Tagged: 女の子

機材

京浜東北線の蕨駅から西に向かって埼京線の北戸田駅を目指したら戸田駅に着いたの巻。

DSC_0102

すごくリボンのおっきい人。

DSC_0114

洗濯するおじさん。

DSC_0121

和楽備神社。
これは「わらび」と読むと思うのだけれど、蕨駅の蕨と同じなのだろう。どちらが先なのだろう。
大体、綴りというのは昔は大雑把なもので、そう思うと正しい日本語もヘッタクレもない。

DSC_0140

埼京線と新幹線の高架下にいた猫たちとお兄さん。

DSC_0143

全員ものすごいバラバラな方向を向いているのがイイ。少しは愛想見せなさい。

写真ブログ 東京風景写真

武蔵浦和。武蔵野線と埼京線が乗り入れている。武蔵野線で東に一駅で京浜東北線の南浦和があり、既に開発の進んだエリアで、この辺りの武蔵野線沿線にある「都市化前線」的な雑然さはない。きれいな住宅地が並ぶ。
しかし、武蔵浦和と南浦和の中間エリアは起伏が激しく、風景的になかなか味がある。この辺り一体は高台になっていて、武蔵野線はトンネルを通っている。

DSC_0012

変なおっさん。

DSC_0036

坂と神社。起伏と神社と三叉路は圧力を感じる取り合わせだ。

DSC_0072

ジジババと女の子。おじいちゃんは孫が可愛くて仕方ないらしく、ずっとじゃれあって遊んでいた。しばらくしておばあちゃんの姿が見当たらなくなり、孫が「ババは?」と聞いていたけれど、おじいちゃんは全然気にしていない様子だった。

DSC_0090

猫とネコ。
畑に猫が三匹いて、最初はネコの上で猫が遊んでいたのが、ネコ倒れちゃって猫しょんぼり。

DSC_0113

畑と猫。多少は農地が残っているが、まとまった面積のところはない。既に郊外住宅地化が完了している。

DSC_0124

色気のある坂。武蔵浦和・南浦和間は単に高台なだけでなくアップダウンが激しい。ここは南浦和に近い場所。

DSC_0137

南浦和駅南側の氷川神社にある像。Exileっぽい。

写真ブログ 東京風景写真

南浦和。京浜東北線と武蔵野線が交わる点。東浦和から東の東川口にかけては、かなりサイバーパンク郊外化し、最果て感が素敵なのだが(あくまで「最果て感」で、本当の最果てでは全然ない。本当の最果てはひたすら何も無いのでつまらないが、都市化と郊外の拮抗点では、小奇麗な住宅地や農地、空き地が混ざっていて面白い)、南浦和はさすがになかなか綺麗で、駅から少し歩いたくらいだと、コレという程すごい世界には出会えない。
南浦和から東浦和に向けて歩き、両駅の中間くらいになると、農地や広い空き地が目に付くようになる。
両駅間で面白いのは、中間地点くらいの武蔵野線線路沿い。ここは起伏がかなりあり、道路が狭く、圧力の高い風景が見られる。

DSC_0039

たこ焼き準備中。

DSC_0102

高架と自転車とトタン。

DSC_0125

細い坂。セクシー。小さな信号機で片側ずつ通らないといけない。歩行者もキツい。

DSC_0137

南浦和と東浦和の中間くらいだと、結構空き地が広い。

DSC_0169

南浦和ボーイズ。

DSC_0182

ルパンっぽい坂。

DSC_0212

スモールブッダ。

DSC_0237

ぶら下がってるボーイ。かけっこしてるガールズ。

DSC_0239

妙な貫禄のある少年。

DSC_0251

おっちゃん。

写真ブログ 東京風景写真