Tagged: カラス

機材

久しぶりに石神井公園に行ってきた。前回につづいてOLYMPUS OM-D E-M10とOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIによる撮影。

P3210626

いきなり鳩だけれど、珍しい色だったので撮ってみた。あとでよく見てみると、足輪をしている。「NIPPON」の文字が読み取れるので日本伝書鳩協会の鳩で、黄色いので2010年のものらしい。
もう伝書するのイヤになって石神井公園でパン貰って余生を過ごすことにしたのだろうか。

P3210629

バン。

P3210645

シジュウカラ。
P3210670

シジュウカラ。

P3210684

シジュウカラ。

P3210660

カラスが巣を作っている。

P3210696

ワカケホンセイインコだ。代々木公園ではしょっちゅう見ているけれど、石神井公園のは初めて見た。

P3210715

公園脇の家がバードフィーダーを設置していて、そこに来ているらしい。
この付近はワカケホンセイインコ、シジュウカラなどがやたらいた。

P3210725

度胸のあるスズメがワカケホンセイインコと一緒に餌をつついている。
こういう餌やり台は環境的に微妙な気がしないでもない。まぁ公園でパン投げてるオジサンに比べると内容的に大分マシだとは思うけれど。
ああいうのでハトやカラスが増えて、野鳥が追いやられる。
ワカケホンセイインコも相当凶暴で脅威だと思う。カラスと喧嘩できるレベルな訳で、もう少し増えてくるとカラス並に厄介者になりそうな気がする。

P3210749

ゴイサギだ。

P3210760

ゴイサギが何羽もいる。七羽くらい見えた。この写真の中だけで三羽はいる。

P3210772

別のポイントのゴイサギ。立派だ。嬉しいなぁ。

P3210811

ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)もいた。枝をくわえて動かしたりしていた。何をしているのだろう。

P3210754

ハシビロガモのメス。

P3210764

ハシビロガモのオスが二羽。この後喧嘩していた。

P3210782

ハシビロガモの番。
回転しそうでしない。
P3210781

カワウだと思う。

P3210774

カルガモの交尾を見られた!
首をひゅこひゅこさせて求愛して、終わったらグルーッと回ってバサバサする。

P3210795

コゲラ。

P3210800

キンクロハジロ。

P3210805

チュウサギかな。

OM-D E-M10は慣れてくると非常に使いやすい。操作性も良いし、AFもシャッター後保存時間も早い。
マイクロフォーサーズはシャッター音がカッコ悪い気がしていたのだけれど、OM-D E-M10は独特でなかなか良い。見た目もカッコイイし、購買意欲をそそる良いカメラだと思った。
野鳥狙いとしては、できればもう少しだけ長いレンズを出して欲しい。
デジタルズームボタンは便利だけれど、露骨に画質が下がる。

B00HWRHBY2 OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 ボディ シルバー OM-D E-M10 BODY SLV
オリンパス 2014-02-28

写真ブログ 東京風景写真

埼京線北赤羽から川の南側を迂回して浮間舟渡まで。以前に浮間舟渡から歩いた時の逆コースだけれど、前回よりコンパクトな経路で歩いた。

DSC_0033

柵に囲まれた公園でゲームをする子供たち。

DSC_0041

区立袋小学校。ここの南側が高台になっていて、結構高低差がある。断層だろうか。前回は下側だったので、上に登ってみる。

DSC_0053

もんしろさん。

DSC_0073

なんやワレ。

DSC_0081

何見てんのじゃ。ワシのバイクじゃボケ。

DSC_0099

プーさん参上。

DSC_0122

浮間舟渡付近まで来る。
前回も書いたが、この辺りは空き地や池があるせいか鳥が多い。オナガが大量にいて、ギョーギョー騒いでいた。

DSC_0124

カラスは死ぬと消えると言っていた矢追純一は、きっと動物に興味がないのだろう。気にしなければ目に入らない。気にしていれば目に入る。そういうものが世の中には沢山ある。

写真ブログ 東京風景写真

京浜東北線赤羽駅から、都営三田線志村坂上駅付近を散歩した。

DSC_0018

赤羽駅の西側は団地天国。赤羽台団地というエリアだと思う。新旧さまざまな団地が見られる。団地エリアはやや高台になっていて、雰囲気が良い。

DSC_0235

赤羽台団地の一部なのか、その他なのか分からないが、年季の入ったちょっと怖めの建物。本当に団地なのだろうか。学校のような建物だ。

DSC_0049

桜と飛び立つ鳩。

DSC_0066

赤羽から西に少し歩くと、赤羽自然観察公園という、かなり広い自然公園がある。その一部に北区ふるさと農家体験館というのがあり、古い農家が保存されているのだけれど、地震で被害を受けたそうで、中には入れなかった。
というか、そんな体験施設があることも知らず、別に入ろうとも思っていなかったのに、案内のおっちゃんがわざわざ全部説明してくれた。
この散歩中には、やたら人懐こいおっちゃんに話しかけられた。北区のおっちゃんはフレンドリーで素晴らしい。でも時々エライ足止めをくらって困る。
赤羽自然観察公園は、そのまま西の赤羽スポーツの森公園に連なっていて、ここにはなかなか立派なサッカー場がある。ふるさと農家体験館のおっちゃんが「サッカー場の椅子をよく観察してみると仕掛けがあるよ。なぞなぞだよ」と言っていたのだけれど、何が違うのか分からなかった。違う椅子のことを言っていたのだろうか。まだ謎のままだ。
ここから更に西に行くと、高台が終わって下り坂になっていく。

DSC_0191

見次公園の池。志村坂上駅の少し西にある。小さな池だが、貸しボートがあり、おっちゃんが大勢釣りをしている。ここのおっちゃんもやたら人懐こい。ボートにヤンキーが乗っている。

DSC_0137

空飛ぶ鴨。見次公園の鴨は妙に元気が良い。鴨は大抵川面をスイスイ泳いでいるだけなのに、やたらあっちこっちに飛んでいた。
泳げるし飛べるし歩けるし、鴨はありふれているけれどなかなか凄い鳥だ。キウィとはエライ違いだ。
飛んでいる姿を捉えると、ちょっと戦闘機みたいでカッコイイ。

DSC_0204

見次公園のヤンママ軍団。ヤンキー花見。こういう風景こそリアル東京だし、リアル日本だと思う。六本木なんて爆撃すればいい。

写真ブログ 東京風景写真