Tagged: マルガモ

機材

東所沢から清瀬金山緑地公園、金山遊水池に向かった。
どこからどこまで公園で遊水池なのかよくわからない。

IMG_0005

東所沢の駅前はそれなりに飲食店があり、何もない駅というわけではなかった。ただどちらかというと国道沿いの拠点という感じ。車社会。
駅からちょっと歩くと畑。気持ちいい。
ヒヨドリ、ムクドリ、ハクセキレイ、ツバメがいる。

IMG_0031

清瀬金山緑地公園には鴨がいる。カルガモとマガモがいるけれど、こちらのつがいに注目。

IMG_0044

前に入間川のマルガモのことを書いたけれど、この右側の鴨もマルガモだ。
クチバシの色、胸の色が違うし、頭にも少し緑が混ざっている。

IMG_0069

こっちは普通のマガモのつがいだと思う。子供に追い詰められている。この直後に飛び立った。
特にマルガモを探している訳でもないのにこれだけ見つかるということは、相当に交雑が多いということだろう。

IMG_0072

橋の欄干が可愛い。

IMG_0074

マガモ。

IMG_0080

暑くも寒くもなく、良いお天気で、本当に気持ちのいい日だ。
おじいさんが詩吟のようなのを歌っていてとても良かった。

IMG_0090

清瀬金山緑地公園にはニワトリがいる。なぜか雄鶏が三羽、木の上に登っていた。

IMG_0099

この赤いのを見ると、なるほどキジの末裔だと思う。

IMG_0101

ニワトリは実は結構飛べる。飛ぶというか、ちょっとバサバサッと移動する程度だけれど、それなりの距離は移動できるし、木くらい登れる。
子供が「ニワトリが三匹」と言っていたけれど、なぜお母さんは「三羽」と訂正しないのか。アホの子になるぞ。

IMG_0119

分かりにくいけれどシジュウカラ。

IMG_0123

真下から見たシジュウカラ。

IMG_0126

ある場所にシジュウカラの若鳥が沢山いた。ただ写真に撮るのはなかなか容易じゃない。
ニーニー言っているだけで、まださえずりは覚えていない。口が黄色いのでまだ子供だと思う。

IMG_0130

あそこでニーニー騒いでいたのは兄弟なのだろうか。

IMG_0138

ピンぼけだけれどメジロ。

IMG_0141

これもシジュウカラ。

IMG_0159

コゲラがいた。キツツキの仲間。

IMG_0165

コンコンやってる。
本格バードウォッチャーにとっては、シジュウカラやコゲラは「何も見つからないから代わりに撮るか」な対象らしいけれど、わたしにとってはとても可愛い。

IMG_0193

オナガがいた。オナガはアンテナが好きだ。

IMG_0196

木の高いところに止まるので真下からだとなかなか見えないけれど、アンテナにとまってくれるとよく見える。

IMG_0203

ムクドリが虫らしきものをくわえている。

IMG_0207

公園は駅よりかなり低い場所にあるので、帰り道は登り坂。

IMG_0208

ツバメ。

IMG_0225

またオナガだ。オナガが虫をくわえている。

シジュウカラも大きな毛虫をくわえていた。自分の頭より大きな毛虫で、人間で言えば長さ50cmくらいの虫だ。そんなもの一人で食べられるのだろうか。
清瀬金山緑地公園はカワセミも見られるらしく、バズーカみたいなカメラを構えたバードウォッチャーもいた。ああいう人たちはどうやってカワセミなんか見つけるのだろう。
どうもトラブルもあるらしく、三脚を使う人は背後に気をつけるように、といった掲示があった。
特別変わった鳥が見られた訳ではないけれど、とても良い場所だった。バーベキューの人たちがいたけれど、それでも都内の公園のように混雑している訳じゃない。
意外と近かったし、天気の良い時はまた遊びに行きたい。

写真ブログ 東京風景写真

霞ヶ関に行ってきた。
霞ヶ関と言っても、埼玉県川越市の霞ヶ関だ。ここから少し歩くと、入間川がある。川の周りを散歩して鳥を眺めてきた。

IMG_0020

入間川。

IMG_0027

河原に下りることができる。かなり色々な野鳥がいる。雉の声が何度も聞こえるけれど、姿は見えない。一度だけ雌が飛ぶところが見えた。

IMG_0028

シジュウカラ。

IMG_0109

いきなりだけれど、表題のマルガモを載せてしまおう。
上の写真、一見するとカルガモのカップルのようだけれど、何かおかしいと思わないだろうか。
カルガモは雌雄がほぼ同形で、識別は結構難しい。しかし上の番は、明らかに見た目が違う。奥は普通のカルガモの雌だと思うが、手前は違う。
おそらくマガモとカルガモの合いの子、通称「マルガモ」だ。

IMG_0110

光の加減によって色の見え方が違うが、頭の辺りにマガモっぽい緑色や青っぽい感じがある。クチバシの付け根の色も違う。

IMG_0129

胸のあたりも茶色くてカルガモとは違う。もちろん、マガモとも違う。

IMG_0131

普通のカルガモよりちょっと精悍な感じがする。

IMG_0136

マガモとカルガモの合いの子「マルガモ」は色々な報告例があるが、基本的にマガモの雄とカルガモの雌の子供だ。逆というのは聞いたことがない。

IMG_0137

マガモの雄は「肉食系」で「もうカルガモでもいいや!」とかなっちゃうのだろうか。マガモの雄が無理やり交尾するケースもあるという。
もちろん、普通に番になる場合もある。その場合、マガモがカルガモの近くで育って、自分をカルガモだと思い込んでしまった、ということなのだろうか。

IMG_0141

マルガモはそれ以上交配できないというが、子供が生まれた、という話もあるらしい。また、一見普通のカルガモでも、遺伝的にはマガモが混ざっている、というケースもあるのだという。
上のマルガモは、正確には入間川と新河岸川の間にある水路に住んでいる。

IMG_0174

こちらは普通のカルガモのカップル。上の番と比べてもらえれば一目瞭然だ。

IMG_0058

空飛ぶカルガモ。

IMG_0072

カルガモ。

IMG_0054

カワラヒワ。
見た目はオッサンっぽいけれど、声はチリチリ可愛い。

IMG_0066

チリチリ可愛い方が地鳴きで、ジューイという低い声がさえずり。逆のように聞こえる。

IMG_0068

アトリの仲間はごっつい感じがする。

IMG_0093

電線の上にいた別のカワラヒワ。

IMG_0097

今回もCANON PowerShot SX50 HSによる撮影だけれど、デジタルズームを使うと流石に画質が厳しい。

IMG_0001

ツバメ。

IMG_0015

ムクドリ。

IMG_0043

ダイサギ。悠然としている。

IMG_0187

ハクセキレイ。

IMG_0161

ハクセキレイは結構町中でも見かけるけれど、可愛いので個人的には大好き。

IMG_0162

ハクセキレイをもう一枚。

IMG_0047

「武蔵国 大口真神 御嶽山」。
調べてみると御嶽講の御札らしい。絵は犬ではなく狼とのこと。

IMG_0013

プーさん。

IMG_0183

飛び出し注意。

写真ブログ 東京風景写真