Category: 上野

機材
スライドショースライドショー

 2015年年末の上野不忍池。
 久しぶりに行ってみたら、結構楽しかった。
 例によって野鳥の種類はおぼつかないので、間違っていたらゴメンナサイ。
 写真はkiwi氏撮影。

photo20151229-01

 ユリカモメ。
 カモメは世間的なイメージと違って、結構意地汚いというか、行動を見ているとあんまり美しい感じはしない。色が白いからなんとなくイメージが良いけれど、やってることはカラスに似ていると思う。

photo20151229-03

 オナガガモのメス。

photo20151229-02

 ばしゃばしゃー。

photo20151229-04

 さて、エサやり風景。
 不忍池では野鳥のエサやりは禁止されていて、実際、見ている間にも管理の人?が通りかかって「エサやらないでね」とやんわり注意しているのだけれど、実際は結構色んな人がエサをやっている。
 野鳥のエサやりについては色々な意見があって、最近は必ずしも「断固禁止」という訳でもない。
 最近某所で紹介した三上修さんの『身近な鳥の生活図鑑』でもこの問題に触れていて、都市部では禁止されている場所を除いてそれほど神経質にならなくて良いのではないか、というようなことを書かれていた(実際はもう少し細かく分類して扱っている。センシティヴな話題なので慎重な扱い方)。
 自然豊かな地域ならいざしらず、東京のど真ん中で、既に都市に適応した野鳥に対してエサやりを禁止してもあまり意味がない、ということのようだ。むしろ市民が野鳥と触れ合う機会にもなるし、子供がエサをやるくらい多目に見てあげた方が結果的に野鳥の保護にもつながるような気がする。

photo20151229-05

 まぁ、都内のいくつかのスポットでは、それにしたってさすがにやりすぎ、という感じにはなっている。
 不忍池の野鳥も、もう野生の欠片も残っていない。スズメやハトならいざしらず、オナガガモなどもすっかり家畜のようになっている。
 明治神宮でもヤマガラが手にとまったりしている。
 最低限、エサをやるなら陸上で、くらいは守った方がいい。水にエサが入ると水質が汚染されて問題が大きくなるようだ。

photo20151229-06

 それよりも気になるのは、エサやりにはエサやり依存的な人がまま見られることだ。
 特に不忍池などでは、鳥にエサをやることでなんとか精神のバランスを保っているような雰囲気の人たちもいる。そういう気持ちも理解できる。
 人は誰かにエサをやりたくなる生き物なのだ。
 エサをやることで全能感を得るとか自らの価値を確認する、といった安っぽい説明もできるし、まぁそういう面もあるだろう。
 しかし誰かを「世話する」というのは、単に自分が上とか下とかいう話ではなく、自分というものを世界と結びつけるような働きがある。
 子はかすがいと言うけれど、それは単に夫婦の間のかすがいというのではなく、世界と自分との間をとりもつようなところがある。
 世話をしてかすがいになれるのは子供だけではない。
 鳥にエサをやることで、やっと世界にギリギリ触れているような人たちがいる。
 そういう人たちから、無闇にエサやりを取り上げてしまうのもどうかと思う。

 以前、海外の動物愛護団体が、ホームレスから犬を取り上げている映像を見た。
 確かに、この犬の飼育環境は良好とはいえないだろうけれど(なにせ飼い主にも家すらないのだから)、犬をとりあげられた老いたホームレスは涙すら流していたのだ。
 そんなにまでして、小奇麗な「ちゃんとした動物との接し方」を通すことが、安全圏リベラルの傲慢でなくてなんであろう。
 地球環境や動物愛護の前に、わたしたちは地べたを這うようにして、惨めに地に落ちた僅かな愛を糧にして、虫のように生きているのだ。

 わたし個人は野鳥にエサをやらないし、一部の都市エリアを除いて、できることならやらない方が良いことかと思っている。
 でも、エサをやってやっと生きているなら、地球環境も動物愛護も社会のルールも踏みにじって、圧倒的に暴力的にエサをやったらいい。
 わたしたちは、そういう狂った愛で病的に世界と交わっている。エサをやろうがやるまいが、わたしたちはそうやって狂おしくもこの世を駆け抜ける。
 どのみちそんな小奇麗な連中が彼・彼女らを守ってくれるわけではない。
 柵を越え、道を横切ってエサをやればいい。

photo20151229-08

 たぶんセグロカモメ。

photo20151229-07

 変わった柄のドバト。

photo20151229-09

 ゴイサギ。
 コイツを見るといつも「ギュッとなっていてバッジみたい」と思うのだけれど、kiwi氏に言うと「意味がわからない」と言われる。
 バッジみたいだよねぇ。

photo20151229-10

 ハシビロガモ。
 カモの中でもひょうきんで好きな種類の一つ。

photo20151229-11

 たぶんセグロカモメ。

写真ブログ 東京風景写真

上野動物園に行ってきた。
上野動物園には珍しい外国の鳥もいるけれど、頑張れば野鳥を観察できる日本の鳥も結構いる。頑張らないでも観察できる鳥もいる。
バードハウスは屋内なので、雨が降っていても楽しめる。
例によって鳥の名前は間違っていたらゴメンナサイ。

IMG_0066

アオメキバタン。

IMG_0070

IMG_0078

IMG_0084

オニオオハシ。

IMG_0090

アカショウビン。

IMG_0093

カワセミ。

IMG_0096

アンデスイワドリ。造形がおかしすぎる。

IMG_0102

アシカなのだけれど、その向こうに誰かいる。

IMG_0113

アオサギ。
飼育されているのではなく、単に勝手に飛んできただけ。

IMG_0122

アシカは特に気にしていない。

IMG_0125

アオサギも気にしていない。
ちなみに、コイツとは別に上野動物園ではアオサギも飼育されている。

IMG_0131

ニホンザル。

IMG_0137

ご存知ハシビロコウ。

IMG_0139

相変わらず変な顔だ。

IMG_0143

夕暮れの不忍池から。

IMG_0153

ついでにアメ横を歩く。

IMG_0159

IMG_0169

上野じゃなくて十条だけれど、駅前にあった囲碁の看板。「礼節・機知」。

IMG_0170

「現代を生きる知恵、囲碁」。

オマケで動画。

ルリゴシボタンインコ。ラブラブに見える。

ソリハシセイタカシギ。なんかプルプルしている。
ソシハシシギでもセイタカシギでもないソリハシセイタカシギ。

写真ブログ 東京風景写真

前回の続き。谷中からグルっと回って上野は不忍池に向かう。

DSC_0084

不忍池は野鳥の宝庫。ただ、餌やりのせいで鳥があまりにも人に慣れてしまっているというのはある。野生とか全然残っていない。
上の写真はウミネコ・・だと思うけれど、相変わらず素人なので自信がない。
不忍池に大量にいるカモメだけれど、よく見ると種類が色々いる。カモ類は比較的簡単だけれど、カモメ類の識別は難しい。同じ種類でも年齢によって見た目が変わってくる。

DSC_0085

ヒヨドリ。
皆んな水鳥に注目するけれど、木の上を良く見ると小鳥も沢山いる。
ハクセキレイも撮ったのだけれどNG写真だった。

DSC_0097

ユリカモメ(多分)。

DSC_0098

オナガガモ(多分)。水面をこうやって泳いでプランクトンとか虫とかを食べているらしい。掃除機みたい。

DSC_0100

ズボッとやってる。
鴨の仲間でも、潜って餌を採るのか、水面の餌を採るのか、地上の餌を採るのか、色々違う。潜るヤツ(海ガモ)でも、潜る深さなどは種類によって違うらしい。

DSC_0106

ユリカモメ(多分)。

DSC_0110

野生を忘れているので、こんな風にかなり接近して撮ることもできる。油断しすぎ。

DSC_0111

オナガガモ(雄雌)とウミネコ(多分)。

DSC_0116

ハシビロガモの雄(多分)。
ハシビロガモは見ての通りクチバシが平たく大きく、群れで渦を起こして浮かんでくるプランクトンをさらって食べるらしい。不忍池ではパンが貰えるので回らないでもいい(多分)。

DSC_0122

オナガガモの雌(多分)。地上をトコトコ歩いていた。

DSC_0133

杭の上で佇むユリカモメ(多分)。杭の上は人気で、カモメ類が一本一羽ずつゲットしている。

DSC_0134

これ、クチバシはウミネコっぽいけど耳の後ろはユリカモメっぽい。なんだかよく分からない。多分ユリカモメだと思う。

DSC_0137

キンクロハジロの雄。
キンクロハジロはムスッとして愛想がない顔をしているけれど、ずっと見ているとその愛想のないところが可愛い気がしてくる。

DSC_0139

キンクロハジロの雌。
キンクロは短時間深く潜水するタイプらしい。

DSC_0141

ホシハジロ。
ホシハジロは長時間浅く潜水するタイプらしい。

DSC_0156

ホバリング。

DSC_0176

パンに群がる人々。
餌やりは禁止されているけれど、お構いなしにあげる人が沢山いる。まぁこの場所では無理もないだろう。餌をやりたくなる気持ちも分かる。良くないんだろうけど、鳥が来てくれる場所があるだけ良かったんじゃないのかなぁ。
カモメ類は見た目が白いので綺麗に見えるけれど、本来の食性はスカベンジャーで、態度もカラスっぽい。そんなに可愛いヤツでもないと思う。

DSC_0184

よく見えないけれど、多分ダイサギだと思う。

DSC_0187

オバチャンとガーッ!と会話していた。

DSC_0191

ハシビロガモの雌(多分)。

DSC_0202

スズメ。

不忍池は人が餌をやりすぎて自然保護的な意味ではちょっとアレなのだけれど、野鳥に気軽に超接近できる点では良いと思う。超初心者向け。本当に鳥が好きな人は辟易していると思う。
自分は初心者なので、こういう分かりやすいところで観察することから始めてもいい。
早くしないと水鳥の多くは渡ってしまう。この調子で一年くらいよく観察していたら、最低レベルの識別眼はつくような気がする。

写真ブログ 東京風景写真