機材

小平市都道328号線建設予定地に行ってきた。
この問題を知ったのは國分功一郎さんの『来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』がきっかけ。

滅茶苦茶面白い本なのでぜひ読んで頂きたいけれど、詳しいお話は後で書きます。
道路建設と反対運動などというと、ベタは市民運動系左翼のお話っぽくて辟易するかもしれないけれど、なかなかこの話題は奥が深い。
それはともかく、個人的には道路云々以前に、建設予定の半端に地上げされた空き地などが好きで、物味遊山でやって来た。

まずは新小平駅から出発。西の方に歩いて行くと、小川町という交差点がある。ここまで府中街道が南下してきて、東に曲がり、少し先でまた南に折れる。この鍵型の道路をまっすぐにしたい、というのが小平市都道328号線の問題だ。
この交差点の北側は大型量販店などが並ぶ典型的なロードサイド風景。一方、ここから南は道が細くなり、一転して閑静な住宅街が続く。

img_3037

ここが建設予定地の北端。

img_3034

工事予定の看板が出ている。

img_3039

細いながらも道が続いていて、特に変わったところはない。
ただ、両側は割と大きな家が続いていて、高級住宅街なのだとわかる。
多分、この道の左側を壊して道を拡張するのだろうけれど、残った右側にとっても風景が一変することになる。

img_3040

地上げされたらしい土地があり、フェンスで囲まれている。
個人的には萌える風景だ。

img_3047

根古坂児童公園。

img_3060

次第に両側に空き地がの不気味な風景が現れる。

img_3051

ここも空き地。

img_3061

ここも一区画がバリケードで囲まれている。

img_3069

たかの街道交差点のちょっと西あたりまで南下してくると、小さな公園がある。
この公園がいかにも荒んでいてぎっちりフェンスで囲まれていて、なかなかカッコいい。
地元住民の方にとっては不気味かもしれないけれど、被写体的には萌える。

img_3074

建設反対の看板を出している家がちらほら見受けられる。
ここに住み慣れた人の立場からすれば、それは当然反対するだろう。
予定地北端より北の、いかにもファスト風土な味気ない風景に比べると、予定地は子育てにもぴったりな落ち着いた住宅地だ。
それが根こそぎ破壊されるとなれば、住民としては面白くないのが当然だと思う。

img_3079

細い住宅地らしい路地と猫。

ここから更に南下すると、小平中央公園にぶつかる。
航空写真で見てもらえればわかるけれど、小平中央公園の西側は運動場などの設備、東側は雑木林になっている。
なかなか貴重なエリアだと思うのだけれど、この雑木林部分をまるごと潰して道路にする予定らしい。
道路予定地の外にも遊歩道の備えられた林が続いているのだけれど、真横に馬鹿でかい道路が通れば、ここも趣が一変するだろう。

img_3098

予定地は立入禁止になっている。

img_3092

気持ちのよい散策路。

img_3101

林の向こうにはフェンスがあり、その向こうは道路予定地。

img_3104

「たちいりきんし」の看板が気持ち悪い。

img_3110

小平中央公園の南側で、予定地は玉川上水のぶつかる。ここは橋をかける?らしい。

img_3118

その先も南に向かって予定地は続いてて、ところどころに不自然な地上げ後がある。
ここも駐車場の脇の小さなスペースがまたフェンスで囲まれている。どっちも何も建物がない、ただ舗装されただけの土地なのでへんてこりんに見える。
フェンスの右が駐車場、左は意味のわからない囲まれた土地。

img_3123

かまきりが死んでいた。

img_3121

反対運動の看板。

img_3127

果樹園がある。
こうした都市菜園は非常に重要だのだけれど、ここも潰されてしまうのだろうか。

img_3130

囲まれた土地。

img_3139

上水本町交差点の西側で予定地は終わり、ここから南は既に道路建設が始まっている。

img_3142

建設現場のフェンスの横を歩く。

img_3151

オマケで、恋ヶ窪駅近くの廃店舗? 一番右の焼き鳥店は現役だと思うけれど、落書きが凄い。

と、お散歩してみたのだけれど、上にも書いたけれど、住民の立場であれば反対するのが当然だし、部外者としても、これだけの自然や静かな住環境を破壊する意味はよくわからない。
府中街道の渋滞緩和が目的らしいけれど、この道路建設計画は五十年前くらいのもので、今では状況もまるで違う。北端の交差点は確かに渋滞のネックになりそうだけれど、道路を無理に通すより交差点を広げて改良する方がずっと安く済む。國分さんは右折・左折レーンを整備すればこと足れるのではないか、と書かれていたけれど、素人目には確かにそう見える。
一方で、変に小奇麗な住宅街で、反対してるのもどうせプチブルリベラルなマダムなんだろうと思うと、踏み潰してしまえ!クソが!という卑屈な感情もわからなくはない。こういう僻み根性というのが、以下で触れるシステム的なものに流入して強化している、という、魔術的状況がある。

面白い、と言ったら怒られるのだろうけれど、國分さんも書いている、行政の硬直したシステムというのが、この問題の一番興味深いところだ。
はるか昔に決定された計画を粛々と実行していて、当事者も含めて誰一人得しない状況になっても、誰も止めることができない。
本の中で、反対派の住民が「わたしたちは歳をとりましたが、あなたたちは変わらないですね」という下りがあるのだけれど、これは極めて示唆的で、相手になる行政は数年後とに担当者が変わっていくので、永遠に歳を取らない。言ってみれば、人間たちが束になって、不死の存在と戦う構図になる。
実際に顔を見せる担当者らというのは、単に言われた仕事をやっている公務員であって、特段悪辣な意志を抱えているわけでもなんでもない。ここが非常に重要なのだけれど、実は権力とはそういうものなのだ。「権力の横暴許すまじ!」みたいな文脈で見ると、なんだか物凄いワルな、土地成金みたいなオッサンが、地も涙もなく貧しい人を踏み潰してるような絵が浮かぶけれど、本当の権力というのは、味も素っ気もない、ただの公務員の集合体である。しかも、まったく悪意などない。
正確に言えば、公務員たちは受肉している肉の方で、乗り移る亡霊は目に見えない。
この亡霊というのは、例えばハサン中田考先生のおっしゃる法人の問題などと重なっていて、人ならぬものが人のフリをして、不死のものが増殖している。それこそが邪神、偶像というもので、破壊しなければならないものだ。システムというのはそういうものである。
わたしたちの敵は、邪悪な悪の首領などではなく、真面目で仕事熱心な公務員や会社員たちであり、それに乗り移った亡霊である。この亡霊は、人間的な悪意とか感情で動くものではなく、粛々と増えるがん細胞のように、昆虫的に侵食してくるものだ。数字の上のマネーが、生きて血の通う人々とその環境をなぎ倒していくように。
この亡霊を、「人の作ったものなら人に変えられる筈」というのは、敵の強さを見誤ることで、ことはそんなに簡単ではない。それを「人が作った」などと軽く見ていては、簡単に踏み潰される。わたしたちは常に何者かに創造された被造物にすぎない。
その創造者が真の創造者か、ただの偶像なのか、そこだけが僅かな分割線になっている。

ただの市民運動ということでは、個人的には別段味方をする気はないし、そこに絡んでいる人たちも多分わたしのことが嫌いで、わたしもその人たちのことが嫌いだけれど、ある種の「ジハード」の一貫という意味では、この亡霊は殺さなければならないと思っている。

写真ブログ 東京風景写真

ハノイ、人は基本的にぶらぶらして生きている、オッサン解放の続き。
ハロン湾で一夜を過ごし翌朝。

IMG_2644

ホテルの窓から、洋上に浮かぶものすごいリゾート感のあるホテルが見える。

IMG_2645

周囲はまだ工事中。
「ハノイで一番のお金持ち」がこの辺りの土地を買い占めて、大規模リゾート開発しているらしい。遊園地のようなものも建設中だった。
ビーチはほとんど私有地で、勝手に立ち入ることもできない。

IMG_2647

ホテルにあった、なんかポケモンのウツドンっぽいやつら。

IMG_2653

バイクタクシーのおっちゃんらがたむろしている。
挨拶して写真を撮らせてもらうと「乗らないか?」と営業していたけれど、そう言われれるまで気づかなかったほど大人しい。
しつこい客引きは存在はするけど、ベトナムは全般に大したことがないように感じる。まぁあんまり深いとこ行ってないからなんともだけど。

ホテル近くの工事現場っぽいところで廃墟化した取り壊し施設を眺める。

IMG_2657

IMG_2658

IMG_2660

IMG_2661

IMG_2662

IMG_2664

でもやっぱり立入禁止だったらしく、おっちゃんに睨まれて退散する。ごめんなさい。

そしてさらにぶらぶらと散歩していると、売店の前に犬発見! なんかしょぼんとした顔で可愛い!

IMG_2680

遊ぼうとすると、このしょぼん犬が小さく吠えて、中から犬が更に二匹とお兄さんが出てきた。
犬は全部つながれてないけど、「待て」みたいな動作をしたら止まってくれた。
その一匹がフレンドリーで触らせてくれる。

IMG_2684

IMG_2685

IMG_2687

IMG_2690

IMG_2693

お兄さんもイイ人だった。
ひとしきりふれあいさせてもらって、お礼を言って去る。

ホテルに戻ると、クルーズ船が出られることになった、と聞く。
初日に予定していたハロン湾ないの遊覧船観光が台風で二日目にずれ、二日目も出られるかどうかわからない、ということになっていたのだ。
ラッキーなことに、船が出せるようになったとのこと。
ついにメインイベントのハロン湾観光。

IMG_2703

湾内には似たようなクルーズ船が大量に航行していて、船団のようだ。

IMG_2706

ローカルの働くおじさんの船もある。かっこいい。

IMG_2707

なかなか絶景だ。
石灰岩の土地が沈降して侵食され、こういう形になったという。鍾乳洞もたくさんある。

IMG_2715

IMG_2725

IMG_2729

観光用に解放された鍾乳洞に入る。
日本の観光地と一緒で、「あの岩は猿に見えるでしょ」みたいな取ってつけた説明とか逸話がある。

IMG_2743

でもローカルの船が一番かっこいい。

IMG_2745

見えづらいけど、上の写真の左の方、犬が二匹乗っている。楽しい!

IMG_2749

さて、ここからハノイに帰還。バスで3時間くらいかかる。
やっとお天気の昼間に移動になったので、車窓の風景を楽しむ。

IMG_2761

IMG_2762

牛が歩いている。

IMG_2770

こういう共産党っぽい看板が時々あってすごくカッコいい。

IMG_2774

IMG_2779

台風で道が冠水している。

IMG_2787

IMG_2794

ベトナムの地方と言ったら延々と田んぼだけが続いているイメージがあったのだけれど、田んぼはあるものの、道沿いはかなり家が建っている。
民家や自動車修理工場のような店舗、商店が並んでいて、長距離移動のバスから軒先の風景がよく見える。
日本の地方国道の方がよほど「田んぼばっかり」な風景なので、不思議に思っていたのだけれど、kiwi氏に言われて気がついた。
要するにこれは、「旧国道」と国道が分離されていない風景なのだ。
日本の旧国道はかつての街道から発展したものが多いけれど、今では生活道路になっていて、人はそういう道路の周りに済んでいる。一方、国道は問答無用で田んぼの中を突っ切って行く。
しかしベトナムでは、インフラがそこまで発達していなくて、生活道路もトラックがガンガン走る道路も、これ一つなのだ。
そのため、長距離バスからも人の営みがよく見える。
住んでる人はバスとかトラックとか通りまくってたまらんかもしれない。

IMG_2807

歩きスマホどころかバイクに乗りながらスマホをいじっている人が時々いる。

IMG_2810

IMG_2814

ハノイ市内に戻り、自由時間にぶらつく。旧市街中心部。一番ごちゃごちゃしていて面白い。

IMG_2820

すごくカッコいいおじさん。

IMG_2822

IMG_2829

IMG_2848

ホアンキエム湖の祠に行ってみる。ものすごい人。
このホアンキエム湖は、日本で言えば日本橋のような起点となるポジションで、都市間の距離などはこの湖を基準にいしているらしい。
町の真ん中に小さな池がある感じといい、水上の祠といい、すごく不忍池っぽい。

IMG_2857

IMG_2858

IMG_2869

この後、水上人形劇を見る。

IMG_2878

この水上人形劇、ベトナムの地方に伝わる人形劇を収集してハノイ市内の劇場で観光用に上演しているものなのだけれど、すごく面白かった。
全部ベトナム語だけれど、五分くらいの短いストーリーを次々上演していく形式で、内容もコミカルでわかりやすく、全然退屈しない。
個人旅行だったらスルーしていそうなスポットで、この辺はツアーに参加して正解だった。
どこの国でも伝統と言われているものは意外と近代になって整備されたものが多いもので、この水上人形劇もどこまで古いのか怪しいものだけれど、とりあえず外国人が見ても普通に面白いので値打ちがある。

IMG_2880

それから夕暮れのハノイでバイクの写真を撮る。

IMG_2899

IMG_2905

IMG_2908

IMG_2909

IMG_2932

IMG_2946

あっという間だったけれど、短いベトナム観光が終了。

IMG_2985

いつになくお上品でちゃんとしたところだけを巡った観光旅行だったので、ホテルに戻った後に二人で近所のローカルな世界をぶらつく。
物凄い豪雨の中を歩いていると、この写真のような感じのローカルの食堂のお兄ちゃんが声をかけてくれた。
こういうのが楽しい。
そこでメニューもわからず、英語もまったく通じない中、ちょっとご飯を食べる。
ベトナムドンを使いきってしまってUSDしかなく、値段もテキトーに払う。レートもいい加減なので多少ボッているらだろうけれど、それでも十分安いし、こんなに楽しいので全然構わない。わけのわからない言葉の通じない外人にご飯を出してくれてありがたい。
いわゆる第三世界によくあることで、はたらいているのは皆まだ十代っぽい少年少女だ。一人も英語が通じない。中学英語レベルの数字とか「これなに?」すら通じない。
こういうのが一番楽しいので、今度はまた個人旅行でぶらぶらしようかと思う。
日本基準だと極めて不衛生だけれど、まぁ現地の人が食べてるものは大体食べても死にはしない。
ベトナム語を勉強したくなったけれど、声調のある言語は大変だし、敷居が高いなぁ。

写真ブログ 東京風景写真

ベトナムに行ってきた。というわけで、番外編でベトナム写真集。
今回はハノイとハロン湾のみ、超特急のスケジュール。
結構色々旅をしているけれど、時間がないこともあって生まれて初めてツアーで予約してグループで回ってきた。良いところも悪いところもある。
まず、バスで回れるし物凄い楽。すべて丸投げで考えなくていい。個人旅行でタクシーの運転手と怒鳴り合いながら値段交渉したりしてたのがバカバカしくなるほど楽。
ただ自由はない。わたしは英語も通じずローカルしか来ない食堂とかをふらふらしているのが好きなのだけれど、そういう旅は望めない。
まぁ、名所を一通り押さえるのには良いんじゃないかと思う。
一日だけツアー的なものに参加して後は勝手にする、というのが一番良いとこ取りだと思った。

IMG_2446

まず、ハノイ着。深夜なので空港からホテルまで移動しただけ。
でもバスの中からの眺めだけでテンションが上がり、本当に来て良かったと思った。

IMG_2448

翌日のハノイ。
これもテンションが上がる。
どの家も屋上にお揃いのタンクを乗せているのが面白い。
そして屋上が利用される前提で、大体の建物の屋上にさらに日除けの屋根がついている。

IMG_2454

建物はこういう擬似洋風みたいなスタイルが多い。
仏統治時代の建物かと思ったけれど、そういうものもあれば、新しいけれどなんかメルヘンチックな欧風建築というのもある。多分こういうのがオシャレなんだろう。
湿気が多いので窓の小さい建築はカビが生えそうで心配になるのだけれど、どう対応しているのだろう。

IMG_2458

朝のハノイ。大量のバイクがいる。
個人的に非常に馴染みのあるカイロと比べると、バイクの量は全く違う。アラブ人はあまりバイクに乗らない。
一方、自動車は圧倒的に綺麗だ。カイロなんか、窓がないとか窓がベニヤみたいのが黒煙をあげて走っているけれど、ハノイの自動車は大体それなりに新しくてちゃんとしている(カイロ基準)。
そのせいか、大都会なのに空気も悪くない。台風のせいかもしれないけれど。
やはりこういう雨の多い世界は、色々流されるのも早い。親近感がわく。

IMG_2463

ホーチミン廟。偉大なる指導者を祀っている。
本当は初日にハロン湾、二日目にハノイを回るコースだったのだけれど、台風が来ているため急遽予定が変更になった。
だからこの日はずっと台風の中で観光で、雨が降ったりやんだりだった。
ちなみに、この天気の中強行スケジュールで観光に回るという点は、ツアーが良かった。
個人旅行だったらしょんぼりしてホテルにこもっていたかもしれない。

IMG_2478

ホーチミン廟のすぐそばにある一柱寺。
ガイドのおじさんが「日本はお寺が仏様、神社が神様だけど、ベトナムは逆。お寺が神様、神社が仏様ね」とか言ってたけど、本当かどうか知らない。非常に胡散臭い。

IMG_2480

一柱寺と関係ないけど、ベトナム人は顔も日本人に似ているし農耕民族で泥の民だし、(アラブ人や中国人に比べて)控えめでおとなしく、非常に親しみがわく。
多分、日本もほんのちょっと前までこのくらいの感じだったのだと思う。

IMG_2485

IMG_2490

IMG_2506

この上の写真は文廟。ベトナム最古の大学跡。残念ながら今は使われていない。そういう意味ではカイロのアズハルはすごい。

IMG_2510

遠路はるばる歩いてきて、入学も難関なら進学も難しく、滅多に卒業できなかったらしい。

IMG_2514

仲は裸足で上がる。

IMG_2513

IMG_2516

以上が文廟。

IMG_2522

バイクに二人乗りでポケモンをやっている人がいた。
そんなに数は多くないけれど、ポケモンGOをやっている人はたまにいる。
バイクを運転しながらやって事故る人がいるらしい。

IMG_2537

ハノイ大教会。

IMG_2539

いわゆる第三世界に行くといつも思うのだけれど、道にプラスチックの椅子を出して座っているオッサンが非常に多い。
これは非常に非常に重要なことなのだ!
日本の問題がここに集約されていると言ってもいい。
まず、プライベートな空間とパブリックな空間の間に、ちょっと曖昧な「軒先」くらいのエリアがある。ヤドカリが顔をひょっと出して「こんにちは」する感じに、ここでボーッとしていて通りがかった人に「おー、なにしてんの? 寄ってく?」みたいにできる。こういう空間で、人と人はつながるのだ。
日本の都会ではこの軒先空間がほぼ滅んでしまった。結果、公私の二つしかチャンネルがなくなり、程よく人とつながって適度な安心感を得るのが難しくなっている。もうほんと、世知辛い。わたしはこういう世界で本当に息苦しい。軒先で人がぶらぶらしている世界だと、びっくりするくらい楽になる。
この感じは何かに似ていると思ったけど、部室だ。わたしは一時期、文化系のどうしようもなく非活動な部活動に参加していたことがあったのだけれど、あの頃の部室は基本的にぶらぶらしているところだった。
それから、大学時代から卒業後にかけてぐだぐだしていた、某大学内の自治管理部屋。あそこも実に中途半端に開かれぐらぐだしていた。

もう一点、オッサンがぶらぶらしていること。
オッサンというのは、軒先に椅子を出して上半身ランニングで煙草吸いながら新聞読んでて良いものなのだ。
まぁ本人に聞いたら「いや、ワシだって忙しいんじゃ!」とか言うかもしれないけど、そんなのはどっちでもいい。要は暇そうにボーッとしていて、でも話しかけたらそれなりに相手をしてくれる、そのくらいの感じでぶらぶらしているのが大事なのだ。
人間は基本的にぶらぶらして生きてるんだよ!
日本でもオバハンに関しては、割とぶらぶらしていてもギリ許される感がある。
しかしオッサンがぶらぶらしていると即不審者だ。この人たちが本当に不自由で可哀想なのだ。
多分、オッサンがぶらぶらして半裸で将棋とか指してると、政府転覆の恐ろしい陰謀とかを始めるので、権力が「オッサンはずっと働いてぶらぶらしない」というスタンダードを刷り込んでいるのだ。
オッサン解放こそが革命の道である

IMG_2544

IMG_2552

IMG_2559

IMG_2565

鉄道の線路があった。
鉄道は国の豊かさを表すというか、鉄道インフラの発達している国はちゃんとしてる感がある。
ベトナムの鉄道は長距離鉄道のみで、市内交通としての電車は全然ないらしいけど、一応存在はする。

IMG_2568

ここからタンロン遺跡。

IMG_2572

タンロンとは昇龍のことで、1010年にここに都が築かれたとのこと。
フランス人がボッコボコに壊してしまって、本当に古くからのものはこの門のとこだけらしい。
ベトナム人はベルサイユ宮殿に行ったら落書きくらいしてもいいと思う。

IMG_2575

IMG_2578

この魚のレリーフがすごく可愛いのだけれど、なんかライトっぽいものが思い切り取り付けられている。

IMG_2582

よくわからない木の実。

IMG_2586

IMG_2587

この後ろの門のところにも銃弾の跡が沢山残っている。

そしてまた、道や軒先にいるオッサンとオバハン。

IMG_2592

IMG_2598

IMG_2602

IMG_2603

IMG_2604

ここから移動してバッチャン焼の村。

IMG_2610

村全体が焼き物をやっているところで、観光名所になっている。

IMG_2614

なんかこう、著作権的に危うい人たちがいる。

IMG_2617

この鶏の置物がすごく可愛くて欲しくなったけど、80USDもしたので諦めた。
観光客向けの店で明らかにぼったくっている。
個人旅行ならもっとショボい店に行って交渉していたのに、残念だ。

IMG_2631

ここからハロン湾に向けてバスで移動し、夜にナイトマーケットというところに行った。
しかしまだナイトには早いところで、ほとんどの店が開店前の準備状態。
中国に近い地域で中国製のバッタモンとかが沢山入ってきているらしく、ガイドによると「品質は保証できない」そうだ。またスリなども多いらしく注意が必要らしい。
確かに売り子はしつこかったけれど、わたし個人の感覚だとまだまだ全然安全だと思う。
一緒にいた日本人マダムは辟易していて、むしろこっちの方が文化が違うと思った。もちろん気持ちはわかる。わたしもしつこいやつ、失礼なやつ、図々しいやつは好きではない。でもそれなら「しつこいわ!」とちゃんと喧嘩するとか、そもそも近づかなければ済む話だ。そんなにお上品な世界が好きなら、ヨーロッパとかに行ったらいいんじゃないか。よく知らないけど。
やはり最大の敵はマダム的お上品文化だ。いやわたしもマダームだし、紛れも無く自分の中にもそういう部分はあるんだけど。バランスなんだろうな。

それにしても、今回は単にバカーンス!という感じで何も考えていなかったのだけれど、ベトナムはすごい国だ。
日本は支那にも米国にも負けた。
ベトナムは支那にも米国にも勝っている。
多分あの、道でぶらぶらしてるオッサンオバハンが、いざとなるとめっちゃ喧嘩が強いんだと思う。
もっと喧嘩しないとダメだ。
喧嘩もできないヤツがガタガタ言うな。だぁっとれ。

ハロン湾、水上人形劇、ベトナムの犬につづく。

写真ブログ 東京風景写真