12月, 2013 Archives

機材
スライドショースライドショー

見沼田んぼ三室地区に行ってきた。
地図でいうとこのあたり。もともと広大な湿地だった見沼の一部で、現在でも芝川のまわりに田んぼが残っている。
北浦和からさいたま市立病院行きのバスが頻繁に出ているので、アクセスは良い。その割に色々野鳥も見られて良い場所だった。
ただ、田んぼの中の細い道を結構車が通っているのでちょっと恐い。事故には気をつけたい。
以下、野鳥の名前は例によって覚束ないので悪しからず。

IMG_0017

モズ。

IMG_0022

モズ。

IMG_0029

ヒバリ。たぶん番い。

IMG_0048

IMG_0055

IMG_0067

ハクセキレイ。

IMG_0076

シルエットだけどツグミ。

IMG_0078

ヒヨドリ。

IMG_0082

お社があった。

IMG_0084

ホオジロ。

IMG_0090

IMG_0097

番いだと思う。右がメス。

IMG_0105

こっちはホオジロのオス。

IMG_0106

ホオジロのオス。

IMG_0118

ホオジロのメス。

IMG_0127

ホオジロのメス。

IMG_0129

芝川。

IMG_0137

アオサギ。

IMG_0140

オオバンとコガモ。

IMG_0144

コガモ。

IMG_0149

またホオジロ。

IMG_0151

ホオジロ。

IMG_0152

三室の風景。

IMG_0155

ジョウビタキ!

IMG_0160

ジョウビタキ。

他にキジ、アカハラがいたけれどわたしは写真に撮れなかった。通りすがりの方によるとカワセミもいるらしい。多分カワラヒワもいたけれど姿は見えなかった。
そばにさいたま市立浦和博物館という古い小規模な博物館があり、トイレを借りることもできる。そのために入ったら、なかなか渋くてイイ感じの施設だった。見沼の歴史などが分かる。
トイレだけならすぐそばに真新しい公園ができているので、素直にそっちを使った方が良いと思う。

写真ブログ 東京風景写真

久しぶりにまた東京港野鳥公園に行ってきた。
いきなりどうでもいいけれど、東京港野鳥公園のことを「とうきょう みなとやちょうこうえん」だと思っていた。「とうきょうこう やちょうこうえん」が正しい。
というか普通に考えてそう読むと思う。港区じゃないし。
わたしの信じていることは大体間違っている。
鳥の名前は例によって覚束ないので間違っていたらゴメンナサイ。

IMG_0003

コガモ。

IMG_0019

ホシハジロがバシャバシャー!

IMG_0025

ハシビロガモが背中にブスッてしてる。

IMG_0027

ホシハジロ。

IMG_0048

ネイチャーセンターの脇で、本格装備のお兄さんが「オオタカがいますよ」と教えてくれた。ありがとうございます!
すごく遠くてデジタルズーム限界なのでとても画質は悪いし、背中側で保護色もあってなんだかサッパリ分からない写真。
でも、初めて見られてとても嬉しい。
カラスの集団にいじめられていた。オオタカ頑張れ!

それにしても、オオタカがいるいないとは別に、オオタカがいることに気づく人が本当に凄い。
言われてもなかなかどこにいるのか見つけられないのに、最初に見つける人はどうなっているんだろう。超人だ。
鳥見は、鳥がいるかどうかより、鳥を見つけられる人がいるかいないかが重要だと思う。
わたしたちのような下々の鳥ファンは、鳥大砲おじさんたちがいるところにおこぼれを預かりに行くのが一番確実だ。
大砲おじさん、ありがとう。
探鳥会とかに参加するのも良いと思う。発見率が全然違うらしい。

IMG_0058

カワウがバシャバシャー!

IMG_0064

ダイサギ。かなり遠かった。

IMG_0087

アオサギ。こいつだけは近くで楽に撮れた。
珍しくもないけれど、アオサギは大好きだ。カッコイイ。

IMG_0103

ノスリ。
これもネイチャーセンター脇にいた鳥お兄さん(大砲おじさんたちの中ではかなり若い方だった)が教えてくれた。ありがとうございます!
第四観察小屋の前にいた。
カラスがやって来て「ヤだなー、カラスあっち行かないかなー」という感じで、飛んでいってしまった。


IMG_0116

ツグミ。まだ木の上の方にいる。もう少しすると地面に降りてくると思う。

写真ブログ 東京風景写真