Tagged: 子供

機材

都内にある小規模動物園の中でも特に素晴らしい江戸川区自然動物園。前回に続いて二度目の訪問。
ここは規模は小さいながらも綺麗で、動物の飼育環境も良いように感じる。
触れるコーナーにはうさぎ、てんじくねずみ、羊、山羊などの定番動物以外に、ニワトリやアヒルがいる。
しかも順番にだっこさせて貰うのではなく、コーナーの中でかなりフリーダムにだっこしまくれる。
ちなみに、公式サイトの「ふれあいコーナー」紹介ページを見ると、羊や山羊は「あかね」とか「さくら」とか個人名なのに、モルモットやうさぎは単に「モルモット」とか書かれている。自他融合の境地に達しているということだろう。

DSC_0002

もちろん、最大の目的はこの触れるコーナー。
大人としては遠慮してできれば子供の少ない時に行くべきだが、アホなので日曜日に行った。
しかし負けない。

DSC_0006

江戸川区自然動物園の触れるコーナーにはコールダックがいる。小さめのアヒルだ。
こいつが可愛い。
触ろうとしたら、手を伸ばしたところでプルプルし始めたので、「これは怒ってるな」と思ったら案の定噛まれた。
良い子は無理に触ろうとしてはいけません。

DSC_0011

羊と戯れるお子様。

DSC_0033

この子がニワトリを実に愛おしそうにずっと抱いていて、とても可愛らしかった。うさぎではなくニワトリをこんなに愛せる子は、立派な大人になるに違いない。
こいつはシャモだと思うけれど、見た目に似合わず大人しく抱かれていた。
すごく毛並みが良い。

DSC_0049

この子のてんじくねずみ(モルモット)愛も素晴らしかった。分かるぞ、その気持ち!

DSC_0050

しかしてんじくねずみ本人は解脱しているので何も分かっていない。

DSC_0079

立派なニワトリ様。

DSC_0096

ペンギン。こんにちは。

DSC_0100

サイチョウという鳥。
こいつは頭の上に巨大なリーゼントのようなパーツがついていて、さっぱり意味が分からない。くちばしが折れた時にスペアに使えそうだ。
でもよく考えると、人間のリーゼントだって意味が分からないから、要するに世の中意味の分からないものばっかりだ。青春だ。

江戸川区自然動物園の注目アニマルとしては、アリクイがいる。
アリクイは本当に訳の分からない形をしている。柄もおかしい。見れば見るほど変だ。前後逆でも別にいいような気がする。
見たことがない人は、是非写真を色々探してみて欲しい。10分くらい見つめていると、どんなことだって可能だと思えてくる。あいつは不思議だ。
そのアリクイの写真を撮って載せたいのだけれど、江戸川区自然動物園のアリクイはすごくシャイで、すぐに中の小屋に入ってしまう。
最初に行った時は全然見られなかった。
今回はふと見た時に外に出て餌を食べていたのだけれど、わたしたちが行った途端にまた戻ってしまった。
餌がお皿に入っているので、人生の目的を失ってションボリしているのだろうか。
せっかくあんなクリップみたいに鼻を伸ばしたのに、お皿で餌なんか出されたらやる気なくなると思う。
是非蟻塚を作ってあげて欲しい。

写真ブログ 東京風景写真

石神井公園に行った。割とアクセスしやすいところにあるのに、今まで行ったことがなかった。

DSC_0063

この石神井公園、思った以上に素晴らしいところだった。菖蒲はもう見頃を過ぎていたけれど、静かで鳥や虫も沢山いて、とても穏やかな気持ちになる。
東側の池は釣りをしている人が多く、庶民的な雰囲気で、西側は釣り禁止で保全されており、より静かだ。

DSC_0041

井の頭公園と比べるとオシャレ度がグッと低く、おっちゃんおばちゃんと子供ばかりで、親しみやすい。

DSC_0048

この鴨、実はラジコンなのだけれど、ぱっと見た時には本物の鴨親子かと思った。
写真で見るとバレバレだけれど、リアルに遠くから見ると結構本物っぽい。

DSC_0046

でも曲がる時は、動物的にあり得ない感じで船体が斜める。

DSC_0054

このおっちゃんたちが、色々なラジコン船を動かしていた。イイ趣味だ。

DSC_0027

七夕だったこともあり、短冊が沢山飾ってあった。

DSC_0032

「財布が早く見つかりますように」。というか警察行った方がいいよ。

DSC_0073

鯉の口はちょっと怖い。

DSC_0094

鴨とアヒルのカップル。
その他、良い写真が撮れなかったけれど、(本物の)鴨の親子、カイツブリの親子などがいた。
カイツブリは三人の子供を育てていて、そばにいたおばちゃんによると、ちょっと前までお母さんの背中に潜るサイズだったらしい。
今はもう大分大きくなっていて、お母さんが餌を取りに潜っている間にあさっての方向に泳いでいってしまっていて、ちょっとおかしかった。お母さん虫とってきてるのに。

DSC_0102

ほかにヤモリらしい生き物、二メートルくらいある青大将がいた。青大将が水面を泳いで渡っていて、鴨集団が遠巻きにそれを見ていた。

DSC_0115

写真ブログ 東京風景写真

上野動物園に行ってきた。あちこちの動物園やら牧場やら、動物スポットを巡りながら、一番有名な上野動物園には長らく足を運んでいなかった。単純に人が多くて疲れるからだけれど、この日も予想通り人が多かった。

DSC_0105

とりあえずパンダ。パンダの前の通路は、以前にぎゅうぎゅうの大渋滞でとても疲れた覚えがあったのだけれど、今度もやっぱり疲れた。あのミストみたいな水は、かえって蒸し暑くなるから、換気を工夫した方が良いと思うのだけれど。

DSC_0106

パンダよりパンダを見ている人間の方が面白い。

DSC_0134

ジャンボうさぎ。上野動物園に来ても、またうさぎ。

DSC_0148

ハクビシン。猫の仲間のようで、結構サービス精神旺盛だった。猫と狸の間の子みたい。

DSC_0150

上野動物園の子供動物園(触れるコーナー)。
あちこちの触れる動物園を訪問しているのは、珍しい動物よりとにかく動物と遊びたいからだけれど、上野動物園のような本格動物園では、触れ合いコーナーは充実していないのかと思っていた。
ところが、上野動物園でも触れるコーナーはかなり楽しい。というか、こども動物園系の少施設より充実していて、動物も毛並みが良い。赤ちゃん山羊も含めて、若い山羊や羊が多かった。鶏もいる。
ただし人間も多いので、ゆっくり遊ぼうと思ったら、平日や天気の悪い日などを狙わないと厳しい。

DSC_0172

羊とちびっこ。

DSC_0185

わおきつねジャンプ。

DSC_0207

今回の動物園で一番良かったのが、このハシビロコウだ。
ハシビロコウは一部ネットで話題になったことがあるらしいけれど、全然知らなかった。
すごいインパクトだ。一体何なのこの人。何そのスリッパ。

DSC_0209

正面顔は怖いけど、横からみると愛嬌がある。
上野動物園の入園チケットもハシビロコウの写真だった。

DSC_0196

このハシビロコウ、驚いたことに狭いケージの中で飛ぶ。
ハシビロコウのケージは、真ん中が池というか水たまりのようになっているのだけれど、そこをバタバタ飛んで飛び越えてくれる。あっちへ行ってはポーズ、こっちに来てはポーズ、と、かなりサービスしてくれて見ごたえがある。
というか、こんな鳥が飛ぶというだけでも、ちょっと驚く。いかにも重そうだし「どっこらしょっと」という感じでバサバサやっていた。歩いた方が絶対楽だと思う。

写真ブログ 東京風景写真