Tagged: コガモ

機材

 見沼自然公園。さぎ山記念公園と隣り合っていてほとんど一つの公園のようになっている。
 浦和などから果てしなくバスに乗って行く。
 多分、バスで来る人はあんまりいない。わたしたちはそのパターンが非常に多い。電車・バスで来る人がほとんどいないところに車ナシで遊びに行くパターン。
 今回も写真はkiwi氏。
 そして野鳥の名前は間違っていたらゴメンナサイ。

photo20160103-01

 オナガガモのオスメスメスと奥にヒドリガモのメス(たぶん)。

 見沼自然公園はすごく良い場所だ!
 我が家からだとそれほど遠くないし、アクセスの不便さ以外は言うことなし。気軽に歩けて野鳥の種類も多い。素晴らしい。

photo20160103-02

 ヒドリガモやんねぇ?

 浦和からバスで30分以上かかったけど、あれは多分乗ったバスが悪かった。大分遠回りしていた。

photo20160103-03

 ヒドリガモやんねぇ?

 kiwi氏によると、前にここから大宮まで歩いたことがあったらしいけど、記憶があいまい。
 なんか以前はとにかく沢山歩かないといけない気がしていて、無理に一緒に歩いたように思う。ごめん。

photo20160103-04

 オオバン。

photo20160103-06

 ヒドリガモやんねぇ?

 ヒドリガモはアメリカヒドリの交雑種みたいのとか微妙なのもいて、いつもよくわからない。いつまでも素人。

photo20160103-05

 ヒドリガモやんねぇ? ヒドリガモじゃないの?

photo20160103-07

 ヒドリガモ。そうそう、こうやってカップルでいてくれると大分助かる。

photo20160103-08

 オオバン。くちばしが白いのがオオバン、赤と黄色なのがバン。いつも忘れる。

photo20160103-09

 メジロ。

 メジロはわたしが幼稚園の時、朝ごはんを食べていたら窓ガラスに激突して失神していたことがあった。
 その後家で飼っていたのだけれど、今思うと違法じゃないかと思う。一羽だけならいいんだっけ。
 Wikipediaを見たら「飼養登録手数料を支払えば、1世帯あたり1羽のみ飼育が許可」だったらしいし、多分そんなもん払ってないと思うから、やっぱりアカンかったんやろな。ごめんなさい。
 今は全面禁止らしい。鳴き合わせとかする人らがいるし。
 今でもメジロは実家の庭によく来るけれど、普通に家の中から観察して楽しんでいる。

photo20160103-10

 シジュウカラ。

photo20160103-11

 カモカモExile。

photo20160103-12

 コガモ! コガモは大体ひとりぼっち。

photo20160103-13

 シメだ!

photo20160103-14

 シメ!

photo20160103-15

 シメ!

photo20160103-16

 シメ!

photo20160103-17

 そしてカワセミ! やった!
 地元っぽい奥さんが写真を撮っていて気付いた。あの人よく見つけたなぁ。
 大砲レンズじゃなくて高倍率デジカメだった。あのくらいのつつましい写真の撮り方をしている人には好感が持てる。
 鳥を見つけるには、鳥おじさん鳥おばさんを観察した方が早い。

photo20160103-18

 カワセミ。

photo20160103-19

 カワセミ。
 こんなに近くで見たのは初めてかもしれない。

photo20160103-20

 オナガガモがちびっ子にエサをもらっている。
 オナガガモはカルガモ、マガモに次いで堕落度が高い。

photo20160103-21

 セグロセキレイ。

 見沼自然公園は野鳥も多いしワンワンの散歩も沢山いるし、大変素晴らしい。
 そして帰りがけに、常連らしい犬軍団の人たちに会った。その中の一人が、バーニーズマウンテンという、バカでかいクマみたいな犬を連れていた。
 バーニーズの人は、犬連れ軍団の中でもなんか権力ある感じがする。体重比で小型犬20匹分くらいあるしな。
 飼い主のおじさんもいかにも仕事が出来そうな押しの強い人で、話しかけたらめっちゃ語ってきた。昔は「セドリック一台分」くらいしたらしい。
 お医者代とかもすごいらしいし(薬の量が体重で決まる)、お金ない人には飼えないわな、確かに。
 大きい犬は好きだけど、あんまりお金持ち趣味な犬は要らないなぁ。無駄にデカイだけの駄犬がいい。

写真ブログ 東京風景写真

見沼田んぼ三室地区に行ってきた。
地図でいうとこのあたり。もともと広大な湿地だった見沼の一部で、現在でも芝川のまわりに田んぼが残っている。
北浦和からさいたま市立病院行きのバスが頻繁に出ているので、アクセスは良い。その割に色々野鳥も見られて良い場所だった。
ただ、田んぼの中の細い道を結構車が通っているのでちょっと恐い。事故には気をつけたい。
以下、野鳥の名前は例によって覚束ないので悪しからず。

IMG_0017

モズ。

IMG_0022

モズ。

IMG_0029

ヒバリ。たぶん番い。

IMG_0048

IMG_0055

IMG_0067

ハクセキレイ。

IMG_0076

シルエットだけどツグミ。

IMG_0078

ヒヨドリ。

IMG_0082

お社があった。

IMG_0084

ホオジロ。

IMG_0090

IMG_0097

番いだと思う。右がメス。

IMG_0105

こっちはホオジロのオス。

IMG_0106

ホオジロのオス。

IMG_0118

ホオジロのメス。

IMG_0127

ホオジロのメス。

IMG_0129

芝川。

IMG_0137

アオサギ。

IMG_0140

オオバンとコガモ。

IMG_0144

コガモ。

IMG_0149

またホオジロ。

IMG_0151

ホオジロ。

IMG_0152

三室の風景。

IMG_0155

ジョウビタキ!

IMG_0160

ジョウビタキ。

他にキジ、アカハラがいたけれどわたしは写真に撮れなかった。通りすがりの方によるとカワセミもいるらしい。多分カワラヒワもいたけれど姿は見えなかった。
そばにさいたま市立浦和博物館という古い小規模な博物館があり、トイレを借りることもできる。そのために入ったら、なかなか渋くてイイ感じの施設だった。見沼の歴史などが分かる。
トイレだけならすぐそばに真新しい公園ができているので、素直にそっちを使った方が良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真

久しぶりにまた東京港野鳥公園に行ってきた。
いきなりどうでもいいけれど、東京港野鳥公園のことを「とうきょう みなとやちょうこうえん」だと思っていた。「とうきょうこう やちょうこうえん」が正しい。
というか普通に考えてそう読むと思う。港区じゃないし。
わたしの信じていることは大体間違っている。
鳥の名前は例によって覚束ないので間違っていたらゴメンナサイ。

IMG_0003

コガモ。

IMG_0019

ホシハジロがバシャバシャー!

IMG_0025

ハシビロガモが背中にブスッてしてる。

IMG_0027

ホシハジロ。

IMG_0048

ネイチャーセンターの脇で、本格装備のお兄さんが「オオタカがいますよ」と教えてくれた。ありがとうございます!
すごく遠くてデジタルズーム限界なのでとても画質は悪いし、背中側で保護色もあってなんだかサッパリ分からない写真。
でも、初めて見られてとても嬉しい。
カラスの集団にいじめられていた。オオタカ頑張れ!

それにしても、オオタカがいるいないとは別に、オオタカがいることに気づく人が本当に凄い。
言われてもなかなかどこにいるのか見つけられないのに、最初に見つける人はどうなっているんだろう。超人だ。
鳥見は、鳥がいるかどうかより、鳥を見つけられる人がいるかいないかが重要だと思う。
わたしたちのような下々の鳥ファンは、鳥大砲おじさんたちがいるところにおこぼれを預かりに行くのが一番確実だ。
大砲おじさん、ありがとう。
探鳥会とかに参加するのも良いと思う。発見率が全然違うらしい。

IMG_0058

カワウがバシャバシャー!

IMG_0064

ダイサギ。かなり遠かった。

IMG_0087

アオサギ。こいつだけは近くで楽に撮れた。
珍しくもないけれど、アオサギは大好きだ。カッコイイ。

IMG_0103

ノスリ。
これもネイチャーセンター脇にいた鳥お兄さん(大砲おじさんたちの中ではかなり若い方だった)が教えてくれた。ありがとうございます!
第四観察小屋の前にいた。
カラスがやって来て「ヤだなー、カラスあっち行かないかなー」という感じで、飛んでいってしまった。


IMG_0116

ツグミ。まだ木の上の方にいる。もう少しすると地面に降りてくると思う。

写真ブログ 東京風景写真