Tagged: トマソン

機材

川越の伊佐沼に行ってきた。
この前も川越のマルガモを見てきたばかりだけれど、今度は違うポイント。
川越駅からバスに乗ると、伊佐沼まで十分くらいのところまで行ける。

IMG_0226

バス停を降りて目の前の水路を見ると、イソシギがいた。

IMG_0239

幸先良い! イソシギ可愛い。

IMG_0232

かなり距離があるので、デジタルズームで画質が荒い。

IMG_0256

水路沿いの道をまっすぐ歩く。周りは田んぼ。

IMG_0259

カルガモが飛んでいる。

IMG_0261

すごく良いお天気。

IMG_0269

伊佐沼到着。
水面に遊歩道のような通路が設けてある。
フナらしき魚の死体が浮かんでいたりして、水質は思ったほど良くない。

IMG_0276

カルガモ。

IMG_0278

杭の上で丸くなっているカルガモ。
冬は水鳥が集まるのだろうが、この時期だと種類も多くない。

IMG_0286

カイツブリ。

IMG_0288

杭の上にチョコンと乗っているカルガモ。

IMG_0297

カルガモとバンがお喋りしているように見える。

IMG_0303

バンは足が緑色。

IMG_0307

少し南に行くと、伊佐沼公園がある。
しかし大勢の人がバーベキューを楽しんでいて、到底鳥が見られる状況ではない。

IMG_0371

ぶらぶら歩いていて、面白いものを見つけた。
写真中央の配電盤?のような部分に注目。

IMG_0351

アップにすると・・・スズメの巣だ。

IMG_0360

露出補正すると、中に雛がいるのが分かる。

IMG_0363

スズメの赤ちゃん。元気に育っておくれ。

IMG_0378

どこにでもいるムクドリ。怪獣みたいな表情が撮れた。

IMG_0385

ダイサギ。
繁殖期で緑色の顔になっている。

IMG_0408

アンテナの上にオナガが。

IMG_0424

近くの竹やぶにオナガの群れがいた。嬉しい。

IMG_0427

住宅街の中に竹やぶや背の高い木の集まっているところがあると、オナガがいたりする。

IMG_0428

声はギューイギューイとダミ声で、そんなに人気のない鳥だけれど、姿はなかなか美人だと思う。

IMG_0463

田んぼにズボっとやっているカルガモ。

IMG_0438

トマソン発見。

このまま南に歩いて、南古谷から電車で帰った。
イソシギも見られたし、オナガの写真も撮れたし、スズメの雛も発見できて、なかなか充実した一日だった。
伊佐沼そのものより、その周囲の方が鳥環境が良い気がする。
セグロアジサシらしき鳥を見かけたのだけれど、遠すぎてよく確認できなかった。

写真ブログ 東京風景写真

松本から雨の下諏訪へ。
下諏訪には諏訪大社下社秋宮と下社春宮がある。駅から近いのは下社秋宮。

DSC_0272

神楽殿が改修中だった。回りのシートに神楽殿のプリントがしてあっておかしい。

DSC_0280

カキワリみたい。こんなものが見られてむしろラッキーだった。

DSC_0274

諏訪大社下社秋宮。
そばには天覧の白松なる松、さざれ石を称する岩などがあった。「これぞあのさざれ石」というのは、日本中に沢山ある。空海伝承のようなものだ。

DSC_0294

雨の下諏訪を歩いて春宮に向かう。起伏の激しい街だ。

DSC_0297

青い屋根。

DSC_0311

龍の口なる場所で、不動さんが祀られている。矢除石なる岩もある。パワースポットですか。

DSC_0325

諏訪大社下社春宮。

DSC_0328

春宮の神楽殿は普通に見られる。

DSC_0333

雨の中も参拝客が耐えない。
わたしは別の宗教の人なので、お参りはしないただの観光客だ。
結びの杉なる、縁結びスポットのような木もあった。御利益は知らないが、デカイ木は見ていて気持ちいい。デカイなぁ、お前。

DSC_0340

階段のないトマソン。

DSC_0347

諏訪大社下社春宮の少し奥に、万治の石仏という石仏がある。これが下諏訪を訪れた最大の目的。
なんという造形だろうか。
最初に写真を見た時から、ずっと訪れたいと思っていた。
どことなくラピュタっぽい。縄文ライクにも見える。
岡本太郎が絶賛していたということで、石碑も立っている。太郎、さすがに見る目あるな。
というか、実は岡本太郎が造ったと言われても驚かない。

DSC_0348

胴体は元からここにあった岩で、その上に頭を乗せたのだろう。この岩は、諏訪大社下社春宮の鳥居に使うために切りだそうとしたところ、血が流れ出し、恐れをなした石工たちが仕事をやめ、代わりに阿弥陀仏として祀ったという。すると、この胴体部分に刻まれた文様は一介の石工の独創なのだろうか。天才としか思えない。
この頭には「首が伸びる」という逸話がある。伝説ではなく、石材の関係で本当に伸びたらしい。

DSC_0354

横から見た万治の石仏。王蟲っぽい。
ちなみに、石仏のすぐ脇はネギ畑だ。

DSC_0344

万治の石仏の参拝法は、最初に一礼し「よろずおさまりますように」と念じた後、願い事を心で唱えながら回りを三周し、最後に「よろずおさめました」と礼するそうだ。
回りでぐるぐる回ってる人がいて、UFOでも呼んでいるようだった。
異教徒たちは面白いことをする。憎めないヤツらだ。

DSC_0395

下諏訪駅は、自動改札も万治の石仏デザイン。
その他にも万治の石仏グッズが沢山売られていた。
ちなみに、下諏訪の街は温泉街でもあり、街のあちこちに足湯がある。歩き疲れたら足湯で温まると良い。

写真ブログ 東京風景写真

東武野田線七里。大宮から四駅。七里から一度南下してから、次の岩槻駅に向かって歩いた。
いきなり駅前からススキののどかな光景があり、駅から少し歩くと農地が広がっている。多少都心からは遠いが、住環境としては良いところだと思う。

DSC_0015

サッカーボールを持った少年。

DSC_0020

なんか寂しそうな犬。

DSC_0055

骨董品屋さん。

DSC_0114

駅から1キロ程度の距離で、もうこんな景色になっている。向こうの方に埼玉スタジアムが見える。「秋田です」と言われても信じそうな風景。
のどかで良いところだけれど、起伏がなく平坦で、ひたすらまっすぐ道が続いているので、散歩としてはあまり面白くない。武蔵野線沿線の東浦和や東川口などに見られる「ジャンクな広大さ」ではなく、素直に田舎だからだ。
武蔵野線沿線の場合、都市化と工業エリア・農業エリアがせめぎ合っていて、結果としてゴチャゴチャとした見所のある風景になる。薄汚いとも言えるのだけれど、密度が高く空気の圧力がある。
それに対し、野田線沿線のこの辺りは、矛盾なくまっ平らなので、平和だけれど今ひとつ面白くはない。

DSC_0122

トマソンフェンス。

DSC_0131

農作業をする家族。「マイファーム埼玉大宮」と看板があり、家族の雰囲気も農家ではないので、貸し農園のようだ。
浦和美園のエントリの時も書いたけれど、この埼玉スタジアムの唐突さは、実に『第九地区』っぽい。宇宙人来たけどとりあえずブロッコリー作ってます的な何か。

DSC_0137

埼玉スタジアムと田んぼと猫。

DSC_0149

偶然翼を閉じた瞬間が撮れた。不思議な生き物みたい。

散歩コース。

写真ブログ 東京風景写真