Tagged: ムクドリ

機材

台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

台湾に初めて行ってきた。
機内泊含む「三泊五日」の旅程だけれど、極力旅費を削った結果、深夜着の深夜発となり、実質三日。これが色々大変だった。
まず、桃園国際空港から台北市内へは台北捷運(MRT)で行けるのだけれど、深夜着の便だった為これが使えず、バス待ちの長蛇の列に並んだ挙句、結局タクシーに。市内まで五千円くらいかかり、時間労力のロスを考えるともうちょっとマシな便にすべきだったかもしれない。深夜のせいか入国審査もやたら時間がかかり、1時間くらいかかった。
その為、ほとんど徹夜状態で初日の観光をスタート。

中山地区にとったホテル周辺から台北駅に向けて歩く。周辺は飲食店やマッサージ店の多い繁華街。


雰囲気としては、ちょっと前の日本と沖縄を足してニで割ったような感じ。先進国なので交通も便利で何も不安なく、しかも結構日本語が通じて、看板も漢字なので割合直観的にわかる。非常に楽ちんなのだけれど、犬が全然つながれていなかったり、おっちゃんがその辺でグダグダしていたり、程よい緩さがある。



レンジャーの人?が壁で訓練していた。これ、専用の施設ではなく普通のビルだと思うのだけど、こういうくらいの緩さが丁度良い。


というわけで台北駅から台鉄(TRA)に乗って瑞芳(ルイフォン)駅へ。
ちなみに台湾の地名は漢字音読みと比較的音に忠実なものと二通り読めてしまうけれど、音読みは勿論、カタカナ読みでも大概通じないので、漢字文化圏の伝統に則って日本語式音読みで良いのではないかと思う。けれどもその日本語式の読みも思いつかない無教養なワタクシたち、瑞芳のことは最後まで覚えられず「あの、瑞穂みたいなヤツ」と呼んでいた。




ごちゃごちゃとした町並みを抜けてバスターミナルへ。ここで金瓜石行きのバスに。
金瓜石はジングアーシーみたいな音らしいけれど、当然わたしたちにはわからず、日本語音読みでは「きんかせき」。しかしそもそもずっと瓜を爪だと思っていて「きんつめいし」と、もうさっぱり意味のわからない読み方をしていた。台湾の人、ごめんなさい。きんつめいし。

さて、バスにごとごと揺られていくと、金瓜石黄金博物館のところで何故かマイクロバスに乗り換えさせられる。よく飲み込めないまま言われるがままに乗っていくと、めちゃくちゃカッコイイ廃墟の横を通り過ぎる。「うおおおおっ!」と窓にかじりついている間に、バスは山を下って海の前まで来た。そこが終点で折り返すらしいけれど、わたしたちとしては廃墟が見たい。そこで運転手さんに「あの山の上まで行く方法はないのか」と英語日本語混ぜて尋ねると、どうせ帰り道なのでそのまま乗せていってやる、という。素晴らしい。中華民国万歳!
そしてめでたく一番山の上の「天空之城 十三層遺址」辺りまで戻り、そこから海までぐねぐねと歩いて下りてくることができた。

金瓜石鉱山はかつて東北アジア随一と言われた金鉱山。1890年(明治23年)に発見され、1895年(明治28年)からの日本統治時代に開発が進められた。金瓜石の住民は最盛期の1930年代半ばには15,000人にまでなり、1936年の採掘量は金5t、銀15t、銅11,000t。 1938年(昭和13年)頃の産金量は7万両を突破し、1939年の従業員数は9,448人(日本人747人、台湾人6298人、大陸の温州、福州などから来た出稼ぎ労働者2443人)に膨れ上がった。太平洋戦争も末期に近付くと業績も下降、1943年(昭和18年)に金の生産が中止、翌1944年には銅の生産も中止となり、やがて終戦を迎えると鉱山は一時閉山となった。終戦後、中華民国統治下で一時的に活気を取り戻すが、鉱脈は次第に尽き、1985年に廃鉱となった。(Wikipedia要約)

ここから下に見えるのは十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)







途中、聞きなれない野鳥の声が気になっていたのだけれど、多少なりとも写真に収められたのはこれだけ。どうもシロガシラのようだ。ヒヨドリの仲間だけれどもっと複雑な囀りをして、日本では南西諸島にのみ生息するらしい。確かにギョーギョーと喧しい声ながら、ヒヨドリと違って歌らしい歌になっていた。











ここは黄金瀑布という観光名所になっている。



バス停に猫。





このアングルの写真がよく紹介されているが、壮観である。



これは普通のムクドリだと思うけれど。


この調子で海のところまで戻ってきた。最高である。

ちなみにこの海がなかなか荒々しくてカッコよかった。

それは良いのだけれど、海際まで戻ってきてからの交通手段がよくわからない。金瓜石鉱山博物館の方に向かって見学しても良かったのだけれど、お腹が減っていたのでもう少し何か食べられそうなところに移動しよう、ということで、九份行きのバスに乗ることにした。
これがなかなか来ないため、炎天下で随分待った。
駐車場をウロウロしている三本足の野良犬がいて、わたしたちと犬で日陰を求めてただひたすらボーッとしていた。


台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
台湾2/6:九份、基隆
台湾3/6:三峡、鶯歌、龍山寺
台湾4/6:西門町、頂好、台北101
台湾5/6:菁桐(平溪線)、 青桐炭鉱
台湾6/6:十分(平渓線)、新平渓煤礦、十分瀑布

写真ブログ 東京風景写真

館山二日目。鋸山日本寺、赤山地下壕、ひたすら歩くの続き。

IMG_0007

ファミリーオ館山で一泊して、朝にそばの海岸を散歩する。

IMG_0013

またカワラヒワがいる。アオバトのように海の水を飲むのだろうか??

IMG_0019

電線にもカワラヒワ。

IMG_0024

太陽電池パネルの上にトビが。

IMG_0030

ホテル全景。
で、ホテルの人が洲崎灯台まで送ってくれる。ありがとうございます。

IMG_0050

洲崎灯台。ここは観光地だと思う。

IMG_0038

絶景。富士山が見える。

IMG_0040

本当に景色がいい。天気も最高だった。

IMG_0042

何か海上に円筒形のものがあるのだけれど、なんだろう。

IMG_0049

ムクドリ。

IMG_0051

洲崎灯台の先まで行くと、「お台場海浜公園」なるものがある。
なんか怪しげな手書きの看板で、しかも有料。
入口では思い切りユンボのおじさんが工事している。
ちょっと迷ったけれど、ここまで来たので入ってみる。

IMG_0053

なんかオブジェっぽいものが並んでいる。

IMG_0055

凄い手作り感。

IMG_0057

「心は丸く」。なんか色を塗った石やら木がゴロゴロしている。

IMG_0058

アート的な何かなのか、良くわからない。まだ作っている途中っぽい感じがする。

IMG_0061

でも眺めは素晴らしい。

IMG_0062

白いアートひろば。やはりアートなのか。

IMG_0065

キャンプ場としては機能しているらしいけれど、散歩で入る人はあまりいなさそう。
入口の奥さんも何だか申し訳無さそうな雰囲気だった。

IMG_0068

「丸く生きる」。丸いのが好きらしい。

IMG_0069

完全に出来上がったら、地中海っぽい雰囲気になって良いのかもしれないけれど。

IMG_0073

庭園風呂なるものもある。

IMG_0076

磯釣りをしている人がいる。

IMG_0079

富士山も見える。

ここから洲崎神社の方にとりあえずブラブラ歩いて行くことにする。

IMG_0090

途中で発見した廃車。

IMG_0092

民宿跡のようなところに、乗用車を乗せたトラックがまるごと廃車になっている。

IMG_0093

結構カッコイイ。

IMG_0111

洲崎漁港。すごく小さな港。おばあちゃんが可愛い。

IMG_0112

猫がいた。

IMG_0113

小さなお社。

IMG_0115

洲崎神社に着いた。

IMG_0116

凄い階段。

IMG_0117

老夫婦が一組登っていたけれど、わたしたちは諦めた。

IMG_0119

ここも海の眺めが素晴らしい。

IMG_0121

旅の間中ウグイスの声が聞こえていたけれど、ここでやっと本体を見られた。
ウグイスはだれでも知っている割に見るのは大変だ。

ここからバスで移動。
この辺りを通っている路線バスは、そのまま東京まで行く高速バスになっている。だから乗り心地がとても良い。

IMG_0131

館山海軍航空隊の掩体壕にやって来た。昨日行った赤山地下壕のすぐそばだったのに、昨日は気づかなかった。

IMG_0134

周りはすっかり畑になっている。掩体壕はいくつもあったのだけれど、今はこの一つしか残っていないそうだ。
写真では見たことがあったけれど、実際に見ると結構感動する。

この近くで、トビとカラスの喧嘩を見た。

一対一だとトビの方が強い。でもカラスはチームプレーでトビをいじめることもある。

IMG_0141

一応看板は立っていたけれど、見に来る人もほとんどいないだろうし、全然目立ったない。
こういう風に生活の中に気も使われずに残っている遺構というのは良いものだと思う。

IMG_0146

そこから歩いて海上自衛隊の館山基地の方へ。

IMG_0149

守衛のおじさんは会釈もしてくれてフレンドリーだった。

IMG_0158

自衛隊の基地沿いの道を通って、高島実験場へ。廃墟ファンには知られた物件らしい。

IMG_0166

水産関係の試験場だったらしい。

IMG_0170

落書きされている。

IMG_0176

なかなかカッコイイ建築。

IMG_0187

これも顧みられてない感じの廃墟で、美しい。
ちなみに立入禁止なので、これは外から撮っています。

その先にある沖ノ島まで行こうと思っていたけれど、炎天下に徒歩、まだ距離があって諦める。
こんなところに歩いてくる人はいない。
修行みたいな旅だ。

IMG_0191

戻る途中の造船所。船の修理をしているところみたい。

IMG_0193

ここにも廃車が。

IMG_0198

道の駅たてやまのそばにある水中観光船まで来た。
道の駅はとても立派なのだけれど、水中観光船はその隣で、チケット売り場が小さな掘っ立て小屋みたいで少し不安がよぎる。
チケットを買うと、「何か割引になるもの、持ってない?」と聞かれる。チラシが割引になるらしいので、それを渡すと、おじさんが「更に割引するから、アルバイトしませんか?」と言ってくる。
何かと思ったら、船まで新品の日章旗を持って行って欲しいという。船につけているのがボロボロで交換したいのだけれど、一人しかいないので持ち場を離れられないとのこと。
お安い御用なので引き受けたけれど、フレンドリーで面白いおじさんだった。
後で考えたら、日章旗なんて急いで替えないといけないものでもないし、営業終了後でも翌日でも良い筈だ。だから、割引してあげるためにわざわざ口実を作ってくれたのかもしれない。
チケット売り場は小さいけれど、おじさんは素敵な人だった。
そしてこのナスのあるところが、遊覧船の乗り場。

IMG_0200

遊覧船がやって来た。小さい。
賢島で乗ったエスペランサ号とは比較にならないほどしょぼい船で、少し不安になる。

IMG_0208

でも出発したら、小さいだけにちょっと揺れる感じとかも含めてとても楽しかった。
これは魚を生きたまま入れておく生簀とのこと。

IMG_0210

アオサギなどのサギ類とウが大量にいる。
歩いている時、上空をアオサギが飛んでいるのを何度か見たのだけれど、地上にはいない。どこにいるのかと思ったら、ここに食餌に来ていたのだ。

IMG_0213

館山城が見える。

IMG_0215

ガット船。砂利を運ぶ船とのこと。

IMG_0216

さっき見た造船所まであっという間に来てしまった。速い速い。

IMG_0221

このおじさんが、色々と説明してくれる。
ただ、別に案内口上が定式化しているわけではない。
遊覧船の類は、船内でアナウンスが流れたりするものがよくあるけれど、船の規模的にもそんな放送はない。
おじさんも、特に説明がミッションとして決まっている訳ではなさそう。
ただ単に、気が向いたからそばにいる人に話しているのだ。
それが異様にフレンドリーで楽しい。
この水中観光船のおじさんたちはみんなイイ人だ。

IMG_0225

さっきの高島実験場も見える。

IMG_0241

水中観光船だから、中はグラスボートになっている。

IMG_0266

上から餌を吊って魚を集めている。

さて、水中観光船が終わって一旦館山駅に戻り、残りの時間で手頃なところを見ようとする。
時間がなかったので、タクシーで舎那院山の磨崖仏に。
観光地図に載っていたので試しに行ってみたのだけれど、タクシーの運転手さんも道がよく分からないマイナー物件。
地元の人に尋ねながらエライ細い山道を入っていったところにあった。

IMG_0275

磨崖仏と言っても、めちゃスケール小さい。

IMG_0276

でも穴場物件っぽくて味わいがあった。

IMG_0279

お墓が倒れている。

IMG_0299

ついでなので、すぐそばにある大巌院というお寺に寄ってみる。タクシーの運転手が檀家さんとのこと。

IMG_0292

このお寺には四面石塔というのがある。
1624年に建立された石塔で、東西南北の各面に、朝鮮ハングル・中国篆字・和風漢字・印度梵字で「南無阿弥陀仏」と刻まれている。
このうちハングルが、現代ハングルのご先祖様的な草創期のもので、とても貴重らしい。

IMG_0293

確かにハングルっぽいものが書かれている。面白い。

IMG_0294

これが日本の漢字。

IMG_0295

中国篆字。

IMG_0296

梵字。

IMG_0301

向こうにタクシーが待っていてくれている。

ここから駅に戻り、また駅周辺を一時間ほど散歩。

IMG_0305

諏訪神社。

IMG_0317

六軒町のサイカチの木。
1703年の元禄地震で津波に襲われた時、この木に登って助かった人がいることから「人助けの木」と呼ばれているという。
でもこの木、せいぜい二階建ての建物程度しかないし、300年も前ならもっと小さかったんじゃないか。捕まって津波から助かるほどの木には見えない。言い伝えということなのかなぁ。

写真ブログ 東京風景写真

彩湖・道満グリーンパークに行ってきた。鑑賞池周辺。武蔵浦和駅から一時間に三本くらいバスが出ている。
ロクな写真が撮れなかったけれど、臆面もなく公開する。

IMG_0010

どこにでもいるムクドリ。

IMG_0019

よく見えないけれどオオヨシキリ。
オオヨシキリが結構鳴いていて、ちらちら姿は見えるのだけれど、写真はなかなか撮れない。

IMG_0021

カイツブリがピュルルルルルと鳴いていた。

IMG_0025

「ここはあぶない」。これは確かにあぶない。

IMG_0029

ねこ。

IMG_0036

オナガ。

IMG_0045

オナガは高いところにいるイメージがあるけれど、このオナガは随分低いところをウロウロしていた。

IMG_0046

あんまり人気のない鳥だけれど、個人的には美人だと思う。

IMG_0066

コゲラ。よく見えない。

IMG_0080

オオヨシキリ。よく見えない。

IMG_0089

犬が取ってこい訓練を受けていた。
湖に飛び込んでフリスビーを取ってくる。

IMG_0098

今度はボールを投げられた。
「水の方に投げんなよ、もう~」とか思ってそう。

IMG_0101

水上の立入禁止。

IMG_0105

幸魂大橋より下流は自然保護地区になっていて入れない。
猫が番をしている。

IMG_0107

入ったらあかんで。

IMG_0110

水上の鉄塔がある島に沢山アオサギがいた。

IMG_0108

等間隔で並んでいる。

IMG_0111

デジタルズーム。

IMG_0121

スズメ。

IMG_0123

「荒川左岸水防予防組合 水防倉庫」。カッコイイ看板。

IMG_0126

美成高原ビックリ屋。ビーナスコウゲン。何の店なんだろう。

写真ブログ 東京風景写真