Category: 川越

機材
スライドショースライドショー

川越の伊佐沼に行ってきた。
この前も川越のマルガモを見てきたばかりだけれど、今度は違うポイント。
川越駅からバスに乗ると、伊佐沼まで十分くらいのところまで行ける。

IMG_0226

バス停を降りて目の前の水路を見ると、イソシギがいた。

IMG_0239

幸先良い! イソシギ可愛い。

IMG_0232

かなり距離があるので、デジタルズームで画質が荒い。

IMG_0256

水路沿いの道をまっすぐ歩く。周りは田んぼ。

IMG_0259

カルガモが飛んでいる。

IMG_0261

すごく良いお天気。

IMG_0269

伊佐沼到着。
水面に遊歩道のような通路が設けてある。
フナらしき魚の死体が浮かんでいたりして、水質は思ったほど良くない。

IMG_0276

カルガモ。

IMG_0278

杭の上で丸くなっているカルガモ。
冬は水鳥が集まるのだろうが、この時期だと種類も多くない。

IMG_0286

カイツブリ。

IMG_0288

杭の上にチョコンと乗っているカルガモ。

IMG_0297

カルガモとバンがお喋りしているように見える。

IMG_0303

バンは足が緑色。

IMG_0307

少し南に行くと、伊佐沼公園がある。
しかし大勢の人がバーベキューを楽しんでいて、到底鳥が見られる状況ではない。

IMG_0371

ぶらぶら歩いていて、面白いものを見つけた。
写真中央の配電盤?のような部分に注目。

IMG_0351

アップにすると・・・スズメの巣だ。

IMG_0360

露出補正すると、中に雛がいるのが分かる。

IMG_0363

スズメの赤ちゃん。元気に育っておくれ。

IMG_0378

どこにでもいるムクドリ。怪獣みたいな表情が撮れた。

IMG_0385

ダイサギ。
繁殖期で緑色の顔になっている。

IMG_0408

アンテナの上にオナガが。

IMG_0424

近くの竹やぶにオナガの群れがいた。嬉しい。

IMG_0427

住宅街の中に竹やぶや背の高い木の集まっているところがあると、オナガがいたりする。

IMG_0428

声はギューイギューイとダミ声で、そんなに人気のない鳥だけれど、姿はなかなか美人だと思う。

IMG_0463

田んぼにズボっとやっているカルガモ。

IMG_0438

トマソン発見。

このまま南に歩いて、南古谷から電車で帰った。
イソシギも見られたし、オナガの写真も撮れたし、スズメの雛も発見できて、なかなか充実した一日だった。
伊佐沼そのものより、その周囲の方が鳥環境が良い気がする。
セグロアジサシらしき鳥を見かけたのだけれど、遠すぎてよく確認できなかった。

写真ブログ 東京風景写真

川越は訳あって子供の頃から何度も訪れ、特に喜多院の周りはよく知っているのだけれど、ただ散歩するためだけにやって来たのは初めてだった。

DSC_0046

喜多院境内。

DSC_0058

喜多院前で鳩を追う子供。

DSC_0095

喜多院の五百羅漢。中に入るには入場料が要るので、外からちらっと覗いただけ。建物内の参観と同じチケットで見られる。

DSC_0177

巨大カエル。こういう大きな動物像が川越のあちこちに展示してある。
ヤジマキミオさんという方による、発泡スチロールの立体アートです。

DSC_0133

ピリピリ辛い発狂くん。名物せんべいらしい。「みこもり煎餅」というお店で売っています。

DSC_0157

反り返っているひと。

DSC_0129

出発する猫。

写真ブログ 東京風景写真

埼玉の小江戸こと川越。JR(川越)でも東武線(川越市)でも西武線(本川越)でもアクセスできるという利便の故か、寒い季節にもかかわらずかなりの人出。記憶の中ではこじんまりした観光地だったのだが、久しぶりに訪れてみたら、かなり大きな街、大きな観光地だった。

DSC_0005_817

川越駅前にあったウネウネタワー。水戸芸術館にあるやつに似てる。

DSC_0045_820

不審者(R)。かっこいい。

DSC_0062_822

不審者に狙われる人。危険が危ない。

DSC_0061_821

芋虫っぽい。

DSC_0042_819

鼻っぽい出っ張りがある木。

DSC_0019_818

渦巻いている木。

DSC_0119_831

2階部分のサビのような赤がよいですね。

DSC_0065_829

喜多院のお堀にかかった橋。水はまったく溜まっていない。

DSC_0074_830

喜多院。五百羅漢などがあります。

DSC_0094_823

喜多院の二重塔と、走る人。

DSC_0026_828

住宅街と八幡神社。

DSC_0198_827

パブスナック・エスカル。隣のスナックヒデと調和している。

DSC_0194_826

駐車場に囲まれた、前面がガラスの家で、ピアノとバイオリンを演奏していた。

DSC_0164_825

川越の観光地としての中心街。町家造りの軒がガシガシ出っ張っていて壮観。

DSC_0166_832

うだつが上がっています。フカゼンという看板の両脇、1階部分の屋根の上に張り出しているのが、うだつです。「うだつが上がらない」で有名なアレです。金持ちじゃないと上げられないものらしいです。町家造りの立ち並ぶこの街でも、このお店ぐらいしか上がってなかったです。そもそもは隣家からの延焼を防ぐためのファイヤーウォールであるらしいですが、装飾的な意味も強いとか。

DSC_0114_824

耽美系マンション。

写真ブログ 東京風景写真