Tagged: 温泉

機材

伊香保グリーン牧場に行った後、すぐ近くの伊香保温泉に寄ってきた。
温泉には入らず、ただ温泉街をブラブラしただけ。

DSC_0138

古い温泉街の看板は渋い。

DSC_0140

坂道が多くて散歩は少し大変。

DSC_0149

ロープウェイで見晴台まで登れる。

DSC_0151

頂上まで登るとすっかり雪景色。すごく寒い。

DSC_0155

見晴からの眺め。

DSC_0158

ロープウェイの駅にいたタヌキが妙に前傾姿勢で良かった。マイケル・ジャクソンぽい。

DSC_0164

パチンコ屋だったらしい。

DSC_0168

DQNっぽい落書き。風物詩。

DSC_0174

こういう細い坂道は美しい。でも歩くと普通に疲れる。

DSC_0177

「ゆるすまい どんな小さな 迷惑も」。
こんなに心の狭い標語は初めて見た。許そうや。

写真ブログ 東京風景写真

下諏訪から上諏訪に移動。諏訪湖を見るなら上諏訪駅が一番近い。ここも温泉街で、間欠泉でも有名。

DSC_0398

雨の上諏訪駅前。丘の少し上がもう煙っている。なかなか何もない駅前だ。

DSC_0415

ナイトイン孫悟空。

DSC_0426

諏訪湖。
遊覧船やボートなどもあるのだけれど、この日は雨の上肌寒く、乗る気にならない。湖面はひたすら白い。

DSC_0431

お目当ての間欠泉。
この間欠泉、吹き出した当初は50mも噴出して、相当な迫力だったらしい。間欠泉のそばにある間欠泉センター内で流れているビデオでは、確かに豪快に吹き出している。さぞ見物だっただろう。
しかし年々噴出力は衰え、現在はコンプレッサーで水の層を取り除いて誘導して、やっと五メートルくらい吹き出る程度だという。
大体、間欠泉の噴出間隔がきっちり一時間半ごとで、しかも二時とか三時半とかキリのいい時間になっていて、さらに最終回は夏季と冬季で予定が違う。どう見ても自然じゃない
それでもせっかくなので見ていきたくて、じっと待っていると、吹き出るしばらく前になるとアナウンスが流れる。
ものすごい「中身ロボ」感だ。
吹き出る時は、ブオオオォォッ!と音がして、さすがに迫力はあるのだけれど、どう見ても五メートルも上がっていない。せいぜい三メートル程度だと思う。
可哀想な間欠泉。
ちなみに、間欠泉のすぐ近くには足湯があって気持ちが良い。

DSC_0436

場末っぽいヌード劇場。

DSC_0446

笠森稲荷さん。駅の近くにあった。

写真ブログ 東京風景写真