Category: 日暮里

機材
スライドショースライドショー

日暮里駅から西の谷中エリア、グルっと回って上野、そこから北上して鶯谷まで散歩。その前半戦。
谷中は谷中銀座が有名だが、谷中霊園を突っ切って行くこのルートも非常に良かった。やや観光地化しているけれど、少し外れれば人が多すぎるというほどでもなく、雰囲気として川越のような感じがある。

DSC_0004

普通の家に変な像がある。腕のポージングがイイ。

DSC_0010

スズメたちと戯れるワンカップのおっちゃん。

DSC_0018

このタヌキも一般家庭にあった。目が虚ろ。

DSC_0046

路地の向こうに巨大なヒマラヤ杉が見える。これが今回の目標点の一つだった。場所はここ

DSC_0051

「みかどパン」という昭和レトロなパン屋さんにあるヒマラヤ杉。三叉路にあるので「みかどパン」らしい。戦前から残っている木だという。実に立派。

DSC_0060

坂道。

DSC_0078

消えかけた文字。

DSC_0080

マルミ自動車。

猫アニメ

角を曲がる猫。

写真ブログ 東京風景写真

日暮里駅周辺、夕暮れどきに歩いた。

DSC_0001

鯉のぼりの棒だけたってた。

DSC_0011

駅の東側は再開発でピッカピカである。

DSC_0018

道に点線で描かれた円。

DSC_0053

なぜか青いトンネル。虫よけか。ふつう白か、橙色だよね。

写真ブログ 東京風景写真

DSC_0002_609

PACHINKO NEW TOKYO。たいへん重々しくてかっこいいファサード。散歩者にとって日暮里といえば、西側の谷中銀座であったり谷中霊園であったり、のどかな風景(つっても近年は観光地化が激しい)であるわけだが、JRのエキナカ(本屋などもある)や、東側のパチンコ屋などがある雑然とした景色とはやたら落差があって、同じ駅の周辺とは思えない。

DSC_0033_610

さらに、日暮里舎人ライナーが開通し、ひぐらしの里と呼ばれる再開発によって高層マンションがニョキニョキと生えてるので、どうにも頭の中でイメージが定まらず、日暮里の地理がいつまでも覚えられずにいる。

写真ブログ 東京風景写真