Tagged: 団地

機材

千駄ヶ谷から渋谷にかけて歩く。オシャレエリアだけれど、裏道に入ると突然古い建物があったりする。

DSC_0109

鳩森八幡神社にいた猫。美人。

DSC_0115

黒柳徹子って四字熟語なの?

DSC_0124

クレーン。手前の建物は有名な建築とのこと。

DSC_0144

原宿、表参道の近く。あんなオシャレエリアなのに、古い団地が残っている。改築されまくっている。
かなり贅沢に土地を使った団地だし、ここ再開発したらすごいんだろうな。

写真ブログ 東京風景写真

王子から東の方に向かうと、荒川と隅田川に挟まれたエリアがある。二つの川はこの辺りではかなり近くを流れていて、間が中洲のようにも見える。

DSC_0113

首都高速の向こうに工業エリアが見える。
王子は崖線沿いで、駅のそばを石神井川が流れ、飛鳥山公園など緑の多いのどかな雰囲気だが、このエリアは結構インダストリアル。

DSC_0125

「ミツワの文化灯」だろうか。よく読み取れない。古い燃料屋さん。

DSC_0129

クレーンと首都高速。

DSC_0216

この散歩ですごかったのは、隅田川そばの団地にいた大量のムクドリ(ムクドリだと思う。違うかも)。
遠くから見ても見事な編隊飛行で、圧倒的だった。
このそばには広大な空き地があり(多分これから団地を作るのだろう)、そのせいで鳥が多いのかもしれない。
団地の住民には迷惑なのだろうが、あまりに見事で見とれてしまった。
地図で言うとこの辺り

DSC_0256

電線に密集して止まっているが、よく見ると一定の感覚を空けている。鴨川の等間隔カップルみたいだ。
間が詰まったところに新しい鳥が来ると、元々いた鳥が追い出されたりする。追い出された鳥は別の場所に行き、そこにいた鳥が追い出されて、と、玉突き状に移動していることがある。

DSC_0242

あんまり凄いので、巨大GIFアニメにしてみた。

そばで見るとちょっと怖いくらいだが、個人的には獣だらけのエリアは嫌いじゃない。ちょっとくらい虫が多くてもいい。

ここに来る途中、石神井川の下流にバンらしい鳥が一羽だけいて、すごく寂しそうにうんちをしていた。
あまりバンのいる地域でもないので、台風で流されてきたのかもしれない。
もし自分があのバンで、人間がバンだとすると、もう周り中鳥ばっかのところにポツーンと一人だけ人間がいるわけで、物凄く寂しいと思う。うんちくらいしたくなるだろう。
それに比べると、このムクドリ(多分)はどうだ。当人たちも「もう鳥ばっかで最悪や」とか思っていないのだろうか。

DSC_0271

荒川の日暮れ。

写真ブログ 東京風景写真

「飛鳥の小径、山手貨物線」で歩いた時と逆に、田端から王子に向かって崖線沿いに歩いてみた。

DSC_0118

なんかアナーキーな家。

DSC_0126

前も通ったJR団地跡の廃墟。草が刈り取られていた。この日は天気が良く綺麗に撮れた。

DSC_0139

団地。

DSC_0154

すすきの大きいの。すごいサイズのポワポワで、「でかい!」とか言いながら写真を撮っていたら、上品そうな近所の老婦人に話しかけられた。
一般家庭の庭らしき場所に生えているのだが、とにかくデカイ。パンパスグラスというのらしい。

DSC_0178

室外機の上の猫。

写真ブログ 東京風景写真