Tagged: 川

機材

 長瀞に行ってきた。

IMG_1845

 駅から少し歩くと荒川。荒川も上流はこんなに細くて綺麗。

IMG_1846

 連休中だけあってかなりの人。
 駅から川までは飲食店や土産物店が並んでいて、かなり栄えている。

IMG_1847

 なぜかブタさんを散歩してる人がいた。

IMG_1849

 一本となりの道にいくと、こちらは廃れていて、廃店舗が見られる。

IMG_1854

 大正館の並びの土産物店。

IMG_1856

 カラオケ店跡、ともしび

IMG_1863

 長瀞グリーンホテル

IMG_1867

 ここも廃業している。
 と、廃墟ばかり並べてしまったけれど、一本となりのメインストリートは非常に賑やかで、廃れている感じは全然ない。

IMG_1872

 この後は定番の長瀞ライン下りをエンジョイ。上流側のAコースにした。

 船頭さんが独特のイントネーションで面白い。定番の口上なんだろうけれど。

IMG_1878

 長瀞駅から西の方にしばらく歩いて、宝登山神社へ。

IMG_1880

 その宝登山神社近くのロープウェーから山上に登る。

IMG_1934

 ロープウェー。

IMG_1928

 山上駅から更に歩く。景色は良い。

IMG_1926

 宝登山小動物公園に到着。
 それにしても、この宝登山小動物公園は車以外のアクセスがなかなかキツイ。
 ロープウェーの駅まで長瀞駅から結構歩く上、宝登山神社から山麓駅までも登りが大変。そして山上駅からも結構歩かないと動物園まで辿りつけない。
 せっかくロープウェーがあるのに、全然動物園前には直行してくれない。

IMG_1885

 なんかグッタリしてるやつ。

IMG_1889

 この動物園自体の中もアップダウンがキツイ。

IMG_1890

 鹿がぼんやりしている。

IMG_1898

 なんかだだっ広いところにテキトーに猿とか鹿がいる感じ。

IMG_1896

 正直、今時の動物園の基準からすると、かなりショボいし環境も良くはない。

IMG_1900

 いかにも昭和の動物園。

IMG_1903

 でもそういう昭和っぽいショボさが味だったりする。

IMG_1906

 お猿が手をのばす。

IMG_1915

 鹿さん。

IMG_1927

 また山の中を戻る。

IMG_1936

 ロープウェーで山麓駅に戻ってきた。

IMG_1939

 眼下に明らかに使われていないプールが見える。

IMG_1942

 コスモショア長瀞というプールだった。

IMG_1943

 なかなかカッコイイ。
 現地の人にとってはこういう使われていない施設はお荷物なのかもしれないけれど、個人的には普通に観光して遊んだ上に、廃墟まで目撃できて一石二鳥な感じだ。
 むしろこの手の物件があった方が観光地として行ってみたくなる。
 小奇麗なものだけ見たいなら都会の方が良いし、むしろ地域の歴史や変遷が感じられて面白い。

IMG_1954

 歩いていると、ライン下りの舟がトラックに乗せられていた。
 舞台裏では、川下に下った舟をトラックで川上に運びあげているのだ。
 車のない時代はどうしていたのだろう。牛馬で運河のように上っていたのだろうか。
 昔の人は偉かった。

写真ブログ 東京風景写真

見沼田んぼ三室地区に行ってきた。
地図でいうとこのあたり。もともと広大な湿地だった見沼の一部で、現在でも芝川のまわりに田んぼが残っている。
北浦和からさいたま市立病院行きのバスが頻繁に出ているので、アクセスは良い。その割に色々野鳥も見られて良い場所だった。
ただ、田んぼの中の細い道を結構車が通っているのでちょっと恐い。事故には気をつけたい。
以下、野鳥の名前は例によって覚束ないので悪しからず。

IMG_0017

モズ。

IMG_0022

モズ。

IMG_0029

ヒバリ。たぶん番い。

IMG_0048

IMG_0055

IMG_0067

ハクセキレイ。

IMG_0076

シルエットだけどツグミ。

IMG_0078

ヒヨドリ。

IMG_0082

お社があった。

IMG_0084

ホオジロ。

IMG_0090

IMG_0097

番いだと思う。右がメス。

IMG_0105

こっちはホオジロのオス。

IMG_0106

ホオジロのオス。

IMG_0118

ホオジロのメス。

IMG_0127

ホオジロのメス。

IMG_0129

芝川。

IMG_0137

アオサギ。

IMG_0140

オオバンとコガモ。

IMG_0144

コガモ。

IMG_0149

またホオジロ。

IMG_0151

ホオジロ。

IMG_0152

三室の風景。

IMG_0155

ジョウビタキ!

IMG_0160

ジョウビタキ。

他にキジ、アカハラがいたけれどわたしは写真に撮れなかった。通りすがりの方によるとカワセミもいるらしい。多分カワラヒワもいたけれど姿は見えなかった。
そばにさいたま市立浦和博物館という古い小規模な博物館があり、トイレを借りることもできる。そのために入ったら、なかなか渋くてイイ感じの施設だった。見沼の歴史などが分かる。
トイレだけならすぐそばに真新しい公園ができているので、素直にそっちを使った方が良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真

埼玉県坂戸市にある浅羽ビオトープに行ってきた。
坂戸駅から1.5kmほど。高麗川の河川敷に散策路が整備されている。
以前は駅からの周回バスが近くを通っていたらしいが、今は廃止されている。歩いても遠くない。
例によって鳥の名前は違ったらゴメンナサイ。

IMG_0002

カルガモとマガモ。

IMG_0009

シジュウカラ。

IMG_0014

シジュウカラ。
平日だったが、大砲を持った鳥おじさんたちをチラホラ見かける。何を狙っているのかな、と思ったら・・。

IMG_0037

ベニマシコ。初めて見た。嬉しい。

IMG_0042

ベニマシコ。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。

IMG_0047

鳥おじさんたちは横の木についている針金が絵的にアカンと言っていたけれど、こっちは初心者なので気にしない。

IMG_0054

何かイネ科植物っぽいものを食べている。

IMG_0065

アトリの仲間っぽくクチバシが太い。

IMG_0072

嬉しいので何枚も載せてしまう。ベニマシコベニマシコ。

IMG_0073

もぐもぐ食べるよベニマシコ。

IMG_0077

まだまだ食べるよベニマシコ。

IMG_0080

デジタルズーム領域に入るとさすがに画質が悪いけれど気にしない。
相変わらずCanon PowerShot SX50HSで鳥を撮っているけれど、最近はさすがに不自由を感じるようになった。
鳥おじさんのように一眼レフに大砲レンズとかデジスコというほど本格的にやる気はないけれど(経済的・機動力的に)、もうちょっとグレードの高いカメラを使っても良い気がする。ミラーレス一眼系で鳥装備があったらいい。
PowerShot SX50HSはとにかく手軽で便利なのだけれど、画質はともかく操作性、ファインダーに難がある。もう、ファインダー全然見えない。

IMG_0087

カワセミがいた!
バシャッと水面に飛び込む瞬間が見られたけど、写真が撮れたのはこの一枚だけ。

IMG_0089

歩いていると、落鳥の残骸があった。一部のパーツしか残っていない。
浅羽ビオトープにはイタチがいるらしいので、やられたのかもしれない。猫かもしれない。死んだ後に食べられた可能性の方が高い気がするけれど。

IMG_0104

エナガ。丸い! かわいい!

IMG_0108

最初シジュウカラかと思って撮っていたらエナガだった。かわいいのう。

IMG_0116

メジロ。

IMG_0121

口を開けたメジロ。

IMG_0124

まだメジロ。

IMG_0133

おお、ガビチョウだ!
何枚も撮ったのにピンボケばかりだったけれど、珍しいので載せる。スズメ目チメドリ科。

IMG_0138

ガビチョウのつがい。
「特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種」とのこと。篭脱けして増えたらしい。
言われてみると侵略者っぽい顔だけど、多分気のせいだと思う。

IMG_0146

ホオジロ。

IMG_0152

ホオジロ。別に珍しい鳥ではないけれど、初心者なので嬉しい。

IMG_0178

高い木のてっぺんにアオサギがいた。

IMG_0186

夕日を浴びるアオサギ。かっこいい。

IMG_0191

愛。

IMG_0194

雲と光線。

IMG_0197

猫。

全体的に非常に有意義だった。
川越方面はいつも運が良い。相性が良いのかしら。
本格鳥ファンからみればどうということはないのだろうけれど、個人的には初めて見た鳥もあってとても良い場所だった。

写真ブログ 東京風景写真