて追い込んでいくらしい。だから実は羊飼いのスキルが相当要求されるのだと思う。犬も凄いけどお兄さんも凄い。見事に誘導されている羊が面白い。

DSC_0178

小岩井農場まきば園に行ったら絶対見た方が良いのが、まきば園の向かいにある上丸牛舎だ。こちらはリアル牧場で、明治の頃に作られた牛舎が保存され現在も使われている。

DSC_0184

建物がかなり見応えがある。一見台風でも来たら一たまりもないように見えるが、ずっと残っているのだから頑丈なのだろう。映画の場面のようだ。

DSC_0188

並ぶモーモー。

DSC_0191

牛舎の外もリアル農場で、牛さんが草を食んでいる。

DSC_0212

この日は小岩井農場からも程近い盛岡つなぎ温泉というところに泊まった。御所湖という湖のほとり。
小岩井農場から5kmほどだが、直通のバスがないようで、一回盛岡に戻ってから来た。タクシーでもそれほどかからないかもしれない。

DSC_0230

旅染屋山いちという旅館に泊まったのだけれど、ここがとても良かった。
ボロっちいひなびた温泉宿希望なら違うけれど、旅館だけれど小奇麗で、廊下に真新しい畳が敷き詰められていたり、外国人受けしそうな宿。食事がめちゃくちゃ美味しくてボリュームもあって凄かった。贅沢しすぎた・・・。

DSC_0224

写真ブログ 東京風景写真

那須の南ケ丘牧場に行ってきた。
那須高原には触れ合い牧場系の施設がいくつもあるが、車がないとアクセスに苦労する場所が多い。特にアルパカ牧場はシャトルバスもなく、未だに到達できていない。
その点、南が丘牧場は路線バスのバス停が近いので、アクセスし易い。那須塩原か黒磯駅からバスで、一軒茶屋というバス停で降りると徒歩十五分くらいだ。

DSC_0044

ここはヤギ・羊コーナー。
牧場自体は、思っていたより規模が小さかった。全体に入り口から下り坂の斜面になっていて、入り口付近はレストランやアイスクリーム屋など、一般施設がある。これが目立つので、牧場という雰囲気ではない。連休中だったため非常に人が多かった。
良い点としては、南ケ丘牧場自体は入場無料。それぞれのコーナーで入場料が必要だが、良心的な価格だ。

DSC_0060

ヤギ、羊、うさぎなどの平凡な草食系が中心なので、動物の種類だけなら板橋区立こども動物園と変わらない気もするが、全体的に動物が生き生きしていて毛並みも良い。
南ケ丘牧場の特に良かったところは、ヤギや羊の赤ちゃんがいたところだ。
抱っここそできないが、自由に触ることができる。
赤ちゃんヤギがおっぱいを吸っているところも普通に見られる。

DSC_0065

別途餌を購入して、餌やりすることもできる。
赤ちゃんヤギや羊が人気で、みんな赤ちゃんに餌をやりたいのだが、横から大きな羊がノソッと入ってきて全部食べてしまったりする。

DSC_0081

赤ちゃんヤギは本当に可愛い。丸太の上で突きっこして遊んでいたりする。
触れるコーナーの端からは外の草にも首が届くので、別に餌を貰わないでも勝手に各自食べていたりする。

DSC_0091

ロバや馬に乗れるコーナーがある。ロバは一人が乗って、一人が引っ張る。別にお姉さんが引っ張ってくれたりしない。逆に言えば、一般人がロバを引いて遊ぶことができる。ロバは結構頑固で、気合いを入れて引っ張らないと歩いてくれない。
ロバの看板がシュール。

DSC_0102

うさぎレンタルコーナーでは、うさぎを四十分間借りられる。
どのうさぎも毛並みが良くて元気。子供を降りきってダッシュしているうさぎもいた。

那須の動物施設は、この南が丘牧場の他、那須どうぶつ王国、千本松牧場、那須サファリパークに行ったことがある。
それぞれの施設でコンセプトが違うので、一概に比較はできないのだけれど、全体的な評価では那須どうぶつ王国が一番オススメだ。羊やヤギ、うさぎとの触れ合いの他、犬や猫の触れ合いコーナーもあり、一方で珍しい動物を展示した施設、ドッグショー、ラクダに乗れるコーナーもあり、「触れ合い」「珍しいものを見る」「ショー」のすべての要素を堪能できる。
千本松牧場は、確か百円くらいで入場できる公園のおまけ施設のような感じで、気軽だけれど、それこそ板橋区立こども動物園とあまり変わらない(ただうさぎのレンタルがある)。
南ケ丘牧場は、両施設の中間くらいのレベルだった。那須で動物をせめるなら、どうぶつ王国と併せて訪れると良いと思う。
ちなみに、さくらあんソフトクリームがとても美味しかった。

写真ブログ 東京風景写真