Tagged: カルガモ

機材

清澄庭園に行って来た。

photo-01

「変えるなら、奥さんよりも壁の色」。結構有名らしい。

photo-02

オナガガモ。

photo-03

キンクロハジロ、ホシハジロ。鴨類は色々種類がいた。

photo-04

キンクロはいつ見てもユーモラスでイイ。

photo-05

陸で休み色々鴨たち。ヒドリガモもいると思う。

photo-07

ヒヨドリ。小鳥類はそれほど見られなかった。

photo-06

カルガモ。

photo-08

ヒヨドリ。

photo-09

ジョウビタキ。

photo-10

ツグミ。

photo-11

オナガ。

photo-12

ムクドリ。

photo-13

カラス。

カラス、ハト、スズメは言うに及ばず、ヒヨドリ、ムクドリも居て全然嬉しい鳥ではない、というかむしろ居なくていいキャラだけれど、こうして見ると結構可愛い。
珍しい鳥を探すのも良いけれど、毎日身近で見ている鳥を噛み噛み味わって愛でて楽しむのはもっとイイ。

今回も写真はkiwi氏に任せて、自分は双眼鏡だけだった。これは楽でイイ。
それにしても、やっぱりD90で撮ってる写真はずっと良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真

もう結構前になってしまったけれど、府中と小金井の間くらいにある武蔵野公園。

IMG_0014

この辺りは昔住んでいたことがあるけれど、結構自然豊かで良いところ。

IMG_0017

カルガモ。

IMG_0016

スケボー少年たちがいる。

IMG_0018

IMG_0025

カワラヒワ。冬に東京西部のこの辺に来ると、大体カワラヒワの群れに遭遇する。

IMG_0027

カワラヒワだと思うけれど、武蔵野公園にはマヒワも出るらしい。でも混ざってたら分からない。

IMG_0063

猫。

IMG_0079

ツグミ。

IMG_0073

並んで食餌するカルガモ。

ツグミが水を飲むところを見られた。

写真ブログ 東京風景写真

秋ヶ瀬公園に行ってきた。
秋ヶ瀬公園と言っても広大で、前に行ったのとは別のポイント。「野鳥の森」があるのだけれど、他の場所の方が情報が多かったりもする。
kiwi氏が前にヒレンジャクを見た場所に行ったら、ヒレンジャクはいないけれどフクロウがいた。
kiwi氏のCANON PowerShot SX50 HSによる写真。

photo-01

あまりこういう情報は載せない方が良いのかな、と思ったけれど、秋ヶ瀬公園はかなり広大だし、このフクロウについては探鳥地ガイドなどにもピンポイントで情報があるので、書いても大丈夫かと思う。ローカルの鳥おじさんたちが色々気を使っている。
普通、フクロウは昼間は出てこないのだけれど、雛がいるので昼も見張り的に外に出ている、とのことだった。
多分フクロウの赤ちゃんがいるのだと思う。

その他はあまり目ぼしい野鳥がいなくて、シジュウカラくらいだった。以下はわたしがOLYMPUS OM-D E-M10で撮ったもの。

P5050018

カルガモが一羽だけいて、ガァガァ鳴いていた。パートナーとはぐれてしまったのだろうか。

P5050036

オオヨシキリ。付近の農耕地にかなりオオヨシキリがいるのだけれど、姿が見えることはなかなかない。

P5050048

カワラヒワ。

P5050039

カワラヒワ。

写真ブログ 東京風景写真