Tagged: 動物園

機材

 狭山市にある智光山公園こども動物園に行ってきた。

IMG_2146

 入り口の時点ですでに正直ちょっとしょぼい。まぁ市立なので、スケールは期待してはいけない。
 キレイ度や飼育環境的には大宮公園小動物園クラスだと思った方が良い。
 この間行った埼玉県こども動物自然公園の素晴らしさとは比べるべくもない。

IMG_2150

 とりあえず触れるコーナーへ。
 おおお、ヤツらがスタンバってますぜ。

IMG_2151

 しかしこの日は連休中でちびっ子も多く、暑すぎてヘバッていたのもあってふれあいは断念した。

IMG_2157

 ミーアキャット。

IMG_2162

 ホンドタヌキ。

IMG_2170

 ワオキツネザル。

IMG_2173

 イイ顔が撮れた。

IMG_2176

 暑さでワラビーもまったくやる気がない。

IMG_2181

 カピバラ親子が水につかっている。

IMG_2185

 この人たちのつかっている水風呂には自らのうんちが沢山浮かんでいた。
 銭湯だったら出禁やで。

IMG_2189

 うま。

IMG_2195

 この日一番インパクトがあったのがこのブラジルバク。

IMG_2198

 もんすげー顔してまんな。

IMG_2201

 夢を食べてこの顔とは、世の中ロクな夢がないんやろな。

IMG_2223

 お魚。

IMG_2227

 コバトンが何を訴えたいのかわからない。「不正軽油の ・ ・ ・ は です」。

IMG_2229

 で、これは乗り換え駅の秋津付近。秋津はすごくフロンティア感があって面白い場所で、ここにはまた写真だけ撮りに行きたい。
 シブい看板だけれど、

IMG_2240

 上にはツバメの巣が。
 ツバメは民家の軒下に巣を作るものだけれど、それにしても近い。
 なぜか秋津駅周辺にはとてもツバメの巣が多く、それもこのように手の届くような位置に見られた。

IMG_2247

 だんご・和菓子。

IMG_2252

 うなぎ。

IMG_2257

 お留守番。

写真ブログ 東京風景写真

 ちょっと前だけれど、埼玉県こども動物自然公園に行ってきた。

IMG_2055

 高坂駅からバスですぐ。
 駅のそばには大学生が沢山いた。高坂駅付近には大東文化大学などの大学がいくつかある。こういうところの大学生活というのはどんなものなんだろう。
 自分は古典的な大学で、大学というより街のような感じだったので、「学校!」という感じの大学生活というのは今ひとつピンと来ない。

IMG_2056

 埼玉県こども動物自然公園に来るのは二回目。
 一回目は雨が降っていた上、来た時間が遅くてあまり楽しめなかった。
 この日は素晴らしく良いお天気でまだ暑くもなく、絶好の行楽日和だった。

IMG_2063

 まずは触れるコーナーに直行する。
 触れるコーナーやエサやりとか搾乳体験などは時間が決まっているので、早めにチェックしないといけない。

IMG_2068

 子どもたちがトイレのブラシみたいなものでヤギをこすっている。

IMG_2081

 園内には野鳥のガビチョウがいた。
 ちなみにここまでがCanon PowerShot G7 Xでわたしの撮影。ここでいきなりバッテリが切れて、以降はkiwi氏のX-Pro2の写真。

DSCF5005

 ふれあいコーナー近くの「家畜系生き物がテキトーにウロウロしてるエリア」にすごいのがいた。

DSCF5010

 七面鳥。何か重要な真理を悟っている顔だ。

DSCF5028

 モリフクロウ。真ん中の3羽は子供だと思う。

DSCF5032

 ニホンリスがジャンプしている。

DSCF5053

 ヤブイヌ! Bush dogだ。
 原始的な犬で、後ろ向きに素早く走ることができる。
 大分以前に新聞で見てからずっと気になっていたけれど、こんなに動いているヤブイヌは初めて見た。

DSCF5056

 前を歩いているのがメス、後ろがオス。のはず。

DSCF5069

 ミーアキャット。すごい見てる。

DSCF5102

 乳搾り体験をしてきた。
 牛はバカでかい生き物でミルクも出してくれてすごく偉大だ。圧倒されてしまう。
 つい崇拝してしまう気持ちもわかる。金の仔牛も作りたくなる訳だ。

DSCF5140

 埼玉県こども動物自然公園の一番山側あたりにあるペンギンコーナーは、ペンギンがその辺を普通に歩いている。
 向こうは全然興味のない感じだけれど、他の動物園では考えられないほど近くで観察できる。
 とにかく埼玉県こども動物自然公園の素晴らしいところはコレ。とても身近に動物が感じられる。

DSCF5146

 園内も広々として環境も良く、動物たちも活き活きしている。人間が散歩するにも、動物が暮らすにもとても心地よい。
 埼玉県下では間違いなくナンバーワン、全国的にも非常にレベルの高い動物園だと思う。

DSCF5161

 夜の生き物コーナーの、シマクサマウス。
 なんかむにょーんと一体化している。
 自他の境界が溶けている。
 こんな風に餅みたいに生きていきたい。

DSCF5172

 シマリス。

DSCF5188

 アルマジロが食事中。
 なんか背中に悲哀が感じられる。
 苦労してそう。

DSCF5210

 ミナミジサイチョウ。コイツは声が素敵だった。

 綺麗だなぁ。

DSCF5227

 そしてサイチョウ。
 ものすごく立派。
 見た瞬間、「おぉぉ・・」と声が出てしまう。
 こんなものを作れる神様は偉大だなぁ、と感じ行ってしまう。

 バサバサ飛ぶ姿が圧倒的。

DSCF5238

 ピライ・ポウンスウッド博士。
 保護活動をしているエライ博士なのだけれど、サイチョウがくちばしをガシッと掴まれてて収まっている。収まりがいい。
 サイチョウ大好きおじさん。
 もう、サイチョウが好きで好きでたまらない。
 サイチョウもおじさんがまあまあ好き。

DSCF5247

 恐竜コーナーがある。
 結構よくできた置物がある。

DSCF5311

 ホンシュウジカ。
 この鹿とカモシカのコーナーは、だだっ広い空間の上を空中歩道のようなルートで歩けるようになっていて、とても気持ちが良い。
 鹿のいる森、いない森を分ける境界があり、そこに「鹿がいるところは下草が全部食べられてしまうので、コントロールが必要」という説明書きがあるのだけれど、見事に植物の様子がパッキリ分かれている。とてもわかりやすい。

DSCF5347

 カンガルー。
 ここも特に柵もなく触れるくらいの場所にテキトーにカンガルーがいる。

DSCF5355

 そしてカピバラ!

DSCF5391

 エサをくれる場所に行きたいのか、みんな無心で柵をガシガシしている。

DSCF5373

 無心な出っ歯やろう。
 でも声はかわいくて、ピュルルルルルとカイツブリのような声で鳴く。

DSCF5424

 カンガルーとコクチョウがメンチを切っている。

DSCF5448

 カンガルーの子供がお母さんの袋の中のおっぱいを飲んでいる。
 袋の中に帰りたいんだろうなぁ。
 カンガルーの知性が発達し言語をもったら、彼らの精神分析は面白いと思う。
 なんかこう、袋の象徴的意味とか、文化的に展開されていきそう。

DSCF5462

 コアラはおっさん。

DSCF5469

 コアリクイはするっとしている。

 埼玉県こども動物自然公園はかなり広いので半日かけて回ることになる。中のアップダウンも結構ある。
 お昼までには入場して、ゆっくりお散歩していくと良いと思う。
 奥の方にある「レストラン」は古典的な動物園の食堂で、中央広場近くにあるクレープ屋さんの方が可愛くてお薦め。

 帰りに高坂駅近くにあるラシカというインド料理屋さんで食べた。
 多分ネパール人のご主人が話し好きで、食べている間ずっと話しかけてきていた。
 高坂駅近くに二つ店を持っていて、最近熊谷にも店を出したらしい。
 エスニック系のレストランにはあちこち行くけれど、このラシカは外見はちょっとボロっちい怪しい喫茶店風だけれど、味のグレードはなかなかだった。
 そして量が多い!
 体育会系の学生さんなどの御用達のお店らしく、「学生さん来なかったら店潰れる」と話していた。

写真ブログ 東京風景写真

 長瀞に行ってきた。

IMG_1845

 駅から少し歩くと荒川。荒川も上流はこんなに細くて綺麗。

IMG_1846

 連休中だけあってかなりの人。
 駅から川までは飲食店や土産物店が並んでいて、かなり栄えている。

IMG_1847

 なぜかブタさんを散歩してる人がいた。

IMG_1849

 一本となりの道にいくと、こちらは廃れていて、廃店舗が見られる。

IMG_1854

 大正館の並びの土産物店。

IMG_1856

 カラオケ店跡、ともしび

IMG_1863

 長瀞グリーンホテル

IMG_1867

 ここも廃業している。
 と、廃墟ばかり並べてしまったけれど、一本となりのメインストリートは非常に賑やかで、廃れている感じは全然ない。

IMG_1872

 この後は定番の長瀞ライン下りをエンジョイ。上流側のAコースにした。

 船頭さんが独特のイントネーションで面白い。定番の口上なんだろうけれど。

IMG_1878

 長瀞駅から西の方にしばらく歩いて、宝登山神社へ。

IMG_1880

 その宝登山神社近くのロープウェーから山上に登る。

IMG_1934

 ロープウェー。

IMG_1928

 山上駅から更に歩く。景色は良い。

IMG_1926

 宝登山小動物公園に到着。
 それにしても、この宝登山小動物公園は車以外のアクセスがなかなかキツイ。
 ロープウェーの駅まで長瀞駅から結構歩く上、宝登山神社から山麓駅までも登りが大変。そして山上駅からも結構歩かないと動物園まで辿りつけない。
 せっかくロープウェーがあるのに、全然動物園前には直行してくれない。

IMG_1885

 なんかグッタリしてるやつ。

IMG_1889

 この動物園自体の中もアップダウンがキツイ。

IMG_1890

 鹿がぼんやりしている。

IMG_1898

 なんかだだっ広いところにテキトーに猿とか鹿がいる感じ。

IMG_1896

 正直、今時の動物園の基準からすると、かなりショボいし環境も良くはない。

IMG_1900

 いかにも昭和の動物園。

IMG_1903

 でもそういう昭和っぽいショボさが味だったりする。

IMG_1906

 お猿が手をのばす。

IMG_1915

 鹿さん。

IMG_1927

 また山の中を戻る。

IMG_1936

 ロープウェーで山麓駅に戻ってきた。

IMG_1939

 眼下に明らかに使われていないプールが見える。

IMG_1942

 コスモショア長瀞というプールだった。

IMG_1943

 なかなかカッコイイ。
 現地の人にとってはこういう使われていない施設はお荷物なのかもしれないけれど、個人的には普通に観光して遊んだ上に、廃墟まで目撃できて一石二鳥な感じだ。
 むしろこの手の物件があった方が観光地として行ってみたくなる。
 小奇麗なものだけ見たいなら都会の方が良いし、むしろ地域の歴史や変遷が感じられて面白い。

IMG_1954

 歩いていると、ライン下りの舟がトラックに乗せられていた。
 舞台裏では、川下に下った舟をトラックで川上に運びあげているのだ。
 車のない時代はどうしていたのだろう。牛馬で運河のように上っていたのだろうか。
 昔の人は偉かった。

写真ブログ 東京風景写真