Tagged: オオヨシキリ

機材

 ちょっと前になるけれど、東川口駅から東に進み、綾瀬川を渡り県民健康福祉村公園、そこから浦和美園駅に向かう、というコースを歩いた。

IMG_1985

 武蔵野線の東浦和、東川口、南越谷あたりのエリアには何度も来ているけれど、なかなか最果て感があってイイ。
 と言うと住んでる人に怒られそうだけれど、鳥を見に来るには良いところで、かつこういう住宅地と農耕地が入り混じっているようなエリアがとても好きなのだ。
 のどかな田園風景というほど田舎ではなく、都会でもない。
 田んぼがあるけれど、その向こうにすぐ住宅や工場が見えるくらいなのがイイ。

IMG_1987

 鉄塔、工場、田んぼ、なんだかよくわからない草っぱら。
 このクサッパラが素敵。埼玉郊外原風景という感じだ。
 これがほんとの農村地帯とかだと山がちな風景になって、それはそれで別のもっと収まりの良い風景になってしまう。

IMG_1993

 金網と消費者金融のブリキ看板。郊外だなぁ。

IMG_2003

 美しい三叉路。

IMG_2004

 ドラム缶を激写しているおじさん。

IMG_2005

 kiwi氏。傍から見たらかなり怪しい人だ。

IMG_2019

 ポンプで水を組み上げていた。

IMG_2027

 進む埼玉。

IMG_2026

 工業と農業が入り交じる感じ。

IMG_2028

 埼玉県民にはお馴染みのウラチュ~のうららちゃんはドットが荒い。

 県民健康福祉村公園を経由したはずなのに、ほとんど写真を撮っていなかった。
 ランニングコースが一方通行になっていて、歩くときに気を使った。
 二人乗り自転車などでも遊べるし、ジム施設などもあって結構本格的。

IMG_2032

 そして埼玉県のマスコット「コバトン」はシラコバトがモデルだけれど、本物のシラコバトは動物園でしか見たことがない。

IMG_2037

 そして浦和美園駅の近くのこの場所。
 調整池のような場所なのだけれど、天国のような草っぱらが広がっている。地図で言うとここ。かなり広い。

IMG_2038

 カメラをいじっていたら変なモードで写真が撮れた。

IMG_2051

 オオヨシキリが鳴いていた。トリミングなのでかなり画像が荒い。

写真ブログ 東京風景写真

秋ヶ瀬公園に行ってきた。
秋ヶ瀬公園と言っても広大で、前に行ったのとは別のポイント。「野鳥の森」があるのだけれど、他の場所の方が情報が多かったりもする。
kiwi氏が前にヒレンジャクを見た場所に行ったら、ヒレンジャクはいないけれどフクロウがいた。
kiwi氏のCANON PowerShot SX50 HSによる写真。

photo-01

あまりこういう情報は載せない方が良いのかな、と思ったけれど、秋ヶ瀬公園はかなり広大だし、このフクロウについては探鳥地ガイドなどにもピンポイントで情報があるので、書いても大丈夫かと思う。ローカルの鳥おじさんたちが色々気を使っている。
普通、フクロウは昼間は出てこないのだけれど、雛がいるので昼も見張り的に外に出ている、とのことだった。
多分フクロウの赤ちゃんがいるのだと思う。

その他はあまり目ぼしい野鳥がいなくて、シジュウカラくらいだった。以下はわたしがOLYMPUS OM-D E-M10で撮ったもの。

P5050018

カルガモが一羽だけいて、ガァガァ鳴いていた。パートナーとはぐれてしまったのだろうか。

P5050036

オオヨシキリ。付近の農耕地にかなりオオヨシキリがいるのだけれど、姿が見えることはなかなかない。

P5050048

カワラヒワ。

P5050039

カワラヒワ。

写真ブログ 東京風景写真

取手駅周辺を散歩。すぐ近くを利根川が流れていて、河川敷にはグラウンドやゴルフ場が連なっている。

DPP_0005
利根川のヤブにいたオオヨシキリ。

DPP_0006
かなり大声で、特徴的な鳴き方をする。声は聞こえても、ヤブに隠れていてなかなか撮れない。

DPP_0007
商店の庇の枠になってるとこを巣にしてるツバメ。

DSC_0696
まだかなー。

DSC_0706
案外デカイの来たでコレ。

DSC_0714

DSC_0716
オカン「いけるやろコレ」
太郎「んま」
トンボ「Oh…」

取手駅にはやたらとツバメの巣があった。

写真ブログ 東京風景写真