Category: 川崎大師

機材
スライドショースライドショー

京急大師線の川崎大師。正月にはさぞかし混み合うのであろう。このあたりにはかなり奇妙な空気が漂っており、それはつまり、味の素などの工場群が排出するインダストリアルな空気が広大な空き地を渡って、東京湾からの潮風と合流し、多摩川によって東京から隔てられたこのエリアで、川崎大師という宗教施設に守られたゲニウス・ロキと混じりあい、昭和の臭う商店街と殺伐としたパチンコ店の隣り合う、この寺社建築を模したキッチュなデザインの駅舎を擁する街で、飴切人形が飴を切る音を寂しくコトコトと響かせていたりする。

DSC_0355_848

草地に猫。この面は見えないからほっといていいだろ、と思って建てたら、隣の建物が無くなってしまって人目に晒されている灰色の外壁。

DSC_0333_847

PHOTO STUDIOと青い家。

DSC_0324_846

青い家。

DSC_0309_845

こっちを見ている猫。

DSC_0284_844

川崎大師の境内から仲見世を見る。

DSC_0275_843

川崎大師なので飴を売っています。

DSC_0237_842

「ニューマリーン」てなんか色っぽい店のような名前だが、お好み焼き・もんじゃ焼きって書いてある。

DSC_0008_850

緑の看板、吉野湯。

写真ブログ 東京風景写真