11月, 2012 Archives

機材
スライドショースライドショー

成田空港に行く用事があり、ついでに成田を散歩した。

DSC_0019

扉。

DSC_0029

キンキラ剥がれてる。

DSC_0038

成田のインド。

DSC_0040

成田駅周辺のお店には、なぜか市民の習字が沢山貼られていて、空港近くということなのか、英文の習字まである。
ナマステ。無理にインド臭出さないでいい。

DSC_0047

成田山新勝寺の参道は細いのに結構交通量がある。
ここは規制した方が観光的にも良いと思うのだけれど。

DSC_0048

老舗旅館・大野屋。

DSC_0051

成田山新勝寺。

DSC_0057

見上げるおじいちゃん。

DSC_0059

奉献。

DSC_0064

新勝寺は真言宗のお寺なので、デザインに密教系独特のペタッとした中国っぽさがある。
でも高野山みたいにストイックな感じはなく、江戸っぽい庶民臭する。

DSC_0068

おみくじの自販機。

DSC_0073

ありがたい煙。悪いところにかけると治るらしい。
おっちゃんが「頭悪いから頭にかけろよ」というネタを何度も何度も繰り返して自分で笑っていた。

DSC_0089

リアル犬とニセ犬。

DSC_0091

犬の店番。人間の店主のおっちゃんはブスッとして無愛想だったけれど、犬が良い顔だし、ほんとは優しい人なんだと思う。
人が見てない時にはワンコと遊びまくってるに決まってる。

DSC_0092

成田名画座。
こういう「観光地にあるけど観光地と全然関係ないテーマ館」が時々あるけれど、どういう経緯で作ったのだろう。
たまたま成田に住んでいて、映画が好きな人がやっているのだろうか。それとも、ただ成田に住んでいて、ネタがないので名画座を作ったのだろうか。
単に映画が好きな人が「成田で一旗あげるぞ!」とやって来て開館するとも思えないし、どういうことなんだろう。

写真ブログ 東京風景写真

志木駅から東の方に歩いた。
正直、志木駅近くは面白くなかった。こざっぱりと車の走る道路ばかりがあり、妙に整備されている。古い味のある風景もなく、かといってオシャレなわけもなく。細かい路地を探せば面白い場所もあるのだろうけれど。
ずっと東に抜けて新河岸川に出ると、俄然風景がのどかになって素晴らしい。
今ひとつごちゃごちゃ感がないけれど、これはこれでいい。
新河岸川沿いにしばらく南下し、再び川から離れて北朝霞(朝霞台)まで戻った。
でも写真を見ると、全然川の写真がなかった。

DSC_0005

無愛想な猫。微動だにしなかった。

DSC_0010

なんかモシャモシャしたの。

DSC_0018

夕暮れ。

写真ブログ 東京風景写真

与野駅から東の方をぐるっと回ってさいたま新都心方面へ歩く。

DSC_0003

与野駅前は結構地方臭があってイイ。再開発されていない。

DSC_0022

与野駅から東の方に行くと、用水路のような川がずっと流れているのだけれど、そこにあった看板。
「このへんはこわいぞ」。
これは確かに怖い。でもすぐ横でおっちゃんが釣りをしていた。

DSC_0037

爬虫類ショップがあった。

DSC_0039

トカゲの仲間とカエルばかり沢山いた。
トカゲはよく動くけれど、カエルは全然動かない。

DSC_0040

トリオ。

写真ブログ 東京風景写真