大王わさび農場、穂高神社

Pocket

安曇野・松本・諏訪湖を旅してきた。
まず安曇野。大糸線の穂高駅で降りて、レンタサイクルを借りる。ガイドブックなどで知られたレンタサイクル屋さんの他に、駅前で客引きをしているところがあって、実際そこが安かったので、つられてしまった。特に問題はなかった。

DSC_0103

駅からすぐ近くに穂高神社がある(穂高神社 信濃国三宮 – 御朱印・ブログ・地図)。川端康成が絶賛したというケヤキの木がある。

DSC_0107

うま。なんか造形が緩い。その前髪今ひとつだよ。

DSC_0115

うさぎ。バトル中なのか。後ろのお姉さんが面白い。

DSC_0116

穂高神社を過ぎて、東を目指す。目標は大王わさび農場。ここが見たくて安曇野まで来た。
駅からは2キロくらいだが、自転車ならすぐだ。
途中の田舎道も面白い。

DSC_0132

田んぼの真中をひたすら真っ直ぐな道が走っている。

DSC_0142

ここが大王わさび農場の農場。
名前の通り広大なわさび農場で、他にも安曇野には沢山わさび農場がある。
ここは観光地としてもちょっと知られているのだけれど、正直、予想とは少し違っていた。
確かにわさび畑の風景自体は珍しく、スケールも凄いのだけれど、ファミリー牧場的にすっかり観光地化している。客層もほぼ一緒。
当たり前ながらわさび畑に降りられるわけではないので、実はそれほど見るところもなかった。

DSC_0144

わさびソフトもある。別に辛くない。
せっかくなので蕎麦を食べたけれど、特別に旨い!というほどではなかった。

DSC_0161

道端の道祖神。
大王わさび農場より、その行き帰りの道の方が面白かった。

DSC_0165

渓流釣りをする人。
水は本当にびっくりするくらい綺麗だ。
道路脇の側溝を流れている水すら、飲めるんじゃないかというくらい透明。

DSC_0170

かっこいい床屋さん跡。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする