Tagged: スズメ

機材

 武蔵丘陵森林公園に行ってきた。

DSCF4037

 と、森林公園駅にいきなりツバメが沢山いる。

DSCF4042

 駅のあちこちにツバメが巣を作っていて、糞が落ちないように下に板が設置されている。

DSCF4045

 さすが森林公園駅。嬉しい心遣いや。

DSCF4044

 ちなみに、森林公園関係の掲示などに使われいているイラストが皆「いらすと屋」さんのものだった。

 駅から武蔵丘陵森林公園までは3kmくらい、バスが走っているのだけれど、5分前に出たばかり。
 「もうタクシーで行こうか」と話していたら、同じくバスを待っていた初老の夫婦が話しかけてくれて、四人でタクシーに乗り合わせて行くことになった。
 こういうのがすごい楽しい。
 あの奥さんには感謝したい。ありがとうございます。

IMG_1961

 武蔵丘陵森林公園。
 連休中の平日だったけれど、お天気が今ひとつだったせいか、それほど混んでいない。
 武蔵丘陵森林公園は北口と南口で5kmくらいとだだっ広く、結構アップダウンがあるので、徒歩だけで回るのはちょっとキツイ。
 園内バスが走っているのでそれを利用することもできる。
 わたしたちは自転車を借りた。

DSCF4073

 ホオジロ。
 野鳥の声は色々聞こえるのだけれど、自転車で走っているとそんなに見られない。

DSCF4075

 というか、かなり木が鬱蒼と茂っているので、そうそう目撃はできない。
 キビタキらしい声がするのだけれど、見ることはできなかった。
 他にもいかにも珍しそうな知らない野鳥の声がするものの、正体が分からない。

DSCF4091

 ガビチョウ。

IMG_1968

 と、色々歩きまわっていてドッグランの近くあたりで雨が降り出し、この小屋で雨宿りしようとしたのだけれど、中に入るとバサバサと羽音がする。
 スズメがいるのだ。

DSCF4054

 中に巣を作っているのならいいのだけれど、雰囲気的に間違って入ってしまって出られないっぽい。

DSCF4056

 ドアを開けて外に逃がすようにしたのだけれど、なかなか出て行ってくれない。

DSCF4060

 窓も開けて誘導しようとするものの、うまくいかない。

IMG_1962

 そうこうするうちに、スズメがこの換気扇の中に入ってしまった。
 このまま換気扇を回したら大変なことになってしまうので、なんとか追いだそうとするものの、微動だにせずに身を潜めている。

IMG_1965

 もう目と鼻の先にいて、目が合っているのだけれど「ここで動いたらやられる!」みたいなモードに入ってしまって、ピクリともしない。
 そっとファンを手で動かしてみると、うまいことファンに当たらないところに入ってはいるものの、ちょっとだけファンがくちばしに触れる。
 それなのに知らんぷりな感じでくちばしをそっと動かして忍者のようになっている。
 結局そのまま諦めて帰ったのだけれど、うまいこと脱出してくれたのだろうか。

写真ブログ 東京風景写真

 2015年年末の上野不忍池。
 久しぶりに行ってみたら、結構楽しかった。
 例によって野鳥の種類はおぼつかないので、間違っていたらゴメンナサイ。
 写真はkiwi氏撮影。

photo20151229-01

 ユリカモメ。
 カモメは世間的なイメージと違って、結構意地汚いというか、行動を見ているとあんまり美しい感じはしない。色が白いからなんとなくイメージが良いけれど、やってることはカラスに似ていると思う。

photo20151229-03

 オナガガモのメス。

photo20151229-02

 ばしゃばしゃー。

photo20151229-04

 さて、エサやり風景。
 不忍池では野鳥のエサやりは禁止されていて、実際、見ている間にも管理の人?が通りかかって「エサやらないでね」とやんわり注意しているのだけれど、実際は結構色んな人がエサをやっている。
 野鳥のエサやりについては色々な意見があって、最近は必ずしも「断固禁止」という訳でもない。
 最近某所で紹介した三上修さんの『身近な鳥の生活図鑑』でもこの問題に触れていて、都市部では禁止されている場所を除いてそれほど神経質にならなくて良いのではないか、というようなことを書かれていた(実際はもう少し細かく分類して扱っている。センシティヴな話題なので慎重な扱い方)。
 自然豊かな地域ならいざしらず、東京のど真ん中で、既に都市に適応した野鳥に対してエサやりを禁止してもあまり意味がない、ということのようだ。むしろ市民が野鳥と触れ合う機会にもなるし、子供がエサをやるくらい多目に見てあげた方が結果的に野鳥の保護にもつながるような気がする。

photo20151229-05

 まぁ、都内のいくつかのスポットでは、それにしたってさすがにやりすぎ、という感じにはなっている。
 不忍池の野鳥も、もう野生の欠片も残っていない。スズメやハトならいざしらず、オナガガモなどもすっかり家畜のようになっている。
 明治神宮でもヤマガラが手にとまったりしている。
 最低限、エサをやるなら陸上で、くらいは守った方がいい。水にエサが入ると水質が汚染されて問題が大きくなるようだ。

photo20151229-06

 それよりも気になるのは、エサやりにはエサやり依存的な人がまま見られることだ。
 特に不忍池などでは、鳥にエサをやることでなんとか精神のバランスを保っているような雰囲気の人たちもいる。そういう気持ちも理解できる。
 人は誰かにエサをやりたくなる生き物なのだ。
 エサをやることで全能感を得るとか自らの価値を確認する、といった安っぽい説明もできるし、まぁそういう面もあるだろう。
 しかし誰かを「世話する」というのは、単に自分が上とか下とかいう話ではなく、自分というものを世界と結びつけるような働きがある。
 子はかすがいと言うけれど、それは単に夫婦の間のかすがいというのではなく、世界と自分との間をとりもつようなところがある。
 世話をしてかすがいになれるのは子供だけではない。
 鳥にエサをやることで、やっと世界にギリギリ触れているような人たちがいる。
 そういう人たちから、無闇にエサやりを取り上げてしまうのもどうかと思う。

 以前、海外の動物愛護団体が、ホームレスから犬を取り上げている映像を見た。
 確かに、この犬の飼育環境は良好とはいえないだろうけれど(なにせ飼い主にも家すらないのだから)、犬をとりあげられた老いたホームレスは涙すら流していたのだ。
 そんなにまでして、小奇麗な「ちゃんとした動物との接し方」を通すことが、安全圏リベラルの傲慢でなくてなんであろう。
 地球環境や動物愛護の前に、わたしたちは地べたを這うようにして、惨めに地に落ちた僅かな愛を糧にして、虫のように生きているのだ。

 わたし個人は野鳥にエサをやらないし、一部の都市エリアを除いて、できることならやらない方が良いことかと思っている。
 でも、エサをやってやっと生きているなら、地球環境も動物愛護も社会のルールも踏みにじって、圧倒的に暴力的にエサをやったらいい。
 わたしたちは、そういう狂った愛で病的に世界と交わっている。エサをやろうがやるまいが、わたしたちはそうやって狂おしくもこの世を駆け抜ける。
 どのみちそんな小奇麗な連中が彼・彼女らを守ってくれるわけではない。
 柵を越え、道を横切ってエサをやればいい。

photo20151229-08

 たぶんセグロカモメ。

photo20151229-07

 変わった柄のドバト。

photo20151229-09

 ゴイサギ。
 コイツを見るといつも「ギュッとなっていてバッジみたい」と思うのだけれど、kiwi氏に言うと「意味がわからない」と言われる。
 バッジみたいだよねぇ。

photo20151229-10

 ハシビロガモ。
 カモの中でもひょうきんで好きな種類の一つ。

photo20151229-11

 たぶんセグロカモメ。

写真ブログ 東京風景写真

久しぶりに石神井公園に行ってきた。前回につづいてOLYMPUS OM-D E-M10とOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIによる撮影。

P3210626

いきなり鳩だけれど、珍しい色だったので撮ってみた。あとでよく見てみると、足輪をしている。「NIPPON」の文字が読み取れるので日本伝書鳩協会の鳩で、黄色いので2010年のものらしい。
もう伝書するのイヤになって石神井公園でパン貰って余生を過ごすことにしたのだろうか。

P3210629

バン。

P3210645

シジュウカラ。
P3210670

シジュウカラ。

P3210684

シジュウカラ。

P3210660

カラスが巣を作っている。

P3210696

ワカケホンセイインコだ。代々木公園ではしょっちゅう見ているけれど、石神井公園のは初めて見た。

P3210715

公園脇の家がバードフィーダーを設置していて、そこに来ているらしい。
この付近はワカケホンセイインコ、シジュウカラなどがやたらいた。

P3210725

度胸のあるスズメがワカケホンセイインコと一緒に餌をつついている。
こういう餌やり台は環境的に微妙な気がしないでもない。まぁ公園でパン投げてるオジサンに比べると内容的に大分マシだとは思うけれど。
ああいうのでハトやカラスが増えて、野鳥が追いやられる。
ワカケホンセイインコも相当凶暴で脅威だと思う。カラスと喧嘩できるレベルな訳で、もう少し増えてくるとカラス並に厄介者になりそうな気がする。

P3210749

ゴイサギだ。

P3210760

ゴイサギが何羽もいる。七羽くらい見えた。この写真の中だけで三羽はいる。

P3210772

別のポイントのゴイサギ。立派だ。嬉しいなぁ。

P3210811

ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)もいた。枝をくわえて動かしたりしていた。何をしているのだろう。

P3210754

ハシビロガモのメス。

P3210764

ハシビロガモのオスが二羽。この後喧嘩していた。

P3210782

ハシビロガモの番。
回転しそうでしない。
P3210781

カワウだと思う。

P3210774

カルガモの交尾を見られた!
首をひゅこひゅこさせて求愛して、終わったらグルーッと回ってバサバサする。

P3210795

コゲラ。

P3210800

キンクロハジロ。

P3210805

チュウサギかな。

OM-D E-M10は慣れてくると非常に使いやすい。操作性も良いし、AFもシャッター後保存時間も早い。
マイクロフォーサーズはシャッター音がカッコ悪い気がしていたのだけれど、OM-D E-M10は独特でなかなか良い。見た目もカッコイイし、購買意欲をそそる良いカメラだと思った。
野鳥狙いとしては、できればもう少しだけ長いレンズを出して欲しい。
デジタルズームボタンは便利だけれど、露骨に画質が下がる。

B00HWRHBY2 OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 ボディ シルバー OM-D E-M10 BODY SLV
オリンパス 2014-02-28

写真ブログ 東京風景写真