Tagged: 墓

機材

北朝霞。武蔵野線と東武東上線が交わっていて、東武東上線だと朝霞台という駅になる。朝霞市は荒川の南側にあるけれど、埼玉県。この辺りは行政的には朝霞市と志木市と新座市が入り組んでいる。
駅間の長いことの多い武蔵野線の中でも、北朝霞と西浦和の間は、荒川を挟むだけ距離があるように思う。それにしても武蔵野線の駅には南浦和とか東川口とか、「方角+地名」型が多い。元々僻地だったところをつないでいる電車なのだろう。それだけに、散歩すると面白い風景に出会うことが多い。

DSC_0262

女子高生。

DSC_0284

朝霞浄水場。埼玉県なのに東京都水道局の施設。

DSC_0306

自動販売機とお兄さん。ちょっと睨まれた。

DSC_0329

工事中のお兄さん。

DSC_0339

少し駅から離れると農地や空き地がかなりある。工場はそれほどない。アグリカルチュラル埼玉。

DSC_0344

新河岸川(しんがしがわ)。川なのに河岸とはこれいかに、と思ったら、昔は江戸と川越をつなぐ舟運ルートで、河岸場が沢山作られたから新河岸川らしい。江戸時代に大改造されたサイボーグ河川。
東京の「自然」には、こういうサイボーグ河川がとても多い。わたしたちが「自然」だと思っているもののほとんどは、手付かずの自然ではない。むしろ手が加わっているからこそ安心できる「自然」になっているのだろう。江戸時代の人は凄い。

DSC_0349

新河岸川の河原付近に、ホームレスらしき人々が結構住み着いている。新宿なんかより圧倒的に良い環境だけれど、働かないと食べ物をゲットするのは難しいのだろう。こういう人たちもホームレスなのだろうか。多分労働しているけどアパートに住むお金がない、という階層の人々で、自力で「家」は作っているのだから、立派なものではないかと思う。人類の基本的な姿じゃないか。

DSC_0356

放し飼いのニワトリがいた。多分ホームレスの人が河原で飼ってるんだと思う。素晴らしい。

DSC_0362

同じ形の家々。

DSC_0364

鳥居と埋まった電線。
こういう「ゴミ捨てるな、用足すな」プレッシャーをかけるための鳥居というのは、日本中どこにでもあると思うが、浦和近辺では特に多く見かける。何か文化的な要素があるのだろうか。

DSC_0377

自転車高校生と変なポーズの幼女。

DSC_0396

墓。
一般に墓というのは、寺院などの所有地に「墓地」として集合的にまとめられている場合が多いが、何故か北朝霞近辺では、こうした「独立系」の墓をいくつも見かけた。駐車場くらいのノリで、ポツンと数件だけ墓がある。畑の隅に一つだけ墓があるところもあった。こういう墓の方が素敵だと思う。

DSC_0412

雀。
この近辺は、農地と河原のせいか、雀がかなり多い。対してカラスはそれほどでもない。他の野鳥は思ったほど多くなかった。

散歩コース。

写真ブログ 東京風景写真

見沼代親水公園駅は日暮里舎人ライナーの終点。「みぬましろしんすいこうえん」だと思っていたら「みぬまだいしんすいこうえん」だった。ちなみに、日暮里舎人ライナーは、ダメな路線が多い新交通システム系の中で、かなり成功した例として取り上げられていることがある。実際使いやすい。
実際のところは、日暮里舎人ライナーではなくバスで行った。舎人団地という、これまたこの辺の路線バスでよく終着駅になっているポイントが、見沼代親水公園駅に割と近い。
舎人団地はその名の通り団地で、周辺は工業地帯。メカメカしい工場が多く、インダストリアル魂をくすぐる。ヤンキー率も異常に高い。

DSC_0250

工場。セメント工場?

DSC_0286

交通事故犠牲者慰霊碑。

DSC_0298

一見ただの看板だが、よく見ると実は元はトラック。おそらく廃車のトラックをそのまま看板の土台にしてしまったのだろう。風にはためくのぼりもヤンキーエリア好きにはそそる風景だ。

DSC_0312

右見て左見て。金属製だけれど一枚ものの看板らしい。

DSC_0322

空き地のススキ。
舎人団地も見沼代親水公園駅も足立区だが、ちょっと北に進むと埼玉県川口市になる。川口市に入ると、工業エリアから小さな農地を残した住宅エリアへと変わってくる(舎人団地だって団地なのだから住宅地だが)。空き地や緑がちらほらと混ざる、全体的に穏やかな雰囲気になる。

DSC_0345

都市菜園の菜の花。

DSC_0362

峯ヶ岡八幡神社の大銀杏。
この辺りの、国道34号線より北のエリアは、緑が多くてなごむ一帯だ。

DSC_0367

一見ただの木の根だが、靴の裏が巻き込まれている。落ちている靴の上に根が伸びて、そのまま固定されてしまったようだ。植物恐るべし。峯ヶ岡八幡神社の境内で見つけた。

DSC_0397

密蔵院。川口市安行のお寺だが、この安行という地域は植木が名産らしく、やたら植木屋が沢山ある。
安行は結構起伏があり、散歩していて楽しい地形だ。

DSC_0403

九重神社。

DSC_0404

墓地。小奇麗な墓地はあまり雰囲気がないが、これはこれでインダストリアルな空気があってちょっとサイバーパンクっぽい。サイバーブッダ。

DSC_0429

枝。ちゃんと根のはった木の枝を曲げて入り口のアーチにしていたらしいが、店が潰れてただアーチ状の枝(幹?)だけが残っている。

DSC_0465

縄跳び。

DSC_0491

鉄塔と少年たち。

この日の歩行ルート。

写真ブログ 東京風景写真