Tagged: ヒヨドリ

機材

清澄庭園に行って来た。

photo-01

「変えるなら、奥さんよりも壁の色」。結構有名らしい。

photo-02

オナガガモ。

photo-03

キンクロハジロ、ホシハジロ。鴨類は色々種類がいた。

photo-04

キンクロはいつ見てもユーモラスでイイ。

photo-05

陸で休み色々鴨たち。ヒドリガモもいると思う。

photo-07

ヒヨドリ。小鳥類はそれほど見られなかった。

photo-06

カルガモ。

photo-08

ヒヨドリ。

photo-09

ジョウビタキ。

photo-10

ツグミ。

photo-11

オナガ。

photo-12

ムクドリ。

photo-13

カラス。

カラス、ハト、スズメは言うに及ばず、ヒヨドリ、ムクドリも居て全然嬉しい鳥ではない、というかむしろ居なくていいキャラだけれど、こうして見ると結構可愛い。
珍しい鳥を探すのも良いけれど、毎日身近で見ている鳥を噛み噛み味わって愛でて楽しむのはもっとイイ。

今回も写真はkiwi氏に任せて、自分は双眼鏡だけだった。これは楽でイイ。
それにしても、やっぱりD90で撮ってる写真はずっと良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真

秋ヶ瀬橋近くと別所沼を散歩。

まず、秋ヶ瀬橋近くの田んぼ付近。地図ではこの辺。


大きな地図で見る

IMG_0001

秋ヶ瀬取水堰の巨大な施設がある。

IMG_0003

太鼓の練習をしている人や、バイクでウィリーとかしてる人がいる。

IMG_0017

鳥全然いない、と思ったら、田んぼにはいないけれど茂みにはいた。

IMG_0030

カシラダカ。

IMG_0035

ホオジロ。

IMG_0048

ヒヨドリが地面に降りている。餌が少ないのだろうか。

IMG_0050

ツグミ。

IMG_0057

ハクセキレイ。

IMG_0060

ツグミ。

IMG_0064

別所沼に移動。一部凍っていた。


大きな地図で見る

氷の上をハクセキレイが走っていた。

IMG_0068

マガモの親子。親子だよね?

IMG_0070

鳩。

IMG_0074

IMG_0082

キンクロハジロ。

IMG_0089

オナガガモ。オスが一羽、メスが三羽だけれど、どういう関係なんだろう。

IMG_0095

オナガガモの番。仲良く食餌していた。

撮影はkiwi氏。鳥の写真は一部トリミング。

写真ブログ 東京風景写真

見沼田んぼ三室地区に行ってきた。
地図でいうとこのあたり。もともと広大な湿地だった見沼の一部で、現在でも芝川のまわりに田んぼが残っている。
北浦和からさいたま市立病院行きのバスが頻繁に出ているので、アクセスは良い。その割に色々野鳥も見られて良い場所だった。
ただ、田んぼの中の細い道を結構車が通っているのでちょっと恐い。事故には気をつけたい。
以下、野鳥の名前は例によって覚束ないので悪しからず。

IMG_0017

モズ。

IMG_0022

モズ。

IMG_0029

ヒバリ。たぶん番い。

IMG_0048

IMG_0055

IMG_0067

ハクセキレイ。

IMG_0076

シルエットだけどツグミ。

IMG_0078

ヒヨドリ。

IMG_0082

お社があった。

IMG_0084

ホオジロ。

IMG_0090

IMG_0097

番いだと思う。右がメス。

IMG_0105

こっちはホオジロのオス。

IMG_0106

ホオジロのオス。

IMG_0118

ホオジロのメス。

IMG_0127

ホオジロのメス。

IMG_0129

芝川。

IMG_0137

アオサギ。

IMG_0140

オオバンとコガモ。

IMG_0144

コガモ。

IMG_0149

またホオジロ。

IMG_0151

ホオジロ。

IMG_0152

三室の風景。

IMG_0155

ジョウビタキ!

IMG_0160

ジョウビタキ。

他にキジ、アカハラがいたけれどわたしは写真に撮れなかった。通りすがりの方によるとカワセミもいるらしい。多分カワラヒワもいたけれど姿は見えなかった。
そばにさいたま市立浦和博物館という古い小規模な博物館があり、トイレを借りることもできる。そのために入ったら、なかなか渋くてイイ感じの施設だった。見沼の歴史などが分かる。
トイレだけならすぐそばに真新しい公園ができているので、素直にそっちを使った方が良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真