Category: 曳舟

機材
スライドショースライドショー

Canon PowerShot G7 Xを買った。
購入にあたって比較したのは、SONY Cyber-shot RX100 IIIPanasonic LUMIX LX100
RX100 IIIはG7Xとほぼ同コンセプトで、誰もが比較すると思う。センサーサイズはどちらも1inch、スペック的にも非常に近い。RX100 IIIにはEVFがあり、AF性能やテレ側の絵作りでは上らしい。一方、G7Xには露出補正の専用ダイヤルがあり、タッチAFが実装されている。求める機能によると思うけれど、個人的には露出補正ダイヤル独立はポイントが高く、この一点だけでG7Xの方が買いだった。ただ、ショップ店頭で液晶のレイテンシなどを見比べてみると、RX100 IIIの方がやや上に感じた。全体的に、RX100 IIIの方が丁寧に作ってある印象はある。
一方LX100は少し毛色が違う。コンデジではあるけれど、センサーサイズは4/3inch、マニュアルダイヤルが数多く付いていて、触った感触で言うと3機種の中では断然コレが一番使いやすく、気持ちがイイ。ただ一点、この三つの中ではデカい。
「一眼レフが重いので軽く気軽に持ち運べるコンデジが欲しい」というのが当初の目的だったので、LX100には一番肝心なこの手軽さの店で不利があった。わたしは、このくらいの中途半端なものを買って結局使わなくなったことがある。ミラーレスもなんか中途半端だ。カメラそのものとしては大変魅力的なのだけれど、自分の性格を考えて、泣く泣く今回は見送った。でもできればコイツと両方欲しい。もう少しだけズーム倍率があれば、本当に言うことなしに欲しいカメラだ。
ちなみに、ハイエンドコンデジでも、単焦点で良いなら、RICOH GRの一択だと思う。本当にGRは素晴らしい。店頭で何度も触って、実に良く出来ていると思った。触っていて幸せになれるカメラだ。ズームが要らないなら全く考える必要もないと思う。

というわけで、スカイツリー周辺のお散歩に早速持って行った。
一駅離れた曳舟駅から歩く。

IMG_0004

IMG_0029

IMG_0019

IMG_0067

IMG_0070

IMG_0072

IMG_0075

このホースは中島由佳さんが好きそう。

IMG_0109

IMG_0111

IMG_0117

IMG_0155

スカイツリーの上からマリオが見えた。

IMG_0148

IMG_0158

IMG_0169

IMG_0174

IMG_0175

IMG_0182

IMG_0190

IMG_0187

とうことで、Canon PowerShot G7 Xの私的レビューというかただの感想。
Canon PowerShot G7 Xを買った理由は、一眼レフが大きくて重いから。
「写真撮るぞ!」という時なら良いけれど、散歩についでに持っていくにはなんか気が重い。
どうせ大したことをやらないのだから、コンデジでいいじゃないか、という気分になった。
とはいえ、ヘボいコンデジは今更買う気にならないので、ハイエンドコンデジの中から選ぶことになった。候補と選択経緯は上述の通り。
今回は撮影モードは「P」で固定。露出補正は0の時と一段マイナスの時とある。
結果として、今回については大満足だった。特にこれで問題なし。絵的には志の低い自分には十分だ。
わたしが唯一良く使う露出補正が独立ダイヤルなのはやはり素晴らしい。ただ、ダイヤルが少し固くて回しにくい。勝手に回ってしまうよりはマシだと思うけれど。
今回はあまり使わなかったけれど、レンズ回りのダイヤルを色々割り当てて回せるのも楽しい。標準ではISOになっているけれど、背面ダイヤルと併せて色々設定できる。役割がコロコロ変わると混乱するので、レンズ回りダイヤルはISO固定で、モードにあわせて背面ダイヤルで露出やらシャッタースピードやら変えたら良いかな、と思ってる。
コンデジにしては少し重い方なのだけれど、全く気にならなかった。まぁ一眼に比べれば全然良い。
片手にストラップ通してブラブラ歩くのが心地よい。
それから、光学ズーム倍率が4.2倍なのだけれど、さらにデジタルズームが約4.0倍、プログレッシブファインズームが8.4倍ある。当然画質が激落ちるのでデジタルズームは使わない方が良いに決まっているのだけれど、これを併用すると相当ズーム倍率がある。遊びで撮る分には結構便利で面白い。画質は犠牲にしてもとりあえず記録写真を撮りたい、という時もある。今回のマリオカートも大分遠かったのにすごく大きくできてびっくりした。

今回感じた問題点は、バッテリの減りが早いこと。
200枚ちょっとしか撮れないらしいので、予備バッテリ必須だ。
タッチAFは面白いけど、自分は勝手にシャッター下りない設定にしてる。AFエリアだけを選ぶ形。
ただ、これでもうっかり触った時に変なところにAFエリアが設定されたりする。中央固定にする方法はないのか?と思ったけれど、今のところ見つけられていない。できないっぽい感じがする。タッチ設定自体を無効にはできるみたい。
それから、転送アプリの設定などでカメラをPCに接続する必要があるのだけれど(しないでもできる?)、その接続用のケーブルは付属していない。家に適当なUSBケーブルがあれば問題ないけれど、一応確認した方が良いかもしれない。SDカードもオマケについてはいない(これは普通)。
初回の転送はNikonのView NXでやってしまったけれど、動画は送れないし、ROWで編集するならCANONのツール類をインストールする必要がある。CDは付属してない。説明書をよく読まないで試行錯誤してしまったけれど、結局説明書通りに設定するのが一番早かった。p229からよく読むと良い。
今はLightroomを買おうかちょっと迷っている。CANONのツールがすごく使いにくかったら買おうかと思っている。もう少し頑張る。
WIFIで送れるのは便利だけれど、電池の減りが早いので少し心配。

全体的には大変気に入ったので、また緩い写真をブラブラ撮っていこうかと思っている。
もうコンデジでいいよコンデジで。

B00NM0W8HS Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X
キヤノン 2014-10-03

写真ブログ 東京風景写真