Category: 東浦和

機材
スライドショースライドショー

東浦和から芝川第一調節池、川口自然公園を経て東川口へ歩いた。
東浦和と東川口の間は前にも何度か歩いたことがあり、オススメのエリアだ。

不法投棄、CO2ベーパーライザー、この世の果て
土下座犬像、菅原整形外科、跳ねてる女の子

IMG_0143

用水路が縦横に流れている。そのため、素直に直線コースで歩けない。渡るポイントを考えないといけない。

IMG_0144

東浦和駅からすぐの地域が、既にかなりのどかな雰囲気になっている。

IMG_0150

都心からもそう遠くない場所なのに、とにかくこの辺は異様にだだっ広い。原っぱばかりだ。

IMG_0163

カルガモがいた。クチバシの開き加減がイイ。

IMG_0167

水をすくってパシャパシャやっている。

IMG_0170

畑で草を食べては、用水路に飛んできて水浴びしている。

IMG_0172

武蔵野線のガード下をくぐる。

IMG_0179

とにかく原っぱで、延々と鉄塔が続き、遠くに清掃工場の煙突が見える。
この埼玉郊外的な雰囲気が実に良い。

IMG_0188

芝川第一調節池。
見沼たんぼの南端あたりで、元々は広大な湿地帯だったのだと思う。今もかなり広大だ。

IMG_0196

分かりにくいけれど、ホオジロがいる。

IMG_0198

ススキの野原が広がっていて、子供の頃を思い出す。素晴らしい場所だ。
目的は野鳥だったけれど、野鳥が見られなくてもとても良い場所だ。
オオヨシキリの声がたくさん聞こえるけれど、姿は見えない。

IMG_0200

これも酷い写真だけれど、アオサギが飛んでいる。
足元に蛇がいることがあるので注意。

IMG_0203

またホオジロだ。

IMG_0203 (2)

トリミングしてみる。画質は酷いけれど、ホオジロの写真を初めて撮ったので嬉しい。

IMG_0208

埼玉県のマスコット「コバトン」。コバトンがなんか怒ってる。

IMG_0245

原っぱを突っ切って、川口自然公園に着く。自然公園と言うけれど、その脇の原っぱの方がずっと自然だ。
ただ、ここは結構野鳥がいて、重装備のバードウォッチャーが集まっていた。
トイレも綺麗で良い公園。

IMG_0222

ハクセキレイ。
ハクセキレイがいるということは「けっこう町」という意味でもある気がする。

IMG_0256

パークアカデミー。フォントとかすれ具合がイイ。

野鳥は思ったほど見られなかったけれど(声はたくさん聞こえる)、「冒険」という感じでとても楽しかった。
季節が良ければ是非行ってみると良いと思う。
郊外育ちの人間にはたまらない空間だと思う。
ちなみに、東浦和駅からすぐの竹やぶでオナガを数羽見たのだけれど、写真には撮れなかった。残念。

写真ブログ 東京風景写真

武蔵野線の東浦和駅。この辺りの武蔵野線は一駅間の距離が長い。つまり、はっきり言って何もない。特に武蔵野線の他に乗り入れている路線のない駅は、まだあまり開発されていない場所が多い。
東浦和も、駅付近と駅の西側はそれなりに宅地化しているが、駅の西側から東北自動車道辺りまでは、広大な農地や空き地になっている。仮にも「浦和」で、東京からも大して離れていないのに、これだけ「この世の果て」感が出ている場所も珍しい。Google Mapsで見ても何もないが、実際何もない。是非訪れてみて欲しい。
おそらくこの辺りは全体に湿地帯だったのではないだろうか。やたら小さな川や用水路が多く、低い土地という感じがする。

DSC_0459

武蔵野線の線路南側。だだっ広い。

DSC_0388

銀色のテープ。

DSC_0396

色とりどりの金属。美しい。

DSC_0489

バイクが捨てられている。こうして捨てられたバイクがちらほら見つかる。

DSC_0486

車も捨てられている。不法投棄も多い。確かに狙われそうな立地だ。

DSC_0414

新興住宅地男子。

DSC_0404

顔が二つ。CO2ベーパーライザー。
ベーパーライザーとは何だろう。蒸気にする機械だろうが、二酸化炭素を蒸気にするとは、どういう意味なのだろう。

DSC_0493

蜜柑が並べられていた。多分爆弾だ。

DSC_0435

去っていく武蔵野線。

写真ブログ 東京風景写真