機材
スライドショースライドショー
Pocket

王子から東の方に向かうと、荒川と隅田川に挟まれたエリアがある。二つの川はこの辺りではかなり近くを流れていて、間が中洲のようにも見える。

DSC_0113

首都高速の向こうに工業エリアが見える。
王子は崖線沿いで、駅のそばを石神井川が流れ、飛鳥山公園など緑の多いのどかな雰囲気だが、このエリアは結構インダストリアル。

DSC_0125

「ミツワの文化灯」だろうか。よく読み取れない。古い燃料屋さん。

DSC_0129

クレーンと首都高速。

DSC_0216

この散歩ですごかったのは、隅田川そばの団地にいた大量のムクドリ(ムクドリだと思う。違うかも)。
遠くから見ても見事な編隊飛行で、圧倒的だった。
このそばには広大な空き地があり(多分これから団地を作るのだろう)、そのせいで鳥が多いのかもしれない。
団地の住民には迷惑なのだろうが、あまりに見事で見とれてしまった。
地図で言うとこの辺り

DSC_0256

電線に密集して止まっているが、よく見ると一定の感覚を空けている。鴨川の等間隔カップルみたいだ。
間が詰まったところに新しい鳥が来ると、元々いた鳥が追い出されたりする。追い出された鳥は別の場所に行き、そこにいた鳥が追い出されて、と、玉突き状に移動していることがある。

DSC_0242

あんまり凄いので、巨大GIFアニメにしてみた。

そばで見るとちょっと怖いくらいだが、個人的には獣だらけのエリアは嫌いじゃない。ちょっとくらい虫が多くてもいい。

ここに来る途中、石神井川の下流にバンらしい鳥が一羽だけいて、すごく寂しそうにうんちをしていた。
あまりバンのいる地域でもないので、台風で流されてきたのかもしれない。
もし自分があのバンで、人間がバンだとすると、もう周り中鳥ばっかのところにポツーンと一人だけ人間がいるわけで、物凄く寂しいと思う。うんちくらいしたくなるだろう。
それに比べると、このムクドリ(多分)はどうだ。当人たちも「もう鳥ばっかで最悪や」とか思っていないのだろうか。

DSC_0271

荒川の日暮れ。

写真ブログ 東京風景写真