Tagged: キンクロハジロ

機材

総武線新検見川駅からスタート。
駅近くにいくつか廃物件があるものの、普通の都会。特段味わいがあるわけでも寂れているわけでもない。


プーさん。

さて、検見川送信所
日本で初めて短波による標準電波を送信した施設。1926年(大正15年)4月1日開局。1979年(昭和54年)9月2日廃止。

検見川送信所を見た後、一旦新検見川駅に戻り、電車で西千葉駅に移動。
そこからぶらぶら歩いて行くと、千葉市中央コミュニティセンター・松波分室というのがあった。


「大木ナカさんから市に遺贈された邸宅」とあり、個人宅だったらしい。凄い立派な庭。

そこから千葉公園まで歩く。


小雨で、桜はまだほとんど咲いていない。


SLが保存されている。NSU5というらしい。

そして陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚。千葉公園は陸軍鉄道連隊の演習場だったらしい。


荒木山。


綿打池。


キンクロハジロがいる。

そして鉄道連隊演習線訓練用トンネル


デカい! 結構見応えがある。

そこから千葉駅近く、栄町の風俗街に潜入。


クラブ・マジョルカ


ソウル物産。建物は古いけれど店は現役らしい。


英国館。風俗店だったらしいけれど、二階以上は現役マンションらしい。


ここも現役店らしい。


猫。


隣にも猫。


三越千葉店。閉店したらしい。でも外から見ると明かりがついている。

おまけ。千葉公園にいたカラス。巣作りのために木の皮をめくっている。

写真ブログ 東京風景写真

 お正月、善福寺公園。
 吉祥寺から歩いて、帰りは西荻窪から戻る。
 写真はkiwi氏。
 野鳥の種類は例によって間違ってたらゴメンナサイ。

photo20160102-01

 右がコサギ、左は多分ダイサギ。
 ダイサギとチュウサギは遠くからだとほんと区別がよくわからない。黄色い線が目の後ろくらいまで伸びてたらダイサギだけど、遠くてよく見えない。

photo20160102-02

 オナガガモ。

 この近くの小学校の前に、「学校に来る野鳥」の写真が掲示してあった。
 その中に「シラサギでーす」みたいな文句があったけれど、シラサギという鳥はいない。白いサギ類がいるだけだ。
 まぁでも、大体そんなざっくりしたもんでいいんじゃないの。
 正式名称にしたって「クロサギの白色型」とか意味がわからん。行き当たりばったり感がすごい。

photo20160102-03

 キンクロハジロなど。

 以前に世田谷区に住んでいた時、この辺まで歩いたことはある。小奇麗なエリアだし、都心からの距離の割に自然は多い。散歩するには良いところだと思う。
 そういえば、神田川を芦花公園から高田馬場まで歩いたり、玉川上水を源流まで遡ったこともある。
 玉川上水がどこから来るのか見てみよう!一人企画の時は、十時間くらい歩いて羽村の多摩川に辿り着いた時は真っ暗だった。

photo20160102-04

 オナガガモーず。

 前に善福寺公園に来た時にバスの転車台があったような気がして、「ここだったかなぁ、違う場所と勘違いしてるかなぁ」と話していたら、珍しく記憶が合っていた。
 この近くに珍しい?バスの転車台があって面白い。

photo20160102-05

 ゴイサギ。

photo20160102-07

 ゴイサギ。

photo20160102-06

 バン。

 前に来た時、バンを見ていたら通りがかった奥さんに「あれなんて鳥?」と聞かれ、「バンです」と言うと、「バン!バン!」と声をかけていた。
 バンは呼びかけに向かない。
 というか呼んでも来ない。
 大体、バンは種類の名前だからソイツの名前じゃない。
 多分、そのバンにも個人の名前があって、それで呼んだら振り向くのだけれど、その名前は鳥と神様しか知らないので人間には呼べない。

photo20160102-08

 マガモ。

 なぜか善福寺池にはマガモがいなくて、ちょっと離れた善福寺川沿いにいた。マガモなんてどこにでもいるような気がしていたけれど、池より川が好きなのだろうか。

写真ブログ 東京風景写真

清澄庭園に行って来た。

photo-01

「変えるなら、奥さんよりも壁の色」。結構有名らしい。

photo-02

オナガガモ。

photo-03

キンクロハジロ、ホシハジロ。鴨類は色々種類がいた。

photo-04

キンクロはいつ見てもユーモラスでイイ。

photo-05

陸で休み色々鴨たち。ヒドリガモもいると思う。

photo-07

ヒヨドリ。小鳥類はそれほど見られなかった。

photo-06

カルガモ。

photo-08

ヒヨドリ。

photo-09

ジョウビタキ。

photo-10

ツグミ。

photo-11

オナガ。

photo-12

ムクドリ。

photo-13

カラス。

カラス、ハト、スズメは言うに及ばず、ヒヨドリ、ムクドリも居て全然嬉しい鳥ではない、というかむしろ居なくていいキャラだけれど、こうして見ると結構可愛い。
珍しい鳥を探すのも良いけれど、毎日身近で見ている鳥を噛み噛み味わって愛でて楽しむのはもっとイイ。

今回も写真はkiwi氏に任せて、自分は双眼鏡だけだった。これは楽でイイ。
それにしても、やっぱりD90で撮ってる写真はずっと良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真