Tagged: ホシハジロ

機材

清澄庭園に行って来た。

photo-01

「変えるなら、奥さんよりも壁の色」。結構有名らしい。

photo-02

オナガガモ。

photo-03

キンクロハジロ、ホシハジロ。鴨類は色々種類がいた。

photo-04

キンクロはいつ見てもユーモラスでイイ。

photo-05

陸で休み色々鴨たち。ヒドリガモもいると思う。

photo-07

ヒヨドリ。小鳥類はそれほど見られなかった。

photo-06

カルガモ。

photo-08

ヒヨドリ。

photo-09

ジョウビタキ。

photo-10

ツグミ。

photo-11

オナガ。

photo-12

ムクドリ。

photo-13

カラス。

カラス、ハト、スズメは言うに及ばず、ヒヨドリ、ムクドリも居て全然嬉しい鳥ではない、というかむしろ居なくていいキャラだけれど、こうして見ると結構可愛い。
珍しい鳥を探すのも良いけれど、毎日身近で見ている鳥を噛み噛み味わって愛でて楽しむのはもっとイイ。

今回も写真はkiwi氏に任せて、自分は双眼鏡だけだった。これは楽でイイ。
それにしても、やっぱりD90で撮ってる写真はずっと良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真

久しぶりにまた東京港野鳥公園に行ってきた。
いきなりどうでもいいけれど、東京港野鳥公園のことを「とうきょう みなとやちょうこうえん」だと思っていた。「とうきょうこう やちょうこうえん」が正しい。
というか普通に考えてそう読むと思う。港区じゃないし。
わたしの信じていることは大体間違っている。
鳥の名前は例によって覚束ないので間違っていたらゴメンナサイ。

IMG_0003

コガモ。

IMG_0019

ホシハジロがバシャバシャー!

IMG_0025

ハシビロガモが背中にブスッてしてる。

IMG_0027

ホシハジロ。

IMG_0048

ネイチャーセンターの脇で、本格装備のお兄さんが「オオタカがいますよ」と教えてくれた。ありがとうございます!
すごく遠くてデジタルズーム限界なのでとても画質は悪いし、背中側で保護色もあってなんだかサッパリ分からない写真。
でも、初めて見られてとても嬉しい。
カラスの集団にいじめられていた。オオタカ頑張れ!

それにしても、オオタカがいるいないとは別に、オオタカがいることに気づく人が本当に凄い。
言われてもなかなかどこにいるのか見つけられないのに、最初に見つける人はどうなっているんだろう。超人だ。
鳥見は、鳥がいるかどうかより、鳥を見つけられる人がいるかいないかが重要だと思う。
わたしたちのような下々の鳥ファンは、鳥大砲おじさんたちがいるところにおこぼれを預かりに行くのが一番確実だ。
大砲おじさん、ありがとう。
探鳥会とかに参加するのも良いと思う。発見率が全然違うらしい。

IMG_0058

カワウがバシャバシャー!

IMG_0064

ダイサギ。かなり遠かった。

IMG_0087

アオサギ。こいつだけは近くで楽に撮れた。
珍しくもないけれど、アオサギは大好きだ。カッコイイ。

IMG_0103

ノスリ。
これもネイチャーセンター脇にいた鳥お兄さん(大砲おじさんたちの中ではかなり若い方だった)が教えてくれた。ありがとうございます!
第四観察小屋の前にいた。
カラスがやって来て「ヤだなー、カラスあっち行かないかなー」という感じで、飛んでいってしまった。


IMG_0116

ツグミ。まだ木の上の方にいる。もう少しすると地面に降りてくると思う。

写真ブログ 東京風景写真