機材
スライドショースライドショー
Pocket

前回の続き。谷中からグルっと回って上野は不忍池に向かう。

DSC_0084

不忍池は野鳥の宝庫。ただ、餌やりのせいで鳥があまりにも人に慣れてしまっているというのはある。野生とか全然残っていない。
上の写真はウミネコ・・だと思うけれど、相変わらず素人なので自信がない。
不忍池に大量にいるカモメだけれど、よく見ると種類が色々いる。カモ類は比較的簡単だけれど、カモメ類の識別は難しい。同じ種類でも年齢によって見た目が変わってくる。

DSC_0085

ヒヨドリ。
皆んな水鳥に注目するけれど、木の上を良く見ると小鳥も沢山いる。
ハクセキレイも撮ったのだけれどNG写真だった。

DSC_0097

ユリカモメ(多分)。

DSC_0098

オナガガモ(多分)。水面をこうやって泳いでプランクトンとか虫とかを食べているらしい。掃除機みたい。

DSC_0100

ズボッとやってる。
鴨の仲間でも、潜って餌を採るのか、水面の餌を採るのか、地上の餌を採るのか、色々違う。潜るヤツ(海ガモ)でも、潜る深さなどは種類によって違うらしい。

DSC_0106

ユリカモメ(多分)。

DSC_0110

野生を忘れているので、こんな風にかなり接近して撮ることもできる。油断しすぎ。

DSC_0111

オナガガモ(雄雌)とウミネコ(多分)。

DSC_0116

ハシビロガモの雄(多分)。
ハシビロガモは見ての通りクチバシが平たく大きく、群れで渦を起こして浮かんでくるプランクトンをさらって食べるらしい。不忍池ではパンが貰えるので回らないでもいい(多分)。

DSC_0122

オナガガモの雌(多分)。地上をトコトコ歩いていた。

DSC_0133

杭の上で佇むユリカモメ(多分)。杭の上は人気で、カモメ類が一本一羽ずつゲットしている。

DSC_0134

これ、クチバシはウミネコっぽいけど耳の後ろはユリカモメっぽい。なんだかよく分からない。多分ユリカモメだと思う。

DSC_0137

キンクロハジロの雄。
キンクロハジロはムスッとして愛想がない顔をしているけれど、ずっと見ているとその愛想のないところが可愛い気がしてくる。

DSC_0139

キンクロハジロの雌。
キンクロは短時間深く潜水するタイプらしい。

DSC_0141

ホシハジロ。
ホシハジロは長時間浅く潜水するタイプらしい。

DSC_0156

ホバリング。

DSC_0176

パンに群がる人々。
餌やりは禁止されているけれど、お構いなしにあげる人が沢山いる。まぁこの場所では無理もないだろう。餌をやりたくなる気持ちも分かる。良くないんだろうけど、鳥が来てくれる場所があるだけ良かったんじゃないのかなぁ。
カモメ類は見た目が白いので綺麗に見えるけれど、本来の食性はスカベンジャーで、態度もカラスっぽい。そんなに可愛いヤツでもないと思う。

DSC_0184

よく見えないけれど、多分ダイサギだと思う。

DSC_0187

オバチャンとガーッ!と会話していた。

DSC_0191

ハシビロガモの雌(多分)。

DSC_0202

スズメ。

不忍池は人が餌をやりすぎて自然保護的な意味ではちょっとアレなのだけれど、野鳥に気軽に超接近できる点では良いと思う。超初心者向け。本当に鳥が好きな人は辟易していると思う。
自分は初心者なので、こういう分かりやすいところで観察することから始めてもいい。
早くしないと水鳥の多くは渡ってしまう。この調子で一年くらいよく観察していたら、最低レベルの識別眼はつくような気がする。

写真ブログ 東京風景写真