Tagged: 河原

機材

取手駅周辺を散歩。すぐ近くを利根川が流れていて、河川敷にはグラウンドやゴルフ場が連なっている。

DPP_0005
利根川のヤブにいたオオヨシキリ。

DPP_0006
かなり大声で、特徴的な鳴き方をする。声は聞こえても、ヤブに隠れていてなかなか撮れない。

DPP_0007
商店の庇の枠になってるとこを巣にしてるツバメ。

DSC_0696
まだかなー。

DSC_0706
案外デカイの来たでコレ。

DSC_0714

DSC_0716
オカン「いけるやろコレ」
太郎「んま」
トンボ「Oh…」

取手駅にはやたらとツバメの巣があった。

写真ブログ 東京風景写真

北朝霞。武蔵野線と東武東上線が交わっていて、東武東上線だと朝霞台という駅になる。朝霞市は荒川の南側にあるけれど、埼玉県。この辺りは行政的には朝霞市と志木市と新座市が入り組んでいる。
駅間の長いことの多い武蔵野線の中でも、北朝霞と西浦和の間は、荒川を挟むだけ距離があるように思う。それにしても武蔵野線の駅には南浦和とか東川口とか、「方角+地名」型が多い。元々僻地だったところをつないでいる電車なのだろう。それだけに、散歩すると面白い風景に出会うことが多い。

DSC_0262

女子高生。

DSC_0284

朝霞浄水場。埼玉県なのに東京都水道局の施設。

DSC_0306

自動販売機とお兄さん。ちょっと睨まれた。

DSC_0329

工事中のお兄さん。

DSC_0339

少し駅から離れると農地や空き地がかなりある。工場はそれほどない。アグリカルチュラル埼玉。

DSC_0344

新河岸川(しんがしがわ)。川なのに河岸とはこれいかに、と思ったら、昔は江戸と川越をつなぐ舟運ルートで、河岸場が沢山作られたから新河岸川らしい。江戸時代に大改造されたサイボーグ河川。
東京の「自然」には、こういうサイボーグ河川がとても多い。わたしたちが「自然」だと思っているもののほとんどは、手付かずの自然ではない。むしろ手が加わっているからこそ安心できる「自然」になっているのだろう。江戸時代の人は凄い。

DSC_0349

新河岸川の河原付近に、ホームレスらしき人々が結構住み着いている。新宿なんかより圧倒的に良い環境だけれど、働かないと食べ物をゲットするのは難しいのだろう。こういう人たちもホームレスなのだろうか。多分労働しているけどアパートに住むお金がない、という階層の人々で、自力で「家」は作っているのだから、立派なものではないかと思う。人類の基本的な姿じゃないか。

DSC_0356

放し飼いのニワトリがいた。多分ホームレスの人が河原で飼ってるんだと思う。素晴らしい。

DSC_0362

同じ形の家々。

DSC_0364

鳥居と埋まった電線。
こういう「ゴミ捨てるな、用足すな」プレッシャーをかけるための鳥居というのは、日本中どこにでもあると思うが、浦和近辺では特に多く見かける。何か文化的な要素があるのだろうか。

DSC_0377

自転車高校生と変なポーズの幼女。

DSC_0396

墓。
一般に墓というのは、寺院などの所有地に「墓地」として集合的にまとめられている場合が多いが、何故か北朝霞近辺では、こうした「独立系」の墓をいくつも見かけた。駐車場くらいのノリで、ポツンと数件だけ墓がある。畑の隅に一つだけ墓があるところもあった。こういう墓の方が素敵だと思う。

DSC_0412

雀。
この近辺は、農地と河原のせいか、雀がかなり多い。対してカラスはそれほどでもない。他の野鳥は思ったほど多くなかった。

散歩コース。

写真ブログ 東京風景写真

府中は昔住んでいたこともあって、割と馴染みが深い。府中で散歩するなら府中崖線だ。崖線というのは川で削られた跡というか、川に運ばれた土砂の積もっているエリアとその外側の境目みたいなものらしい、ということは今検索して知ったのだけれど、見た目的には小さな崖か段差のようなものだ。府中崖線をよく散歩していた頃には、崖線というのが何なのか知らなかったし、最初は「府中崖線」という認識すらなかったのだけれど、その周囲は緑や湧き水が多く、言われないでも何となく寄付いて散歩したくなる不思議なパワーの感じられるラインなのだ。パワースポットじゃなくてパワーライン。パワーライン、流行らないかしら。
散歩する時は、何故か緑の残っている場所とか、段差とか高低差みたいなものを感じながら歩くと面白い。大抵それは街の歴史や土地の形成に関わっている。
と言いつつ、写真は府中崖線とは特に関係ない。

DSCN3423

府中競馬場。ウルトラマンに出てくる基地みたいだ。

DSCN3449

河原ヘッドホン。

DSCN3451

対称野手。

DSCN3480

上の部屋では、おじいちゃんが即身仏になる修行をしていて、隕石が降ってきた時には上だけ離脱する。

DSCN3496

田んぼ野球少年。

DSCN3508

時計草。

写真ブログ 東京風景写真