Tagged: ヒドリガモ

機材

 見沼自然公園。さぎ山記念公園と隣り合っていてほとんど一つの公園のようになっている。
 浦和などから果てしなくバスに乗って行く。
 多分、バスで来る人はあんまりいない。わたしたちはそのパターンが非常に多い。電車・バスで来る人がほとんどいないところに車ナシで遊びに行くパターン。
 今回も写真はkiwi氏。
 そして野鳥の名前は間違っていたらゴメンナサイ。

photo20160103-01

 オナガガモのオスメスメスと奥にヒドリガモのメス(たぶん)。

 見沼自然公園はすごく良い場所だ!
 我が家からだとそれほど遠くないし、アクセスの不便さ以外は言うことなし。気軽に歩けて野鳥の種類も多い。素晴らしい。

photo20160103-02

 ヒドリガモやんねぇ?

 浦和からバスで30分以上かかったけど、あれは多分乗ったバスが悪かった。大分遠回りしていた。

photo20160103-03

 ヒドリガモやんねぇ?

 kiwi氏によると、前にここから大宮まで歩いたことがあったらしいけど、記憶があいまい。
 なんか以前はとにかく沢山歩かないといけない気がしていて、無理に一緒に歩いたように思う。ごめん。

photo20160103-04

 オオバン。

photo20160103-06

 ヒドリガモやんねぇ?

 ヒドリガモはアメリカヒドリの交雑種みたいのとか微妙なのもいて、いつもよくわからない。いつまでも素人。

photo20160103-05

 ヒドリガモやんねぇ? ヒドリガモじゃないの?

photo20160103-07

 ヒドリガモ。そうそう、こうやってカップルでいてくれると大分助かる。

photo20160103-08

 オオバン。くちばしが白いのがオオバン、赤と黄色なのがバン。いつも忘れる。

photo20160103-09

 メジロ。

 メジロはわたしが幼稚園の時、朝ごはんを食べていたら窓ガラスに激突して失神していたことがあった。
 その後家で飼っていたのだけれど、今思うと違法じゃないかと思う。一羽だけならいいんだっけ。
 Wikipediaを見たら「飼養登録手数料を支払えば、1世帯あたり1羽のみ飼育が許可」だったらしいし、多分そんなもん払ってないと思うから、やっぱりアカンかったんやろな。ごめんなさい。
 今は全面禁止らしい。鳴き合わせとかする人らがいるし。
 今でもメジロは実家の庭によく来るけれど、普通に家の中から観察して楽しんでいる。

photo20160103-10

 シジュウカラ。

photo20160103-11

 カモカモExile。

photo20160103-12

 コガモ! コガモは大体ひとりぼっち。

photo20160103-13

 シメだ!

photo20160103-14

 シメ!

photo20160103-15

 シメ!

photo20160103-16

 シメ!

photo20160103-17

 そしてカワセミ! やった!
 地元っぽい奥さんが写真を撮っていて気付いた。あの人よく見つけたなぁ。
 大砲レンズじゃなくて高倍率デジカメだった。あのくらいのつつましい写真の撮り方をしている人には好感が持てる。
 鳥を見つけるには、鳥おじさん鳥おばさんを観察した方が早い。

photo20160103-18

 カワセミ。

photo20160103-19

 カワセミ。
 こんなに近くで見たのは初めてかもしれない。

photo20160103-20

 オナガガモがちびっ子にエサをもらっている。
 オナガガモはカルガモ、マガモに次いで堕落度が高い。

photo20160103-21

 セグロセキレイ。

 見沼自然公園は野鳥も多いしワンワンの散歩も沢山いるし、大変素晴らしい。
 そして帰りがけに、常連らしい犬軍団の人たちに会った。その中の一人が、バーニーズマウンテンという、バカでかいクマみたいな犬を連れていた。
 バーニーズの人は、犬連れ軍団の中でもなんか権力ある感じがする。体重比で小型犬20匹分くらいあるしな。
 飼い主のおじさんもいかにも仕事が出来そうな押しの強い人で、話しかけたらめっちゃ語ってきた。昔は「セドリック一台分」くらいしたらしい。
 お医者代とかもすごいらしいし(薬の量が体重で決まる)、お金ない人には飼えないわな、確かに。
 大きい犬は好きだけど、あんまりお金持ち趣味な犬は要らないなぁ。無駄にデカイだけの駄犬がいい。

写真ブログ 東京風景写真

清澄庭園に行って来た。

photo-01

「変えるなら、奥さんよりも壁の色」。結構有名らしい。

photo-02

オナガガモ。

photo-03

キンクロハジロ、ホシハジロ。鴨類は色々種類がいた。

photo-04

キンクロはいつ見てもユーモラスでイイ。

photo-05

陸で休み色々鴨たち。ヒドリガモもいると思う。

photo-07

ヒヨドリ。小鳥類はそれほど見られなかった。

photo-06

カルガモ。

photo-08

ヒヨドリ。

photo-09

ジョウビタキ。

photo-10

ツグミ。

photo-11

オナガ。

photo-12

ムクドリ。

photo-13

カラス。

カラス、ハト、スズメは言うに及ばず、ヒヨドリ、ムクドリも居て全然嬉しい鳥ではない、というかむしろ居なくていいキャラだけれど、こうして見ると結構可愛い。
珍しい鳥を探すのも良いけれど、毎日身近で見ている鳥を噛み噛み味わって愛でて楽しむのはもっとイイ。

今回も写真はkiwi氏に任せて、自分は双眼鏡だけだった。これは楽でイイ。
それにしても、やっぱりD90で撮ってる写真はずっと良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真