機材

 ちょっと前だけれど、埼玉県こども動物自然公園に行ってきた。

IMG_2055

 高坂駅からバスですぐ。
 駅のそばには大学生が沢山いた。高坂駅付近には大東文化大学などの大学がいくつかある。こういうところの大学生活というのはどんなものなんだろう。
 自分は古典的な大学で、大学というより街のような感じだったので、「学校!」という感じの大学生活というのは今ひとつピンと来ない。

IMG_2056

 埼玉県こども動物自然公園に来るのは二回目。
 一回目は雨が降っていた上、来た時間が遅くてあまり楽しめなかった。
 この日は素晴らしく良いお天気でまだ暑くもなく、絶好の行楽日和だった。

IMG_2063

 まずは触れるコーナーに直行する。
 触れるコーナーやエサやりとか搾乳体験などは時間が決まっているので、早めにチェックしないといけない。

IMG_2068

 子どもたちがトイレのブラシみたいなものでヤギをこすっている。

IMG_2081

 園内には野鳥のガビチョウがいた。
 ちなみにここまでがCanon PowerShot G7 Xでわたしの撮影。ここでいきなりバッテリが切れて、以降はkiwi氏のX-Pro2の写真。

DSCF5005

 ふれあいコーナー近くの「家畜系生き物がテキトーにウロウロしてるエリア」にすごいのがいた。

DSCF5010

 七面鳥。何か重要な真理を悟っている顔だ。

DSCF5028

 モリフクロウ。真ん中の3羽は子供だと思う。

DSCF5032

 ニホンリスがジャンプしている。

DSCF5053

 ヤブイヌ! Bush dogだ。
 原始的な犬で、後ろ向きに素早く走ることができる。
 大分以前に新聞で見てからずっと気になっていたけれど、こんなに動いているヤブイヌは初めて見た。

DSCF5056

 前を歩いているのがメス、後ろがオス。のはず。

DSCF5069

 ミーアキャット。すごい見てる。

DSCF5102

 乳搾り体験をしてきた。
 牛はバカでかい生き物でミルクも出してくれてすごく偉大だ。圧倒されてしまう。
 つい崇拝してしまう気持ちもわかる。金の仔牛も作りたくなる訳だ。

DSCF5140

 埼玉県こども動物自然公園の一番山側あたりにあるペンギンコーナーは、ペンギンがその辺を普通に歩いている。
 向こうは全然興味のない感じだけれど、他の動物園では考えられないほど近くで観察できる。
 とにかく埼玉県こども動物自然公園の素晴らしいところはコレ。とても身近に動物が感じられる。

DSCF5146

 園内も広々として環境も良く、動物たちも活き活きしている。人間が散歩するにも、動物が暮らすにもとても心地よい。
 埼玉県下では間違いなくナンバーワン、全国的にも非常にレベルの高い動物園だと思う。

DSCF5161

 夜の生き物コーナーの、シマクサマウス。
 なんかむにょーんと一体化している。
 自他の境界が溶けている。
 こんな風に餅みたいに生きていきたい。

DSCF5172

 シマリス。

DSCF5188

 アルマジロが食事中。
 なんか背中に悲哀が感じられる。
 苦労してそう。

DSCF5210

 ミナミジサイチョウ。コイツは声が素敵だった。

 綺麗だなぁ。

DSCF5227

 そしてサイチョウ。
 ものすごく立派。
 見た瞬間、「おぉぉ・・」と声が出てしまう。
 こんなものを作れる神様は偉大だなぁ、と感じ行ってしまう。

 バサバサ飛ぶ姿が圧倒的。

DSCF5238

 ピライ・ポウンスウッド博士。
 保護活動をしているエライ博士なのだけれど、サイチョウがくちばしをガシッと掴まれてて収まっている。収まりがいい。
 サイチョウ大好きおじさん。
 もう、サイチョウが好きで好きでたまらない。
 サイチョウもおじさんがまあまあ好き。

DSCF5247

 恐竜コーナーがある。
 結構よくできた置物がある。

DSCF5311

 ホンシュウジカ。
 この鹿とカモシカのコーナーは、だだっ広い空間の上を空中歩道のようなルートで歩けるようになっていて、とても気持ちが良い。
 鹿のいる森、いない森を分ける境界があり、そこに「鹿がいるところは下草が全部食べられてしまうので、コントロールが必要」という説明書きがあるのだけれど、見事に植物の様子がパッキリ分かれている。とてもわかりやすい。

DSCF5347

 カンガルー。
 ここも特に柵もなく触れるくらいの場所にテキトーにカンガルーがいる。

DSCF5355

 そしてカピバラ!

DSCF5391

 エサをくれる場所に行きたいのか、みんな無心で柵をガシガシしている。

DSCF5373

 無心な出っ歯やろう。
 でも声はかわいくて、ピュルルルルルとカイツブリのような声で鳴く。

DSCF5424

 カンガルーとコクチョウがメンチを切っている。

DSCF5448

 カンガルーの子供がお母さんの袋の中のおっぱいを飲んでいる。
 袋の中に帰りたいんだろうなぁ。
 カンガルーの知性が発達し言語をもったら、彼らの精神分析は面白いと思う。
 なんかこう、袋の象徴的意味とか、文化的に展開されていきそう。

DSCF5462

 コアラはおっさん。

DSCF5469

 コアリクイはするっとしている。

 埼玉県こども動物自然公園はかなり広いので半日かけて回ることになる。中のアップダウンも結構ある。
 お昼までには入場して、ゆっくりお散歩していくと良いと思う。
 奥の方にある「レストラン」は古典的な動物園の食堂で、中央広場近くにあるクレープ屋さんの方が可愛くてお薦め。

 帰りに高坂駅近くにあるラシカというインド料理屋さんで食べた。
 多分ネパール人のご主人が話し好きで、食べている間ずっと話しかけてきていた。
 高坂駅近くに二つ店を持っていて、最近熊谷にも店を出したらしい。
 エスニック系のレストランにはあちこち行くけれど、このラシカは外見はちょっとボロっちい怪しい喫茶店風だけれど、味のグレードはなかなかだった。
 そして量が多い!
 体育会系の学生さんなどの御用達のお店らしく、「学生さん来なかったら店潰れる」と話していた。

写真ブログ 東京風景写真

 ちょっと前になるけれど、東川口駅から東に進み、綾瀬川を渡り県民健康福祉村公園、そこから浦和美園駅に向かう、というコースを歩いた。

IMG_1985

 武蔵野線の東浦和、東川口、南越谷あたりのエリアには何度も来ているけれど、なかなか最果て感があってイイ。
 と言うと住んでる人に怒られそうだけれど、鳥を見に来るには良いところで、かつこういう住宅地と農耕地が入り混じっているようなエリアがとても好きなのだ。
 のどかな田園風景というほど田舎ではなく、都会でもない。
 田んぼがあるけれど、その向こうにすぐ住宅や工場が見えるくらいなのがイイ。

IMG_1987

 鉄塔、工場、田んぼ、なんだかよくわからない草っぱら。
 このクサッパラが素敵。埼玉郊外原風景という感じだ。
 これがほんとの農村地帯とかだと山がちな風景になって、それはそれで別のもっと収まりの良い風景になってしまう。

IMG_1993

 金網と消費者金融のブリキ看板。郊外だなぁ。

IMG_2003

 美しい三叉路。

IMG_2004

 ドラム缶を激写しているおじさん。

IMG_2005

 kiwi氏。傍から見たらかなり怪しい人だ。

IMG_2019

 ポンプで水を組み上げていた。

IMG_2027

 進む埼玉。

IMG_2026

 工業と農業が入り交じる感じ。

IMG_2028

 埼玉県民にはお馴染みのウラチュ~のうららちゃんはドットが荒い。

 県民健康福祉村公園を経由したはずなのに、ほとんど写真を撮っていなかった。
 ランニングコースが一方通行になっていて、歩くときに気を使った。
 二人乗り自転車などでも遊べるし、ジム施設などもあって結構本格的。

IMG_2032

 そして埼玉県のマスコット「コバトン」はシラコバトがモデルだけれど、本物のシラコバトは動物園でしか見たことがない。

IMG_2037

 そして浦和美園駅の近くのこの場所。
 調整池のような場所なのだけれど、天国のような草っぱらが広がっている。地図で言うとここ。かなり広い。

IMG_2038

 カメラをいじっていたら変なモードで写真が撮れた。

IMG_2051

 オオヨシキリが鳴いていた。トリミングなのでかなり画像が荒い。

写真ブログ 東京風景写真

 武蔵丘陵森林公園に行ってきた。

DSCF4037

 と、森林公園駅にいきなりツバメが沢山いる。

DSCF4042

 駅のあちこちにツバメが巣を作っていて、糞が落ちないように下に板が設置されている。

DSCF4045

 さすが森林公園駅。嬉しい心遣いや。

DSCF4044

 ちなみに、森林公園関係の掲示などに使われいているイラストが皆「いらすと屋」さんのものだった。

 駅から武蔵丘陵森林公園までは3kmくらい、バスが走っているのだけれど、5分前に出たばかり。
 「もうタクシーで行こうか」と話していたら、同じくバスを待っていた初老の夫婦が話しかけてくれて、四人でタクシーに乗り合わせて行くことになった。
 こういうのがすごい楽しい。
 あの奥さんには感謝したい。ありがとうございます。

IMG_1961

 武蔵丘陵森林公園。
 連休中の平日だったけれど、お天気が今ひとつだったせいか、それほど混んでいない。
 武蔵丘陵森林公園は北口と南口で5kmくらいとだだっ広く、結構アップダウンがあるので、徒歩だけで回るのはちょっとキツイ。
 園内バスが走っているのでそれを利用することもできる。
 わたしたちは自転車を借りた。

DSCF4073

 ホオジロ。
 野鳥の声は色々聞こえるのだけれど、自転車で走っているとそんなに見られない。

DSCF4075

 というか、かなり木が鬱蒼と茂っているので、そうそう目撃はできない。
 キビタキらしい声がするのだけれど、見ることはできなかった。
 他にもいかにも珍しそうな知らない野鳥の声がするものの、正体が分からない。

DSCF4091

 ガビチョウ。

IMG_1968

 と、色々歩きまわっていてドッグランの近くあたりで雨が降り出し、この小屋で雨宿りしようとしたのだけれど、中に入るとバサバサと羽音がする。
 スズメがいるのだ。

DSCF4054

 中に巣を作っているのならいいのだけれど、雰囲気的に間違って入ってしまって出られないっぽい。

DSCF4056

 ドアを開けて外に逃がすようにしたのだけれど、なかなか出て行ってくれない。

DSCF4060

 窓も開けて誘導しようとするものの、うまくいかない。

IMG_1962

 そうこうするうちに、スズメがこの換気扇の中に入ってしまった。
 このまま換気扇を回したら大変なことになってしまうので、なんとか追いだそうとするものの、微動だにせずに身を潜めている。

IMG_1965

 もう目と鼻の先にいて、目が合っているのだけれど「ここで動いたらやられる!」みたいなモードに入ってしまって、ピクリともしない。
 そっとファンを手で動かしてみると、うまいことファンに当たらないところに入ってはいるものの、ちょっとだけファンがくちばしに触れる。
 それなのに知らんぷりな感じでくちばしをそっと動かして忍者のようになっている。
 結局そのまま諦めて帰ったのだけれど、うまいこと脱出してくれたのだろうか。

写真ブログ 東京風景写真