Tagged: 地蔵

機材

那須湯元の那須温泉神社そばにある賽の河原。

DSC_0129

無数の地蔵が並んでいる。教伝地蔵尊というらしい。不良坊主がここで地獄に落ちた、という話があるという。
今調べたところ、希望すれば誰でもここに地蔵を置けるらしい。

DSC_0128

那須温泉神社には、他に殺生石という巨岩がある。

DSC_0172

なんか手が大きい。

DSC_0181

たんぽぽ。那須は沢山たんぽぽが咲いていた。那須のたんぽぽは少し花が大きいように思う。

写真ブログ 東京風景写真

京成本線の堀切菖蒲園。雨の中、傘を片手に歩く。

DSC_0004_939

かがみ、覗き込む人。

DSC_0026_940

折れ具合がよい壁と扉と、緑のキャスター付き枠。

DSC_0045_941

雨の中、何かを見物する群衆と、おかき、あられ処。

DSC_0076_942

眉毛、目、鼻、口を油性ペンで書きこまれたとおぼしき石像。

写真ブログ 東京風景写真

DSC_0246_622
TOSHIBAの看板が素晴らしく赤い。

DSC_0234_621

DSC_0050_617

千歳烏山は、駅のすぐ北側に烏山図書館がある。周りに商店街が広がる。

DSC_0138_620

甲州街道は新宿から京王線の北側を走ってくるが、環八をまたいだところ(つまり電車で言うと八幡山駅を過ぎたあたり)で斜め南へと旧甲州街道が分岐する。甲州街道の南側に京王線が伸びていて、途中で新甲州街道が北へと分岐する、というべきだけれども。ともかく旧甲州街道は芦花公園駅を通り過ぎ、千歳烏山駅の手前で上掲の写真の地点に至る。左が下り方面。右のベージュ色の建造物はラブホテル。その手前の金網との間の砂利道こそ暗渠であり、つまり川は旧甲州街道をくぐって左奥のほうから流れてきている。橋の袂に、地蔵、というわけ。奥のほう、工事中のエリアには、現在では巨大なマンション群がある。

DSC_0097_619

DSC_0074_618

子供の描く絵が間違って微かな狂気を醸しだしてしまう、というありがちな例。

写真ブログ 東京風景写真