Tagged: マガモ

機材

秋ヶ瀬橋近くと別所沼を散歩。

まず、秋ヶ瀬橋近くの田んぼ付近。地図ではこの辺。


大きな地図で見る

IMG_0001

秋ヶ瀬取水堰の巨大な施設がある。

IMG_0003

太鼓の練習をしている人や、バイクでウィリーとかしてる人がいる。

IMG_0017

鳥全然いない、と思ったら、田んぼにはいないけれど茂みにはいた。

IMG_0030

カシラダカ。

IMG_0035

ホオジロ。

IMG_0048

ヒヨドリが地面に降りている。餌が少ないのだろうか。

IMG_0050

ツグミ。

IMG_0057

ハクセキレイ。

IMG_0060

ツグミ。

IMG_0064

別所沼に移動。一部凍っていた。


大きな地図で見る

氷の上をハクセキレイが走っていた。

IMG_0068

マガモの親子。親子だよね?

IMG_0070

鳩。

IMG_0074

IMG_0082

キンクロハジロ。

IMG_0089

オナガガモ。オスが一羽、メスが三羽だけれど、どういう関係なんだろう。

IMG_0095

オナガガモの番。仲良く食餌していた。

撮影はkiwi氏。鳥の写真は一部トリミング。

写真ブログ 東京風景写真

日光に行ってきた。
奥日光戦場ヶ原、その他のポイントをいくつか回って野鳥観察。
戦場ヶ原は寒いかもしれないと思って、一応冬用の服なども用意したけれど、調度良い陽気だった。ただ天気は変わりやすいので要注意。鈴を鳴らしながら歩いている人もいてちょっとビビった。ほとんどの人が軽いトレッキング装備のような感じだったけれど、全然町っぽい格好のままの人もいた。
遊歩道が整備されていて、気軽に歩けるようになっているけれど、やはり山なので用心した方が良いと思う。
野鳥が目で確認できなくても、歩いているだけでとても楽しい。バスを降りた瞬間から、音環境がぜんぜん違う。
わたしがOLYMPUS OM-D E-M10、kiwi氏がCANON PowerShot SX50 HSを使用。腕の圧倒的差のせいでkiwi氏の写真の方がずっと良いので、最初にそちらを紹介する。ただどちらもトリミングしているものが多い。
鳥の種類は例によっておぼつかないので、間違っていたらゴメンナサイ。

photo-01

コサメビタキ。

photo-02

キレンジャク。

photo-03

キレンジャクが群れでいた。かなり高いところだったのでちょっと厳しかった。

photo-04

キレンジャクの群れ。

photo-05

コサメビタキ。

photo-06

ヨシガモ。なんか高貴な感じがする。

photo-07

コサメビタキ。

photo-08

ノビタキのオス夏羽?

ここから先はわたしのゴミ写真。

P5010005

ばさっと飛び立つコサメビタキ(たぶん)。

P5010009

マガモ。普通の鳥もいた。
ただ、スズメ、ハト、カラスのような町の鳥はいない。カルガモ、ハクセキレイ、ムクドリなどのいつものメンバーも見当たらなかった。

P5010039

キレンジャク。

P5010044

キレンジャクの群れ。

P5010082

アオジ。

P5010088

アオジ。

P5010056

シジュウカラ。
シジュウカラは町にも高原にもいて適応力が高いと思った。

P5010187

コサメビタキかなぁ?

P5010245

ノビタキ!(たぶん)

P5010260

ノビタキ(たぶん)。

P5010272

ヒガラ(たぶん)がばさっと飛び立つ。

OLYMPUS OM-D E-M10はOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIを乗せて使っているけれど、やはり野鳥を狙うにはズーム的に弱い。操作性は良いので、もう少し長いレンズかテレコンが欲しい。二倍ズームボタンがシャッターの脇にあって視認するときには便利なのだけれど、画質が激落ちするので撮影には使えない。

写真ブログ 東京風景写真

埼玉県坂戸市にある浅羽ビオトープに行ってきた。
坂戸駅から1.5kmほど。高麗川の河川敷に散策路が整備されている。
以前は駅からの周回バスが近くを通っていたらしいが、今は廃止されている。歩いても遠くない。
例によって鳥の名前は違ったらゴメンナサイ。

IMG_0002

カルガモとマガモ。

IMG_0009

シジュウカラ。

IMG_0014

シジュウカラ。
平日だったが、大砲を持った鳥おじさんたちをチラホラ見かける。何を狙っているのかな、と思ったら・・。

IMG_0037

ベニマシコ。初めて見た。嬉しい。

IMG_0042

ベニマシコ。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。

IMG_0047

鳥おじさんたちは横の木についている針金が絵的にアカンと言っていたけれど、こっちは初心者なので気にしない。

IMG_0054

何かイネ科植物っぽいものを食べている。

IMG_0065

アトリの仲間っぽくクチバシが太い。

IMG_0072

嬉しいので何枚も載せてしまう。ベニマシコベニマシコ。

IMG_0073

もぐもぐ食べるよベニマシコ。

IMG_0077

まだまだ食べるよベニマシコ。

IMG_0080

デジタルズーム領域に入るとさすがに画質が悪いけれど気にしない。
相変わらずCanon PowerShot SX50HSで鳥を撮っているけれど、最近はさすがに不自由を感じるようになった。
鳥おじさんのように一眼レフに大砲レンズとかデジスコというほど本格的にやる気はないけれど(経済的・機動力的に)、もうちょっとグレードの高いカメラを使っても良い気がする。ミラーレス一眼系で鳥装備があったらいい。
PowerShot SX50HSはとにかく手軽で便利なのだけれど、画質はともかく操作性、ファインダーに難がある。もう、ファインダー全然見えない。

IMG_0087

カワセミがいた!
バシャッと水面に飛び込む瞬間が見られたけど、写真が撮れたのはこの一枚だけ。

IMG_0089

歩いていると、落鳥の残骸があった。一部のパーツしか残っていない。
浅羽ビオトープにはイタチがいるらしいので、やられたのかもしれない。猫かもしれない。死んだ後に食べられた可能性の方が高い気がするけれど。

IMG_0104

エナガ。丸い! かわいい!

IMG_0108

最初シジュウカラかと思って撮っていたらエナガだった。かわいいのう。

IMG_0116

メジロ。

IMG_0121

口を開けたメジロ。

IMG_0124

まだメジロ。

IMG_0133

おお、ガビチョウだ!
何枚も撮ったのにピンボケばかりだったけれど、珍しいので載せる。スズメ目チメドリ科。

IMG_0138

ガビチョウのつがい。
「特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種」とのこと。篭脱けして増えたらしい。
言われてみると侵略者っぽい顔だけど、多分気のせいだと思う。

IMG_0146

ホオジロ。

IMG_0152

ホオジロ。別に珍しい鳥ではないけれど、初心者なので嬉しい。

IMG_0178

高い木のてっぺんにアオサギがいた。

IMG_0186

夕日を浴びるアオサギ。かっこいい。

IMG_0191

愛。

IMG_0194

雲と光線。

IMG_0197

猫。

全体的に非常に有意義だった。
川越方面はいつも運が良い。相性が良いのかしら。
本格鳥ファンからみればどうということはないのだろうけれど、個人的には初めて見た鳥もあってとても良い場所だった。

写真ブログ 東京風景写真